辛い便秘が肌荒れの原因?今すぐできる改善方法

[スポンサードリンク]



化粧ノリの悪さやニキビなどの肌荒れのトラブルを抱えた女性は多いのではないでしょうか。

どんなに表面のスキンケアに力を入れても便秘の状態では効果が薄れてしまいます。
便秘は美肌の大敵!と言われますが、まさにその通りなのです。便秘になると顔や身体が浮腫んだり、ニキビやくすみのトラブルに繋がります。

肌荒れに繋がる便秘とはどのような状態なのか、またなぜ肌荒れに関係するのか、原因と対策についてご紹介します。

そもそも便秘とは?

便秘に悩む女性

女性の2人に1人は便秘と言われているほど、女性にとって身近なトラブルです。
慢性的な便秘に長年悩まされている方や、急な便秘に戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そもそも排便の回数は個人差が大きいもので、
日本内科学会の定義では『3日以上排便がない場合、または毎日排便があっても残便感がある場合』とされていて明確に日数や回数が決められている訳ではありません。

一般的に便秘と言うと、自然な排便のメカニズムが乱れて便が長時間腸内にとどまり不快に感じる状態のことを指します。

■便秘の種類と原因
便秘には大きく分けて慢性便秘急性便秘があります。

「慢性便秘」とは、食事や運動などの生活環境などの様々な要因が積み重なり、長期に渡り排便がスムーズに行われません。適度な運動や水分を多く取ったり、食物繊維やビフィズス菌の摂取などがおすすめです。

「急性便秘」とは、普段の排便はスムーズだけど旅行や新生活などの変化により一時的に便秘になることを指します。

変化への慣れやストレスがなくなれば、解消される事が多いのですが、それが引き金となって慢性的な便秘に悩まされることもあるので注意が必要です!

便秘で肌が荒れる原因

鏡で肌を見る女性

では、なぜ便秘によって肌荒れに繋がるのでしょうか。
3日や4日出なくても便秘に困っていないと言う方がいますが、夏場に生ゴミを3日間置いといたらどうなると思いますか?発酵や腐敗が進んでいきますよね。

それと同じ事が腸内で起こっているのです…

溜まった便が悪玉菌を増殖させる

腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスは、善玉菌が多い方が良いとされています。
悪玉菌の大好物は肉や油などが完全に消化されずにとどまっているカスです。便秘になっている時間が長い程、どんどん悪玉菌は増殖していきます

便秘の原因の大半が悪玉菌の影響と考えられてます。
増えていった悪玉菌からは、フェノール類という化学物質が作られます。

この物質が体内に吸収され、蓄積されていくことで、くすみなどの原因になります。
そして腸内に滞在している便や悪玉菌からは、腐敗ガスなどの有害物質も放出させているのです。

有害物質が肌のターンオーバーを乱す

体としては腐敗ガスや有害物質を排出したいのですが、便秘だと便として外に出すことが出来ません。人の体には本来、有害物質を溜め込まないように肌から追い出そうとするメカニズムがあります。

そこで、血液の循環に乗せて全身へ運ばせて汗や皮脂として排出させます。その役目をしているのが皮膚細胞です。

肌には本来、肌の汚れを新陳代謝によって排出するという役目があります。有害物質の排出という余分な負荷がかかることによって、通常のターンオーバーができずに古い角質などが溜まり、くすみや肌荒れの原因に繋がるのです。

自律神経の乱れ

有害物質の排出が原因で新陳代謝が正常に行われないだけではなく、新陳代謝や免疫力を担っている自律神経も便秘による血流不足で弱ってしまいます。

自律神経が弱ると血流も悪くなり、肌に必要な栄養が行き渡らないために肌のターンオーバーが正常に行われず、肌荒れが悪化してしまいます。

すると腸内環境もさらに状態が悪化して負のスパイラルになってしまいます。

今からできる便秘対策方法

水を飲む女性

肌荒れを改善するには便秘を解消しなければいけません。

便秘の原因は様々ありますが、解消方法も様々なものがあります。それぞれの効果や方法を見て、自分の出来る範囲で生活習慣を見直してみましょう。

水分の摂取

便は食べ物の残りカスや腸内細菌の死骸と水分でできており、便の約80%を水分が占めています。

体内の水分が少ないと便は硬くなり、排泄されにくくなります。1日コップ8杯程飲むように心がけましょう。朝起きた時に冷水や牛乳などを飲むと腸が刺激されて排泄に繋がりやすくなります。

食物繊維の摂取

食物繊維は水分を吸収して膨らみ、腸を刺激することにより腸の働きを活発にさせる役割があります。また、消化されにくいことにより、便の中に水分を蓄えてスムーズな排便を助けてくれます。

乳酸菌やオリゴ糖の摂取

ヨーグルトなどの乳酸菌には、善玉菌が含まれているものなどもあります。
バナナや玉ねぎ、豆乳などに含まれているオリゴ糖はその善玉菌のエサとなるので意識してとりましょう。

適度な運動とストレス発散

体を動かすことにより、腸の動きも活発になります。
ストレスによって自律神経が乱れることもあるので適度な運動を心がけましょう!

まとめ

便秘によって、有害物質やガスが肌に到達することで肌荒れにつながります。

肌をきれいにするには腸もきれいにしなければいけません。
まずは食生活や生活習慣を見直して便秘を解消してはいかがでしょうか?

生活習慣の改善にはこちらの記事も参考にして下さいね!
毛穴トラブルを改善させる生活習慣の基本とは?

[スポンサードリンク]