防腐剤フリーは嘘?危険な化粧品の正体とは?

[スポンサードリンク]



化粧品は使っているうちに酸化したり、手に付着した菌が繁殖することで品質が落ちていきます。

品質の劣化は肌トラブルの原因になることもあります。
防腐剤は、品質や安全性を長く保ち続けてトラブルを防ぐために使われています。

防腐剤フリーや防腐剤無添加と聞くと肌に優しい化粧品。
というイメージを持ってしまいますが、本当に肌へのダメージが少なく安全に使えるのでしょうか?

防腐剤フリーが良いと言われる理由

グッドマークの女性

防腐剤はものを腐らせないために使われる添加物です。
そのため、強い殺菌効果や抗菌効果が肌を刺激して、肌トラブルを引き起こすのではないか。という嘘の情報が広がり、多くの人に防腐剤は悪者。というイメージを植え付けてしまいました。

このような間違った思い込が、『防腐剤が入っていないものの方が安全。』といわれる要因になっています。

化粧品に使われる防腐剤には様々な種類がありますが、その成分と配合量は国が安全と認めたものに限られています。

化粧品の販売には「未開封で3年間の保存が可能である」という条件が設けられています。この条件をクリアするためには、何らかの防腐剤処理をする必要が出てきます。

つまり、防腐剤フリーと謳われている商品は、一定の時期を越えると品質の劣化が始まり安全性が確保できなるため、肌にとって危険なものになってしまいます。

防腐剤フリー」と書かれている化粧品には国が認めた防腐剤を使わずに、防腐剤効果のある成分を使っている場合があります。防腐剤としては承認されていないので、防腐剤フリと表示することができてしまうのです。

国から承認されていない防腐剤効果のある成分は様々ありますが、配合濃度の上限に決まりがなかったり、使用実績が浅く臨床データが少ないなど、安全性を保証できるかどうか、よくわかっていない成分を使っていることもあるので、注意が必要です。

実は知られていない危険な成分とは?

研究している女性

防腐剤でよく知られている成分は、パラベンフェノキシエタノールなどが有名です。防腐剤と認められていないけれど、防腐剤効果があるため化粧品に使われている成分には気をつけなければいけないものも存在します!

防腐剤の代用品として使われていて承認されていない防腐剤の主な成分は、DPG(ギプロピレングリコール)・エチルヘキシルグリセリン1.2ヘキサンジオールペンチレングリコールです。これらは抗菌性多価アルコール類といわれる成分で、高濃度で配合することで防腐剤の働きをしてくれます。ですが、これらの成分を高濃度に配合することで肌への刺激が強くなってしまいます。

化粧品にもよりますが通常、パラベンやフェノキシエタノールは0.1%~0.2%の低濃度で防腐剤の働きをしてくれます。一方、抗菌性多価アルコール類の場合は、1%以上の濃度で防腐剤の働きをします。

結果的に、防腐剤フリーと表示されている商品に使われている防腐剤の方が成分濃度が高くなり、肌への刺激が強い化粧品になってしまうのです。

化学成分の他にもアロマオイルも防腐剤の働きをしてくれます。アロマオイルは植物由来の成分です。体表的なアロマオイルは、ティーツリー・ハッカ・ユーカリ・ヒノキ・グレープフルーツなどがあります。これらの成分は極低濃度で防腐剤の働きをしますが、気をつけなければいけない点もあります。

アロマオイルはアレルギー性刺激性があります。人によってはアレルギー反応をお越してしまう可能性があるため、安心して利用できない場合があります。

化粧品を選ぶ時の注意点

化粧品を顔に塗っている女性

肌に優しいと思って選んだ化粧品が実は肌を刺激していたとしたら本末転倒です。
そんな事にならないように、化粧品を選ぶときの注意点をまとめました!

防腐剤フリーの消費期限表示

防腐剤が一切入っていない防腐剤無添加の化粧品も存在しています。その場合、未開封で3年保存の条件がクリアできないので消費期限の表示があります。逆にいうと、防腐剤フリーと謳っているのに消費期限の表示がない場合は、認可された防腐剤以外の防腐剤が配合されているということになります。

アレルギーテスト済み

すべての人に当てはまるとはいえませんが、アレルギーテスト済みと表示されている商品は、テストの結果アレルギー反応が出ない商品に表示されています。肌が敏感に傾いているときや、元々肌が弱いなどの場合は、化粧品を選ぶときの判断基準になります。

自分にあった化粧品を選ぶ

安全性の高いパラベンですが、中には刺激を感じてしまう人もいます。そんな場合はフェノキシエタノールが配合された商品を選んでみましょう。

逆にフェノキシエタノールでは刺激を感じるけどパララベンでは刺激を感じない人もいます。
このように、多くの人にとって刺激のない成分だとしても、人によっては刺激を感じて肌トラブルの原因に繋がることもあります。

化粧品を使ってみて肌が赤くなったりかゆみが出たりヒリヒリするような以上を感じた場合はすぐに使用をやめましょう。

今の化粧品が肌に合ってない方はこちらの記事もご参考くださいね。
化粧品で肌が荒れる?肌トラブルの症状と対処法は?

まとめ

防腐剤と聞くと、肌に良くない成分だからできるだけ避けたほうが良い。と必要以上に悪者扱いされてしまいますが、実は化粧品の品質を安定させる肌への刺激が少ない成分だということが理解できたでしょうか。

むしろ、防腐剤無添加の化粧品を使う場合のほうが肌へのリスクが高まる恐れがあります。
防腐剤の正しい役割を知って、安心しできる化粧品を選びましょう!

[スポンサードリンク]