季節によって肌トラブルが起こる原因と対策方法は?

[スポンサードリンク]



夏は皮脂でベタベタするけど、冬は乾燥してしまう…春は花粉や黄砂、夏は紫外線…といったように、季節によって肌状態や環境が変わります。

日本には春夏秋冬があり、肌は季節によって様々な環境に対処しなければいけません。1年中肌状態を安定させるためには、季節ごとの肌トラブルを理解し、それに合わせたケアをする必要があります。

今回は、季節によって起こる肌トラブルの原因と対策をご紹介していきます。

春に起こりやすい肌トラブル

桜と女性

春は1年の中で最も肌荒れをしやすい時期です。
敏感肌に傾きやすく、かゆみや赤みといった肌トラブルも多くなります。

春は気温がコロコロ変わる気まぐれな季節のため、自律神経が乱れやすく、肌は不安定になりがち。そのため、肌はバリア機能が低下して外的刺激に弱い状態です。

春は花粉や黄砂などの飛散量が多いため、肌に付着してアレルギー反応を起こしてしまいます。バリア機能の低下した肌は特に肌荒れしやすいので、プツプツとした赤みやかゆみ、乾燥といった肌トラブルが起こるのです。

また、紫外線が急激に増える時期でもあります。
肌のたるみやハリを損なうUV-Aの照射量は春が1番多いので、肌老化を蓄積させる原因となります。

そこで、春の肌トラブル対策は「丁寧な洗顔」と「紫外線対策」の2つをオススメします。

花粉や黄砂などが付着してアレルギー反応を起こしてしまうので、1日の終わりにはきちんと洗顔をして刺激となる汚れをきちんと落とすことが大切です。

クレンジングや洗顔は肌への刺激が大きいスキンケアなので、洗浄力の強いタイプを使用したり何度も時間をかけて洗うのはNGです。

メイクの濃さに合わせたクレンジングを選ぶこと、洗顔はモコモコの泡でクッションを作って丁寧に洗うことを心がけましょう。

夏に起こりやすい肌トラブル

海を眺める女性

夏は気温も湿度も高く、紫外線量も多い季節です。
皮脂量が増えることで毛穴の黒ずみや開きといった肌トラブルが目立ってきます。

皮脂量が多くなるため表面上は肌が潤っていると感じますが、紫外線や室内のクーラーの影響で肌内部は乾燥しがちです。乾燥した肌は紫外線を吸収しやすいため、紫外線による肌トラブルも増えていきます。

そこで、夏の肌トラブル対策は「美白ケア」と「皮脂対策」の2つをオススメします。

シミやそばかすの原因となるメラニンを活発にさせるUV-Bの照射量が多くなるため、スキンケアには美白ケアを取り入れてシミ対策を行いましょう。

春の紫外線を浴びて、肌はすでにメラニンが生成されており紫外線の影響を受けやすい状態です。

スキンケアは美白アイテムを取り入れたり、日焼けした後は肌にたっぷりと水分を与えて日焼け対策をしましょう。

また、汗や皮脂は天然の皮脂膜を作って肌を保護する一方で、時間が経つと酸化して刺激物質に変化します。

夏は皮脂の分泌量が増えるため毛穴が開きがち。そこに汗や皮脂がファンデーションやホコリといった汚れと混じり合って毛穴に詰まって酸化すると毛穴の黒ずみを作ってしまいます。

汗や皮脂の分泌があるため気づきにくくなりますが、実は夏は乾燥しやすい季節です。

皮脂が気になるからとあぶらとり紙などでせっせと皮脂を取り除いてしまうと、余計に皮脂分泌を活発にさせてしまいます。

余分な汗や皮脂は軽くティッシュオフし、保湿対策も忘れずに行うことが大切です。

秋に起こりやすい肌トラブル

紅葉の道を歩く女性

秋は過ごしやすい気候とは裏腹に肌老化を最も進めてしまう季節です。夏に蓄積されたダメージがどんどん肌に出てくる時期なので、たるみやシワ、肌のゴワつきといった肌トラブルが出てきます。

ターンオーバーは健康な肌の場合は28日周期なので、夏に生まれた細胞は秋にかけて肌表面に現れます。夏の紫外線の影響でターンオーバーは滞りやすくなっており、くすみや肌のゴワつきといった肌トラブルが起こります。

また、気温や湿度が低下する秋は肌も乾燥していきます。秋の肌はターンオーバーが滞り老化角質がたまった状態です。この状態からさらに肌を乾燥させてしまうとハリはますます失われ、たるみやシワの原因となってしまいます。

そこで、秋の肌トラブル対策は「夏のダメージケア」と「アンチエイジング対策」の2つをオススメします。

秋の肌はターンオーバーが滞りがちで古い角質が肌に溜まりやすくなっています。

古い角質を取り除くことでターンオーバーを整えて肌再生を促すことができます。そのために、スペシャルケアとしてピーリングなどの角質ケアを取り入れましょう。

しかし、過度なピーリングは逆に肌を弱らせてしまうので、肌状態が安定している時に行ったり、使用頻度を守ったりといった使い方には注意が必要です。

また、夏のダメージを蓄積させたままでは肌老化を進めてしまうので、保湿重視のスキンケアを行いアンチエイジング対策も行いましょう。

冬に起こりやすい肌トラブル

雪と女性

冬は気温や湿度が最も低くなるので、血行不良や乾燥が原因となり、赤みやクマが目立ったり、乾燥肌や敏感肌に傾きがちです。

血行不良になると、肌代謝に必要な栄養や水分が十分に供給されず未熟な細胞が生まれてしまいます。そのため、乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。

そこで、冬の肌トラブル対策は「血行促進」と「乾燥対策」の2つをオススメします。

血行促進としてセルフマッサージやお風呂でゆっくり体を温めることで、肌を活性化させることができます。

スキンケアは保湿重視のアイテムを取り入れることはもちろん、クレンジングや洗顔のやりすぎで肌の水分を失わないようにすることが大切です。

まとめ

季節によって肌状況や肌トラブルは変化していきます。
その季節に合った対策を行うことで肌トラブルを予防していきましょう。

年間を通して「保湿」は大事なので、保湿化粧水などはしっかりと肌に合うものを選んでくださいね。
毛穴の黒ずみや開きに効く化粧水は?毛穴トラブル別おすすめ化粧水13選

[スポンサードリンク]