化粧品に含まれるヒアルロン酸の効果は?副作用の心配は?

[スポンサードリンク]



多くの人が一度は聞いたことがあるヒアルロン酸。

肌の保湿には欠かすことのできない成分ですが、実際はどのような効果があって、どのような取り入れ方に効果があるのでしょうか?

今回は、ヒアルロン酸の効果についてポイントを紹介します。

そもそも「ヒアルロン酸」って?

疑問を持つ女性

肌にとっていい成分だと知っている人は多いと思いますが、そもそも、ヒアルロン酸とはどのようなものなのでしょうか。

ヒアルロン酸はもともと人や動物の体の中に存在している成分で、皮膚や関節、目の主成分です。細胞と細胞の間に多く存在し、細胞同士のクッションになり細胞を保護する働きがあります。

また、保湿性と粘弾性に優れていて、1gあたり6Lの水分を保持することが出来るといわれています。質感はネバネバとしていて粘性が高いのが特徴で、肌の弾力を保つのに欠かせない成分になっています。

ヒアルロン酸は赤ちゃんの頃をピークに、年齢と共に減少していきます。ピークの頃に比べて40代で半分、60代で4分の1に減少するといわれています。赤ちゃんの肌がプルプルに潤っているのは、ヒアルロン酸の量が多いためなのです。

化粧品に使われることの多いヒアルロン酸ですが、体の中に存在しているヒアルロン酸と同じ働きをすることは出来ないため、減ってしまったヒアルロン酸を化粧品で増やしていくことは出来ません

化粧品に含まれるヒアルロン酸の効果

化粧水の成分を確認する様子

ヒアルロン酸を化粧品で補うことができないのに、化粧品に含まれているのはなぜなのでしょうか。
化粧品に含まれるヒアルロン酸の効果を見ていきましょう!

保湿効果

肌は大きく分けて「表皮真皮皮下組織」で構成されています。もともと体の中にあるヒアルロン酸は真皮の中にある線維芽細胞に存在しています。

ところが、化粧品に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいため届いてほしい真皮まで浸透することができず、表皮の一番外側にある角質層に留まってしまいます。

角質で留まってしまうヒアルロン酸ですが保湿性に優れているため、角質層の水分を閉じ込め蒸発しないように働くことが期待できます。

肌表面の潤いを守りバリア機能をサポートすることで、乾燥肌の改善に役立つため化粧品に含まれているのです。

エイジングケア

肌表面に潤いをもたらすことで角質のバリア機能が働き、真皮や皮下組織を守ることに繋がるので、肌のハリ、つやを取り戻すことができます。そのため、シミ、シワの予防や目立たなくなすることに期待ができます。

また、ほうれい線などのエイジングサインや肌トラブルの原因の多くは乾燥です。保湿ケアをしっかり行うことでエイジングケアの効果も期待できます。

しかし、化粧品に含まれるヒアルロン酸が浸透できるのは表皮までです。ヒアルロン酸が届かない真皮や皮下組織に影響を与えている、顔のたるみや深いシワ、ほうれい線には効果が待できません。

ヒアルロン酸を補う方法は?

ヒアルロン酸注射をしている女性

化粧品以外でヒアルロン酸を補う方法にはサプリメントやドリンクまた、クリニックなどで施術されるヒアルロン酸注射があります。

それぞれのポイントを紹介します!

市販のサプリやドリンク

市販されているサプリメントやドリンクの摂取によるヒアルロン酸の増加は確証されていません。現段階では、口に入ったヒアルロン酸が体内で代謝が行われオリゴ糖に変化することまでがわかっています。

その後、オリゴ糖が再びヒアルロン酸として生産されるのかなどの明確な証拠がないため、サプリメントやドリンクでヒアルロン酸を補うことができるのかどうかわかっていません

ただし、サプリメントやドリンクの摂取で肌の保水力が高まったなどの意見もあるため、全く効果がないとも言い切れません。

現状ではサプリメントやドリンクの効果はわかっていないことが多いので、過度に期待しないほうがいいかもしれません。

ヒアルロン酸注射

クリニックなどで行うヒアルロン酸注射は即効性が期待できます。肌にヒアルロン酸を直接注入することで肌をふっくらさせる効果があるので、ほうれい線やたるみなどに効果があります。

気軽に行えるヒアルロン酸注射ですが注意も必要です。ヒアルロン酸自体は安全性が高い成分ですが、ヒアルロン酸注射には医師の熟練した技術が必要です。

注入量を誤って肌が凸凹になるなどトラブルが起きることもあるので、施術を受ける際は、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸注射の効果は3ヶ月程から半年程度です。時間が経つにつれ肌に吸収されていきます。そのため、定期的に注射を行わないと肌の状態は維持できません。

ヒアルロン酸注射の料金はクリニックによって様々ですが、1本あたり3万から6万程度になります。継続して施術が必要になってくるので料金の面でも納得できるクリニックを選びましょう!

まとめ

ヒアルロン酸は、年齢とともに減少していくことを理解した上で日頃のスキンケアをすることが大切です。

化粧品に含まれるヒアルロン酸はもともと体の中にあるヒアルロン酸とは働きが異なりますが、肌の保湿に関して効果が期待できます。

きれいな肌への近道は保湿ケアが基本です。日頃のケアで保湿を心がけ、きれいな肌を目指しましょう♪

関連記事
ビタミンC誘導体とビタミンC何が違うの?効果も違う?

プラセンタの美肌効果ってどうなの?どうやって摂るのが効果的?

セラミドって本当に良いの?注目の保湿成分で?乾燥肌は良くなる?

[スポンサードリンク]