化粧品で肌が荒れる?肌トラブルの症状と対処法は?

[スポンサードリンク]



毎日のスキンケア用品やメイク用品など、今ではあらゆる化粧品が出回っています。
また薬局やドラッグストアで簡単に入手できる時代です。

化粧品に含まれる成分についての研究も進んでいることから…
この成分を取り入れると美肌になれますよ!
この成分は毛穴トラブルに最適!
など魅力的に文言でイッパイ!

そんな言葉を信じて使用してみたはいいけど…「肌に合わない感じがする…。」という経験はありませんか?

実は肌トラブルの原因は、化粧品の成分に潜んでいる場合もあるんです!

そこで今回は、『化粧品による肌トラブル』に焦点を当て、その症状や対処法についてご紹介します!

化粧品が肌に合わないときの症状

化粧品を使用している女性
  • 乾燥がひどくなる
  • 湿疹がでる
  • 赤みがでる
  • かぶれる
  • ヒリヒリしたような感覚がある
  • 痛みがある
  • ほてりがある
  • 腫れる
  • 染みる
  • ニキビが悪化する

新しい化粧品の使用後、肌トラブルが出現した場合、判断するためのキーワードは『1週間』です。
■1週間以内
新しい化粧品を使用して1週間以内に肌トラブルが起きた場合は、化粧品が肌に合っていないために起こる肌トラブルの可能性が高いです。

■1週間以上
1週間以上経過して、上記のような症状が出た場合は、化粧品による肌トラブルではない可能性が高いです。

  • 食生活
  • 睡眠時間
  • ストレス
  • ホルモンバランス

など体の内側から生じている問題が原因の可能性があります。

症状が出た場合の対処方法

お医者さんに相談する女性

症状が出現している肌は、すでに外からの刺激に浸潤されている証拠!
ターンオーバーの周期が乱れ、良質な細胞が壊されている可能性が高い状態です。そのため、すぐに治まる場合もありますが、大半は元の状態に回復するまで時間がかかってしまいます。

いかに『早めの対処と適切な対処』をするかの勝負となります!

使用を中止する

化粧品による肌トラブルが原因の場合、多くは含まれている成分が肌に合わない場合が多いということです。

使い続けてるうちに、何とかなるかもしれない!
安易な判断をせず、使用を中止しましょう。

使用を続けて、ターンオーバーで回復できる表皮へのダメージで治まればまだ良いですが、真皮に至るダメージを起こしてしまうと、回復には何倍もの時間がかかり、結果として凸凹肌や、シミになってしまう場合があります。

まずは、「ヒリヒリする!」と感じた時点で、洗い流すことをオススメします。

販売元への問い合わせ

販売元には、あなたと同じような肌トラブルを抱えた方からの問い合わせがある場合があります。

そんな問い合わせが続けば、販売元も対策を考えざるを得ませんよね。
適切な対処法のアドバイスをくれたり、場合によっては返金してくれるということもありますので、問い合わせという方法も視野に入れておくと良いでしょう。

ただ基本的には販売元も、研究を重ね、自信を持って販売しているわけですから、問い合わせをしても思ったような返答が得られない可能性が高いということを前提に考えておきましょう。

皮膚科の受診

自分で対処しきれない炎症を起こした際は、医師の常駐している専門機関である皮膚科の受診をオススメします。
先ほどもご紹介しましたが、適切な対処は何より大切!
ダメージが進み、取り返しのつかないことになる前に、処方された薬に頼ることは正しい判断です。

皮膚科受診の際は、使用した化粧品を持参すると、医師も判断が早い可能性があります。

皮膚科ではしっかりと保険も利くので費用も大きくなくお勧めです。
保険適用と自由診療の違い

今後の対策

化粧品と女性

肌トラブルが起きてしまった場合は、いかにターンオーバーを正常な周期に戻すかが重要です。

  • 今まで肌トラブルを起こさなかった化粧品の使用
  • 日々のスキンケアを怠らない
  • 生活習慣の見直し
  • 紫外線対策
  • 乾燥予防

これらはターンオーバーの周期を正常に戻すには必須項目です。

また肌トラブルを起こした成分を、ある程度特定しておくと、同じような肌トラブルに悩むケースが少なくなります。
これまでに使用していた化粧品』と『肌トラブルを起こした化粧品』の成分を比較検討してみると良いかもしれませんね!

肌トラブルを起こす場合の多くは、化粧品の成分自体が合わない場合と、使用し始める際の肌環境の悪化が原因の場合があります。

すでに肌に何らかのトラブルを抱えていたり、生活習慣が乱れた状態で使用すると、化粧品に含まれる成分に敏感に反応し、結果として重篤な肌トラブルを引き起こすという場合があるということです。

新しく化粧品を使用する際は、自分の肌状況を正しく判断して使用し始めることが大切です。
自分の肌に合う成分、合わない成分を把握していると化粧品での肌トラブルを減らすことができるので安心感にも繋がりますよ。

まとめ

美しい肌になりたい!
若々しい肌になりたい!
こんな思いを抱くのは、女性にとって当然のこと。

だからこそ美容成分に敏感になり、取り入れてみたいとチャレンジするのでしょう。

しかし肌トラブルを起こしてしまっては、元も子もありません!
肌トラブルを起こしてしまった場合は、『早めの対処と適切な対処』を心がけ、悪化させないことが大切です。

[スポンサードリンク]