ストレスも乾燥肌の原因に!正しい対策方法で乾燥肌改善

[スポンサードリンク]



特に冬場になると気になるのが乾燥肌…。

これって私のスキンケア不足が原因?
と思ってはいませんか?

乾燥肌の原因はスキンケア意外にもあるって知っていますか?

実は…
『ストレス』も乾燥肌の原因になるんです!

そこで今回は、『ストレス』に焦点を当て、乾燥肌との関係性や対策方法についてご紹介します!

ストレスの影響で乾燥肌に…

肌から水分が蒸発する様子

女性ホルモンへの影響で乾燥肌に!

主な女性ホルモンには、『プロゲステロン』と『エストロゲン』があります。これらの分泌量は定期的に訪れる生理や体調、肌の調子に影響を与えるんです。

ストレスの影響を受けやすいのが、『エストロゲン』!

エストロゲンには…

  • 皮脂腺の分泌抑制作用
  • コラーゲンの合成促進作用

があります。

つまりエストロゲンの分泌が安定していると、肌のバリア機能は高まり、みずみずしい美しい肌を保つことができるということです。

しかしストレスを感じると、このエストロゲンの分泌量が減少し、肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分を保つことができず、結果として乾燥肌になってしまいます。

代謝の低下で乾燥肌に!

ストレスを感じ、代謝が低下すると血行不良になってしまいます。その結果、美肌の元となる水分や栄養素が十分に回らず、ターンオーバーの周期を乱すことで肌内部はカラカラ乾燥状態に!

ターンオーバーの周期が乱れると、本来セラミドなどの保湿成分を作りだす良質な細胞が未成熟なままとなり、結局水分を保持できないことで乾燥肌となってしまいます。

アドレナリンの分泌で乾燥肌に!

ストレスを感じると、アドレナリンという物質が分泌します。

アドレナリンが分泌されると、血管は収縮し、血行が悪くなるばかりか、体温も下げてしまいます。
その結果、ターンオーバーの周期を乱すことで、乾燥肌となってしまうのです。

ストレスによる乾燥肌の対策方法

ジョギングをする女性

ストレスによる乾燥肌を改善するためには、ストレス解消方法を身につけることが一番大事!

適度に運動する

適度な運動をすることで、血行が促進され、血流が良くなることで美肌の元ともなる水分や栄養素が回りやすくなります。
つまり、乾燥肌を防ぐことができるということです。

また適度な運動をすると、セロトニンエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます。
これらの物質には、気分を前向きにする作用や幸福を感じる作用があるため、ストレス発散に有効ということになります。

しっかりと体を休める

体を休めると、ノルアドレナリンという物質が分泌されます。これはアドレナリンとは反対の作用があるため、血管は拡張し、体温を上げることで血行促進に!

結果として乾燥肌を防ぐことができるということです。

また、ノルアドレナリンには筋肉の弛緩作用やリラックス効果があるため、ストレス発散に繋がります。
ノルアドレナリンの働きを活発化させる入浴や良質な睡眠を心掛けましょう。

自分なりのストレス発散法を見つける

日常生活の中で、どうしても避けられないストレスの原因ってありますよね?
・仕事上の人間関係
・育児
他にも人それぞれストレスの原因を抱えているでしょう。

これらを解消するためには、日頃から自分なりのストレス発散方法を見つけておくことが大切です!
例えば…
・深呼吸をする
・太陽光を浴びる
・温かいものを飲む
・カラオケや旅行などの趣味を楽しむ
・ストレスの原因になっていることを紙に書き出す

まとめ

乾燥肌の原因といえば、スキンケア不足や紫外線などが一般的なイメージですが、実は意外な盲点ともいえる『ストレス』も一因になるということがわかりました。

人間ですから、ストレスをゼロにすることは不可能ですよね。しかし、今回ご紹介したような対策で改善することも可能です!

これを機に、あなたも自分なりのストレス発散方法で、乾燥肌対策をしてみてはいかがでしょうか?

生活習慣の改善も乾燥肌には重要なので、こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。
毛穴トラブルを改善させる生活習慣の基本とは?

[スポンサードリンク]