更年期に肌荒れが深刻化?肌質が極端に変わることも…

[スポンサードリンク]



肌荒れは更年期のせい?と女性なら気になってしまいますよね。

今回は、更年期に肌荒れを起こしやすい理由と、その対策法について詳しくご紹介していきます。

更年期は避けて通れないものではありますが、しっかり対策を取って、症状を予防・改善させていきましょう。

更年期の肌荒れの原因は?

肌荒れに悩む女性

女性は更年期を迎えると、卵巣機能が徐々に衰えていき、女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンという物質が急激に減少していきます。

エストロゲンには肌の水分保持やハリ・弾力をキープしたり、コラーゲンを合成する役割があり、プロゲステロンは皮脂量を増やす役割があります。

そのホルモンバランスの変化に体が上手く対応できず、様々な不調が現れるようになるのです。
その一つが更年期の肌荒れなのです!

これらの女性ホルモンが減少すると、肌が乾燥しやすくなり、皮脂の分泌も低下します。
それが原因で、乾燥肌や毛穴の詰まりでニキビ・吹き出物などの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

さらにバリア機能も低下し、ちょっとした刺激にも反応してしまい、痒みやかぶれ、赤み、痛みなどの症状が出る場合もあります。それだけでなく、シワやしみ、くすみなども現れやすくなってしまうのです…

更年期の肌荒れを治すには?

疑問を持つ女性

更年期の肌荒れを改善させるためには、スキンケアや食生活など生活習慣を改善させることが大切です。

肌荒れを治すポイントを挙げましたので、それぞれ詳しく見ていきましょう!

高級化粧品が必ず効くわけではない

更年期によって肌質が大きく変化し、今まで使用していたスキンケアが肌に合わなくなったり、効果が感じられなくなることもあります。

そのような時は、スキンケアを見直す必要があります。

しかし、化粧品は高ければ必ず効くとは限りません
更年期の肌は土台が衰え、敏感で不安定な状態なので、むしろ肌荒れを悪化させてしまう可能性もあります。

なるべく低刺激で自分の肌の状態に合った化粧品を選んでケアしていくことが大切なのです!

スキンケアはシンプルが一番!

更年期の肌は乾燥しやすく、皮膚のバリア機能も低下しているため、過剰なスキンケアをすると肌荒れを起こしやすくなります。

スキンケアはシンプルに、そして優しく行うのが一番です。
過剰な洗顔は控え、肌に刺激を与えないようにしてください。

そして、更年期の肌は、保湿ケアを丁寧に行うことが大切です。化粧水で肌に水分を補給したら、水分が蒸発しないように乳液やクリームでしっかりカバーしましょう。

肌のバリア力を高めるには、セラミド入りの保湿化粧品がおすすめです。セラミドは保湿効果が高く、元々人の肌にある成分なので、馴染みやすく刺激が少ないのが特徴です。

肌に刺激の少ない化粧品で保湿をして、バリア機能を高め、肌を良い状態に戻しましょう!

また、バリア機能の低下した肌は、紫外線を浴びると乾燥や炎症などが起きやすくなり、肌に悪影響を及ぼします。

1年を通してしっかり紫外線対策することも忘れないでくださいね。

食べ物でホルモンバランスを整える

スキンケア以外にも、食べ物によって体の内側からホルモンバランスを整えることで美肌へと近づきます。

そのためには、栄養バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

特に納豆や豆腐などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きを持っているので、肌荒れの改善に効果が期待できます。

また、大豆製品にはサポニンという成分も含まれていて、抗酸化作用があるので、血流の流れが良くなり、新陳代謝のアップに効果があります。

大豆製品以外にも、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、亜鉛などを積極的に摂取すると良いでしょう!

これらの成分はホルモンバランスを整えたり、肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、肌荒れ解消に効果的です。

毎日の食事に取り入れるのが難しい場合は、サプリメントなどで簡単に摂ることもできるので、試して見てくださいね!

サプリメントの摂取はこちらもご参考に。
サプリメントの間違った飲み方で効果が薄くなる?正しい飲み方とは

クリニックで治すには?

女医に相談する女性

セルフケアだけでなく、クリニックでもスキンケアの指導や治療を受けることができます。

クリニックではスキンケアや食生活など生活習慣の見直しの指導を行い、改善が見られない場合は軟膏などの処方を行います。

その他に、症状に合わせて漢方やホルモン補充療法などを行います。漢方は個々の体質や症状に合わせて処方を行い、徐々に体質を改善する働きがあります!

ホルモン補充療法は、不足したエストロゲンを補い、更年期による様々な症状を軽減させる治療法です。ホルモン補充療法で処方される薬は内服薬、塗り薬、貼り薬、注射があり、処方内容や治療期間は個人によって異なります。

また、エイジングケア治療としてプラセンタ注射や高濃度ビタミンC点滴などがあります!

プラセンタ注射は細胞の活性化や自然治癒力の向上に期待ができ、肌のハリやツヤをアップさせ、肌トラブルの改善に役立ちます。

高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用やアンチエイジング効果が高く、美白効果やニキビの改善に効果的なのです。

まとめ

更年期は女性ホルモンの減少によって、様々な肌トラブルを引き起こします。

自分の肌質に合ったスキンケアを丁寧に行い、生活習慣や食生活を見直して、ホルモンバランスを整えることが大切です。

あわせて、クリニックでのエイジングケア治療を上手く取り入れてみるのも良いでしょう。
自分に合ったケアをして、更年期の肌荒れを改善させてくださいね

[スポンサードリンク]