毛穴レスな「卵肌」になる方法!必要なスキンケアケアとは?

[スポンサードリンク]



ゆで卵をむいたようなツルンとしたなめらかでツヤのある肌は、女性にとって憧れですよね。

潤いが満たされて、ツヤがあって弾むような美肌になるになるにはどんなケアが効果的なのか。毎日の生活に取り入れる工夫で、たまご肌を手に入れる方法を紹介します。

たまご肌になるために

スキンケアを行う女性

肌の乾燥や毛穴詰まりなど、肌のトラブルで肌表面がゴワゴワしたり、ザラザラしたり。実際の肌は理想のたまご肌でいることが難しいのが現状です。

ツルンとしたツヤのある理想的なたまご肌は、表皮に当たった光の反射による見え方で決まります。

ツヤのある肌は、層によって形成されている表皮のなかでも角質が健康な状態で、光を屈折させず均一に反射することができます。光を均一に反射するとができれば、肌は理想的なたまご肌になることも!

角質が健康な状態というのは、潤いがあり、メラニンが少なく、血行が良好で、肌の凹凸が少なく毛穴が目立たない肌理が整った肌のことをいいます。

つまり、素肌の状態が健康でなければ、たまご肌にはなれないのです!

たまご肌に必要なケアとは?

悩む女性

たまご肌になるために必要なケアは、肌本来を健康な状態にすることが目的です。

いつものスキンケアを丁寧に行うことも大切ですが、たまご肌になるために特に大切な方法を紹介していきます。

スキンケアはシンプルに!

ツヤがあり、弾むよう肌に必要なのは保湿です。
肌の乾燥はバリア機能の低下やターンオーバーの乱れ、毛穴詰まりなど様々な肌のトラブルを引き起こす原因につながります。

肌は十分に保湿ケアを行い、トラブルの起こりにくい肌作りを意識しましょう。

また、新しいスキンケア商品を次々に使ったり、ざらつきが気になるからといって自己流のピーリングを行うことは、肌に負担をかけてしまい逆効果になってしまいます。

大切なのは保湿に重点を置いたシンプルなスキンケアを毎日丁寧に続けることです。

体内から肌を整えよう

体の中からも肌を整えることで、より効果的に美肌を作ることが出来ます。
美肌に欠かせない栄養素にはビタミンやミネラルがあります。

肌に良い栄養素を摂取することでターンオーバーを整えたり、シミやシワを防ぐなど、美肌効果を実感できます。

肌に良い代表的な栄養素をおすすめの食べ物と合わせて紹介しますので、積極的に取り入れてみて下さい。食べ物で十分にビタミンやミネラルを摂取できないときは、サプリメントで摂取することもおすすめです。

・ビタミンE
血行を良くしてくれます。肌に栄養素を送るのは血液です。また、血行が悪いとターンオーバーが正常に行われません。(かぼちゃ、赤ピーマン、卵黄、アボカド)

・ビタミンA・C
抗酸化作用とターンオーバーの正常化をしてくれます。ビタミンAはシワを防ぎ弾力のある肌に、ビタミンCは、コラーゲンの生成やバリア機能の向上に役立ちます。(ビタミンA・レバー、うなぎ、にんじん、シソ、ビタミンC・パプリカ、いちご、キウイ、ゴーヤ)

・ミネラル
ミネラルのなかでも特に亜鉛不足には注意が必要です。亜鉛は活性酸素から細胞を守る働きがあるため老化を促してしまいます。また、銅やマンガンは肌の弾力を保つのに欠かせない栄養素です。(海藻類、緑黄色野菜、豆類)

毛穴を引き締めるために

毛穴を引き締めるには毛穴を詰まらせないことが重要です。ゴシゴシこすったり、洗いすぎて必要な皮脂まで洗い流さないように、優しく丁寧な洗顔で毎日の肌の汚れをしっかり洗い流すことが大切です。

また、毛穴を引き締めるケアとして、収れん化粧水もおすすめです。
ただし、収れん化粧水には保湿の効果がないため、保湿ケアも合わせて行うことも忘れずにおきましょう。

毛穴の開きについてもっと知りたい方はこちらもご覧くださいね。
毛穴開きの根本的な原因とケア方法

まとめ

ツルツルのたまご肌になるには素肌を健康に保つことが大切です。

いつものスキンケアをシンプルにして、毎日丁寧に積み重ねることで得られるのがたまご肌です。
これまでのスキンケアを見直して、今日から憧れのたまご肌を目指しましょう♪

[スポンサードリンク]