コエンザイムQ10の美肌効果と副作用とは?

[スポンサードリンク]



コエンザイムQ10は美容効果やダイエット効果があることから、一時期、大きなブームとなった成分です。
でも実際、コエンザイムQ10にどんな美肌効果があって、どんな副作用があるのか。
ということを知らない方が多いのではないでしょうか。

コエンザイムQ10はアンチエイジング成分として、注目を集め続けています。
中でもシワが少なくなったり、目立たなくなる美容効果は大きく、年齢肌が気になる女性は、まさに意識して摂るべき成分。

今回は、そのコエンザイムQ10が肌に与える効果や、効果的な摂り方、副作用についてご紹介します。

コエンザイムQ10とは

疑問を持つ女性

コエンザイムQ10は元々、人間の体内に存在し、細胞の1つ1つの中に存在する成分です。
ビタミンとは異なるもののコエンザイムQ10はビタミン様物質で体内でも合成することができる成分です。

ビタミンは自分で作ることができないとされているので、コエンザイムQ10とは別のものとされています。

元々、細胞の1つ1つに存在するコエンザイムQ10ですが、加齢とともに減少してしまうという特徴があります。
20歳をピークに減少し始め40代に入ると減少に拍車がかかります。
体内でコエンザイムQ10が減少すると、エネルギーを作り出す力が弱まります
そのため疲れやすい、疲れが取れない、倦怠感、肩こりなどの疲労感が起こるようになります。

また細胞自体が弱まってしまうので、肌の細胞の力も弱まります。
すると、本来されるべき新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまい、様々な肌トラブルが起こるようになります。

■コエンザイムQ10のサプリメント化
アメリカにおいては、コエンザイムQ10は20年以上前からサプリメント化され販売されています。
日本でも治療薬として心筋梗塞や狭心症などにも利用され、2001年に、コエンザイムQ10が食品として認められサプリメント化され市場で販売されるようになりました。

コエンザイムQ10は強力な抗酸化作用があることから、美肌効果が大きく期待され、爆発的なブームとなり、現在も注目されている成分です。

コエンザイムQ10の肌への効果

肌が綺麗な女性

コエンザイムQ10の肌への効果はその抗酸化力にあります。

美容効果が高いことから幅広い年齢の方からも注目を集め続けている成分です。
抗酸化作用によって、肌細胞を活性酸素などの老化物質から守ります。

コエンザイムQ10の具体的な肌への効果をみていきましょう。

新陳代謝(ターンオーバー)の促進

コエンザイムQ10が細胞の1つ1つに含まれていることは、ご紹介した通りですが、細胞の1つ1つに含まれる、ということは肌細胞にももちろん存在する、ということです。

コエンザイムQ10がしっかりとあることで、肌細胞の新陳代謝を正常化することができます。

通常の若い肌のターンオーバー周期は28日とされています。
ところが、老化や紫外線など酸化の影響から線維芽細胞(せんいがさいぼう)が衰え機能低下してしまうと新陳代謝の周期が遅くなったり、乱れたりしてしまいます。

周期が遅くなれば、肌の生まれ変わりがそれだけ遅くなるので、肌は老化の一途をたどります。
また、乱れるということは未熟な肌細胞が生まれてしまうこともあり、未熟な肌細胞では、肌を紫外線やホコリなどの外敵から守ることができません。

コエンザイムQ10を補うことで、新陳代謝を促進することができるのです。

肌のハリをアップ

コエンザイムQ10には肌の線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活性化させる働きがあります。
線維芽細胞とは、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸など、肌にハリをもたらすものの元となるものです。

コエンザイムQ10によって線維芽細胞が活発になると、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などのハリ成分も機能アップします。
それによって、肌のハリもアップするのです。

シワやたるみの解消

コエンザイムQ10を十分に保つことで、肌のハリがアップするとシワが少なくなります。
たるみは、シワによって形成されるため、肌のハリがアップし、シワが少なくなれば肌がたるむこともなくなるのです。

くすみや目元のクマの予防

コエンザイムQ10は血流を良くする働きもあります。
そのため、血行不良から起こる目元のクマや肌のくすみに対しても効果が期待できます。

また、むくみや冷えなども血行不良が原因で起こることが多いため、それらの症状も改善されることに大きな期待が持てます。

抗酸化力で活性酸素を抑制

コエンザイムQ10の美肌効果は強い抗酸化力によるものです。
活性酸素の働きを抑制する作用があるため、老化予防にもなります。

活性酸素は、元々は体内に侵入したウィルスや細菌などの感染症から体を守る働きをするためのものです。
しかし、活性酸素も必要以上に増えれば、敵となってしまうのです。
強力すぎる活性酸素は細胞を酸化(さび付かせる)させてしまいます
それによって、肌が老化する原因となるのです…

コエンザイムQ10の強い抗酸化力は活性酸素を抑制することで、細胞の酸化を防ぐことができます。
それによって肌老化を抑える効果が期待できるのです。

摂取方法と副作用

サプリを飲む女性

コエンザイムQ10は美容だけではなく体にもなくてはならない成分です。
年齢とともに生産量が減少してしまうため、年齢を重ねるごとにコエンザイムQ10の必要量は増えていきます。

そのため、食事だけでは補いきれず、サプリメントなどを利用して意識して摂ることが必要となります。
そのコエンザイムQ10は、2つの種類のサプリメントがあります。
2種類のサプリメントの違いやサプリメントで効率よくコエンザイムQ10を摂取するための賢い摂取方法や、副作用についてみていきましょう。

コエンザイムQ10のサプリメントは2種類

コエンザイムQ10をサプリメントで補う場合は2種類のコエンザイムQ10サプリがあることを覚えておいてくださいね。

その種類が

  • 酸化型コエンザイムQ10
  • 還元型コエンザイムQ10

の2種類です。

コエンザイムQ10は私たちの体内でも合成されています。
その合成されているコエンザイムQ10は還元型です。
体内での生産量は年齢と生活習慣によって、年々減少してしまうのですが、その減少してしまうコエンザイムQ10が還元型ということです。

コエンザイムQ10がサプリメントなど食品化された当初は酸化型のものがほとんどでした。
酸化型のコエンザイムQ10は、体内に摂りこまれた後で還元型に変換されてから効果が発揮される、というタイプです。
そのため、効果を実感できるまでに時間がかかってしまいます。
また、酸化型のコエンザイムQ10を摂ったからと言って、必ず還元型に変換されるとは限りません。
日々のストレスや病気などによって影響を受けてしまうと、酸化型⇒還元型に変換できないこともあるのです。

そのため、コエンザイムQ10をサプリメントで摂る場合には還元型のものを選ぶことが上手なコエンザイムQ10サプリの選び方のポイントです。

還元型コエンザイムQ10は、体内で変換する必要なくそのまま吸収されるので、すぐに体内で働き始めます。
効果も実感しやすいのでサプリメントで摂るならば還元型コエンザイムQ10を摂りましょう。

1日の摂取目安量 コエンザイムQ10は決まっていません

コエンザイムQ10の1日の摂取目安量は基本的に目的によって異なります。

  • 美肌作用、健康維持のため・・・1日30mg
  • スポーツをしている人や高齢の方・・・1日60~100mg
  • 体調不良や過度な疲労時・・・200~300mg

このように、コエンザイムQ10は1日の摂取目安量が30mg~300mgとかなり幅広い数値になっています。

摂る人の年齢・ストレス・健康状態・胃腸の状態などによっても必要量は異なります。

また、コエンザイムQ10は元々、体内で合成できるものであり、体内にも元々存在するもの。
体にとって異物ではなく、元々あるものなので安全性の高い成分です。

そのため上限値を定めにくいのです。

自分の年齢や目的に合わせて、自分に合う量を見極めないとなりません。
美肌効果を期待する場合には1日30mgから始めてみましょう。

1日30mgとはいえ、食事だけから摂るのは厳しい量です。
食事から摂っているコエンザイムQ10の量は平均で1日5~10mgと言われています。
つまり1日30mgでも食事から摂るのは厳しい数値ということになります。
高品質な還元型コエンザイムQ10を見つけて食事で摂れない部分を補う必要があります。

摂取のタイミングは1日2,3回に分けること

コエンザイムQ10を効率よく摂取するためには1日2,3回に分けて摂るようにしましょう。

コエンザイムQ10は脂溶性なので、食事に油分のあるものを摂った後に飲むと、吸収率がアップします。
摂取後5,6時間後がピークでその後コエンザイムQ10の血中濃度が下がります。
そのため1日1回まとめて摂るという方法ではなく、2,3回に分けてこまめに補給すると効率的です。
1日30mg摂るならば、毎食後に10mg摂れば飲み忘れもないでしょうし、効率的に摂ることができます。

ビタミン類と組み合わせて摂る

コエンザイムQ10を摂るときにはビタミン類と併用して摂るとさらに効果がアップします。

同じ脂溶性で抗酸化力の高いビタミンEや、美白効果が高いビタミンC、コエンザイムQ10と同様に新陳代謝を促進するビタミンBなどと併用することで相乗効果を期待できます。

ビタミン類はサプリメントではなくても食事で摂りその後コエンザイムQ10を摂る、という方法でもよいでしょう。

コエンザイムQ10の副作用

コエンザイムQ10は元々体内にある成分であり、体内で合成できる成分です。
それだけ安全性の高いものです。
上限値を定めることができないということは、安全性の高さを証明しているようなもの。

しかし注意が必要なことが1つだけあります。
チラーヂンSという甲状腺機能低下による薬を処方されている方は避けるようにしましょう。

チラーヂンSとコエンザイムQ10を併用すると、血圧が上がる場合があるという報告があります。
また妊婦さんの場合には、コエンザイムQ10に限らず、サプリメント類を摂るときは医師に確認してから摂取するようにしましょう。

過剰摂取には気を付けましょう

上限値の定めがないコエンザイムQ10ですが、だからと言って、ガンガン大量に飲むのはオススメできません。

コエンザイムQ10のサプリメント商品は市場が豊富なため、品質によっては大量に摂ることで添加物まで同時に摂取てしまう可能性があるからです。
体に良いからと大量にコエンザイムQ10を摂っていたら、添加物も同時に大量に摂っていた、ということになってしまっては意味がありません。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ時には、信頼のおける商品を選び、その商品に記載されている目安量を守るようにしましょう。

まとめ

コエンザイムQ10は美肌効果だけではなく、ダイエット効果も期待できます。
健康維持のため、美肌効果を狙うため、良質なコエンザイムQ10を摂るようにしましょう。

高品質で、継続しやすく、含有量が多い還元型コエンザイムQ10はあなたの肌の悩みを解決し、肌のハリアップ、ターンオーバー促進にきっと役立つはずです。

毎日の生活に上手にコエンザイムQ10を取り入れてくださいね♪

ただ、コエンザイムQ10だけで良いというものではないので、美肌を目指す場合は、生活習慣の改善にも取り組んでくださいね。
毛穴トラブルを改善させる生活習慣の基本とは?

[スポンサードリンク]