40代から美肌づくり!つるつるお肌を手に入れる3つの方法

[スポンサードリンク]



40代に入ると、30代のころのように、肌トラブルがあってもすぐに回復することが難しくなってきます。
加齢、女性ホルモンの減少、紫外線の影響など、より肌にも衰えを感じやすくなります。

40代以降は、より一層、肌に良い食事や睡眠、ストレスの解消などを考えなくてはなりません。
できれば、健やかな若い肌をキープしたいものですよね。

40代からつるつるの美肌になるための3つのポイントをご紹介します。

40代の人が美肌を目指す上で気をつける3つの方法

肌が綺麗な女性

40代以降に肌のたるみやシワが気になってきた・・・これは、スキンケアを頑張らないといけない!と、高級ラインの化粧水や美容液、パックなどに飛びついていませんか?

確かに、外側からのケアは大切ですが、40代を過ぎたら、外側からのケアだけでは肌を美肌にすること、維持することは難しくなります。

もちろん、外側からのケアも大切ですが、それだけではなく、以下の3つの方法は肌のため、つるつるの美肌を生み出すためには必須事項!美肌生活を意識してみてくださいね。

お肌にいい食事

肌にいい食事とは、バランスの良い食生活を言います。脂分が多いもの、糖質制限をしているからと炭水化物を極端に摂らないなどといった食生活をしていると、肌がカサカサ乾燥する原因となってしまいます。

体に必要である、と感じた栄養は、まず肌よりも命の危険に関係する部分から巡るようになっています。その時に必要な栄養が足りなければ、肌にまで栄養が届かなくなり、肌は栄養不足の飢餓状態になってしまいます。

美肌のための食事というとビタミンを意識して野菜サラダなどの食事をイメージしがちですが、栄養素は単独で摂るのではなくトータルバランスが大切

美肌食の基本は、タンパク質ビタミン類ミネラル類をバランスよく摂ることです。
特に意識して摂りたいのは、肌の潤いを保ち丈夫にするビタミンA、タンパク質で肌の材料を摂ってあげます。保湿・美白・アンチエイジング効果の高いビタミンCも忘れずに。

十分な睡眠

美肌への近道は「食べる」ことよりも「眠る」ことが大切。
眠りはじめの3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになっています。この成長ホルモンが肌のターンオーバーを行っています。

ターンオーバーや、内臓の修復作業には最低でも6時間かかる、といわれています。
つまり、睡眠が6時間以下になると、誰もが肌荒れを起こしやすくなってしまう、ということになります。

特に40代を過ぎると女性ホルモンの減少によって、ターンオーバーのサイクルが遅くなり、睡眠も浅い睡眠になりがちです。できるだけ良質な睡眠を6時間以上は摂るように気を付けたいものですね。

また眠っている間には、肌を含む体全体の修復を体は行っています。
だから睡眠不足になれば、だるくなったり頭痛が起きたりするのです。

ストレスの影響を抑える

ストレスは万病の元と言いますが、肌も例外ではありません。
ストレスは活性酸素を生み出し、肌をくすませたり、酸化させてしまう恐ろしいもの。

現代社会においてストレスを感じずに生活を送ることはとても困難ですが、できるだけストレスを溜めず、また上手なストレスの発散方法を見つけておきましょう。

お肌にいい食事とは?

野菜

肌に良い食事はバランスの整った食事である、とお伝えしましたが、同時に腸内環境を整えることも大切です。
近年、腸内環境を整える腸内フローラが話題となっていますが、肌にも腸内環境はとても深く関係しています。

腸内環境を整える食事

  • 善玉菌を増やす

腸が弱くなると、下痢をしたり逆に便秘をしたりしますよね。便秘は肌にニキビや吹き出物を増やし、下痢は乾燥や肌荒れを引き起こす原因になります。

肌を美しく維持するためには、やはり内臓の調子を整えなければ肌も元気に健康になることができません。

そのためには腸内環境を整える善玉菌を多く含む食事を摂り入れることが大切です。
特に発酵食品は善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用があるので、食事に意識して摂り入れるようにしましょう。

納豆、お味噌、漬物など発酵食品は手軽に食べられるものばかりです。また豆類にはイソフラボンが含まれ、女性ホルモンに似た作用もしてくれますから、美肌のために、摂らなくてはならない食べ物である、と覚えておいてくださいね。

  • 食物繊維をとる

便秘がちな女性は肌荒れを起こしやすい、と言われています。
確かに便秘になると、吹き出物が増えますよね。これは体内に不要な老廃物がたまっている証拠です。

食物繊維を摂ることで、腸内環境も整うのと同時に便秘解消の働きをしてくれます。
繊維の多い野菜(レタスやタマネギ、ゴボウなど)や、ワカメなど海藻類を摂って便秘を改善しましょう。

睡眠はお肌にどんな影響を与えるの?

睡眠

食べ物以上に肌に影響を与えるのが睡眠です。
睡眠不足になれば、体のありとあらゆるところに不調が現れるようになりますよね。肌も同じです。

目の下にクマができたり、くすんだり、ニキビができたり・・・。
睡眠が肌に与える影響は非常に大きいのです。
眠っている間には細胞の修復と新陳代謝の促進がなされています。

  • 細胞の修復

一般的に肌のゴールデンタイムであるPM10時からAM2時は睡眠を摂るべきである、と言われていますが、厳密に言うと時間指定がされているわけではありません

睡眠を摂り始めて3時間以内に成長ホルモンの分泌と副交感神経の働きによって、細胞や内臓などの修復作業が行われます。
修復作業には約6時間かかることはすでにお伝えしましたよね。つまり最低でも6時間以上睡眠を摂っていることが大切であり、逆算すると、大体夜の10時くらいには布団に入っていましょうね、ということになるのです。

現代社会において夜10時に就寝するのは厳しいので、せめて11時、遅くても0時には布団に入り、細胞の修復に努めるようにしてくださいね。

  • 新陳代謝の促進

眠り始めて3時間以内の分泌される成長ホルモンによって肌のターンオーバー(新陳代謝)の促進も行われています。
肌を修復しながら、新しい肌細胞を生み出し、古い肌細胞を排出するよう、働きかけています。

そのため、睡眠不足になると肌にすぐに影響が出てしまうのです。
特に40代を過ぎると、ターンオーバーのサイクルは遅くなります。20代では約28日間で1サイクルとされていますが、40代では約55日で1サイクルになる、と言われています。

倍近い日数をかけないと肌のターンオーバーができない、というわけです。
ターンオーバーを少しでも促進させるためには、良質な睡眠を摂ることは鉄則!ということがわかりますね。

ストレスからお肌を守るには?

ストレスに悩む女性

ストレスは活性酸素を生み出し、肌を酸化させさび付かせてしまいます。
活性酸素から肌を守るためには、ポリフェノールやビタミン、大豆イソフラボンの摂取、そして十分な休養が必要です。

  • ポリフェノールやビタミンの摂取

ポリフェノールはコーヒーワインなどに含まれることで知られ、ほとんどの植物に存在する苦味や色素成分です。近年、そのポリフェノールがコーヒーやチョコレートなどに含まれ抗酸化作用があることで注目を集めています。同じようにビタミンCやビタミンEにも高い抗酸化作用があることで知られています。

ポリフェノール、ビタミンC,ビタミンEは水溶性のため、比較的短時間で作用するものの、体外に排出されやすいため、毎日こまめに摂ることが大切です。

  • 十分な休養と大豆イソフラボンの摂取

次に活性酸素を生み出さないためには、十分な休養を摂ることです。睡眠の大切さについても触れましたが、ストレスを溜めないようにするためには、心身を休めること。少しでも疲れを感じたり、ストレスを感じた時には、十分に休養することが大切です。

また、肌を美しく維持し、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂ることで、肌のツヤ、ハリを維持することも期待できます。

お豆腐や納豆、お味噌汁など意識して大豆イソフラボンを摂り入れましょう。

まとめ

40代を過ぎると、心身の疲れは、モロに肌に現れるようになります。
「ちょっと疲れたかな」「少し睡眠不足かな」「ストレスがたまってきた・・・」という時には、我慢せず、休養するようにしましょう。

バランスの良い食事を摂ること、良質な睡眠を摂ること、ストレスから生み出される活性酸素対策は美肌だけではなく、体をも健康に導く秘訣です。

40代以降は、肌だけではなく体をもケアする内側からのケアも意識して美肌を手に入れましょう!

[スポンサードリンク]