【40代50代編】年齢ごとに毛穴をしっかり保湿ケア!おすすめ化粧水ランキング

[スポンサードリンク]



40代∼50代になると、若い頃に比べてお肌の「老化」が気になりはじめる人が増えてきます。とくに、たるんだ毛穴の悩みは、40代∼50代のほとんどの方が必ず直面する肌トラブルです。

最近では、年齢を重ねてもずっと若々しいお肌を維持されている方もいますが、実際にはまだまだエイジングケアの知識が不足している人が多いです。

「たるんだ毛穴で悩みたくない!」
「素肌をもっと綺麗にしたい!」
そんな風に考えているあなたには、一体どんなケアが必要なのでしょうか?

ここでは、毛穴の悩みを改善して、素肌の美しさを取り戻すための40代∼50代向けのおすすめの化粧水についてご紹介します。

エイジングケアに必要なこととは?

エイジングケアは「いつから」「どんなこと」を始めればいいのでしょうか?

そろそろエイジングケアが必要かな?と思って始めてみたものの、正直何をどう選んだら良いのか分からない方も少なくありませんよね。

とくに、数ある化粧水の中から自分に合ったエイジングケア効果のある商品を見つけるのは至難の業。エイジングケア化粧水は、一般的な化粧水に比べて高価な商品も多いため、選んだ商品が合わないとがっかりしてしまいすよね…。化粧水を失敗せずに選択するためには、一体どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

化粧水の種類を理解しよう!

ひとくちに化粧水と言っても、その種類と目的には様々なものがあります。まずは代表的な化粧水の種類をみていきましょう。

・保湿化粧水…肌に潤いを与える
・美白化粧水…シミや日焼けを予防する
・ニキビ用化粧水…炎症を抑える
・収れん化粧水…清涼感、毛穴を引き締め
・拭き取り化粧水…汚れや角質を取り除く
・エイジングケア化粧水…加齢を予防する

このような化粧水の効果は、配合されている成分によって決まります。基本的には、あなたの肌の悩みに合わせた化粧水を選ぶことが望ましいですが、アルコール成分によって肌が乾燥しやすい収れん化粧水摩擦がかかりやすい拭き取り化粧水は、40代∼50代のお肌に不向きだと言えるでしょう。

そして、気になるエイジングケア化粧水ですが、エイジングケア化粧水の中にも「毛穴のたるみ・開き対策」「シミ・くすみ対策」「シワ対策」など様々な効能のものがあります。これらの効能の中から、あなたの目的に合った化粧水が選べると、より化粧水の効果が実感しやすくなるのですね!

肌質と化粧水の見つけ方

お肌の状態は常に変化しています。あなたの年齢では、お肌がどんな状態なのか?どんな化粧水が必要なのか?をみていきましょう。

40代のお肌と化粧水の選び方

それまでのスキンケアに比べてエイジングケアに本格的に取り組み始めるべきなのが40代です。

お肌の潤いやハリを保つための成分は、30代から少しずつ減りはじめて、40代ではピーク時の半分ほどになってしまいます。とくに、お肌の弾力や潤いを増やす働きのある「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが、40代でガクッと激減してしまい、乾燥やたるみによる肌トラブルが出やすくなるのです。

そんな40代では、保湿力が優れている化粧水がおすすめです。ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタなど、お肌から逃げていってしまった潤い・ハリの成分を、化粧水で補うことが望ましいでしょう。

50代のお肌と化粧水の選び方

50代のお肌は40代に比べて乾燥がすすみ、お肌自体が薄くなっていきます。40代で減少しはじめた女性ホルモンが、50代ではほとんど無い状態に到達し、お肌をつくる細胞がうまく生産・循環されなくなります。すると、お肌がペラペラに薄くなってしまい、潤いのないキメの荒い状態になってしまうのです。

50代のお肌が薄い状態では、あらゆる刺激に対して敏感になってしまうことがあります。また、乾燥がすすみ続けることで、毛穴が広がり合体して小ジワのようになってしまうことも…。

基本的に必要な保湿成分は40代の頃と変わりませんが、50代のお肌は40代よりも刺激に弱くなっているため、よりシンプルで肌に優しい化粧水を選ぶことが望ましいでしょう。

40代におすすめの化粧水TOP3

【1位…ビーグレン QuSomeローション】

内容量:120ml
価格:5,400円
初回トライアルセット:1,800円

持続型保湿に着目したエイジングケア化粧水。お肌に17時間とどまり続ける潤いで、加齢により硬くなったお肌を解きほぐします。表皮を活性化させて弾力を与える「EDP3」、角層を整える「ホメオシールド」など、お肌にじっくりとどまり続ける美容成分配合。毛穴や乾燥、たるみ、シワなどの様々な年齢肌トラブルにおすすめです。

毛穴悩みや乾燥、小ジワなど…色々気になることはあったのですが、ビーグレンを使い始めてから肌の調子がすごく良いです。エイジング化粧水ということですが、ベタつかずさらっとした使い心地で私好みでした。どんな肌質の人でも使える化粧水ってなかなか無いので重宝してます。(46歳/女性)
とろみはほとんどなく、すごくあっさりした化粧水なのに保湿力が圧倒的に高いです。初めて使った日から、日中の肌の乾燥や毛穴開きが気にならなくなって、こんなに潤う化粧水があるのかと感動しました。少量でもしっかり潤うので結構長持ちする点も気に入っています。(48歳/女性)

⇒ビーグレンの公式サイトはこちら!

【2位…アテニア ドレスリフトローション】

内容量:150ml
価格:3,296円
初回トライアルセット:1,500円

独自原料である「発酵コラーゲン」「クインスシードエキス」配合で、お肌にしなやかでふっくらとしたハリを与えます。濃厚なとろみ化粧水が、瞬時に角質層まで浸透して、もちもちな素肌へ。最先端3D美肌成分が、乾燥による開き・たるみ毛穴を防ぎ、うるおいを豊かに保ちます。お手頃価格で手に入るのもポイントです。

とろみのあるテクスチャーですが、お肌に伸ばすと驚くほどスッと浸透します。とろみ系の化粧水は肌の表面に残りがちですが、これはしっかり馴染んでとてもいい感じです。気になる箇所だけ重ね付けすれば、翌朝までしっとりモチモチなお肌が続きました。(44歳/女性)
カサカサお肌がしっとりスベスベになります!お肌の表面だけじゃなく、内側までしっかり保湿される感じで、毛穴が目立っていたお肌がふっくら♪とろっとした使用感なので、コットンより手のひらでパッティングの方が馴染ませやすかったです。(42歳/女性)

⇒アテニアの公式サイトはこちら!

【3位…アヤナス 濃密化粧水】

内容量:125ml
価格:5,000円
初回トライアルセット:1,480円

ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌・乾燥肌向けのブランドです。通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノスフィア」がお肌の奥まで浸透し、ぷるっと若々しい肌へ。見た目年齢を左右するたるみ毛穴を改善します。アルコール不使用・合成香料不使用でお肌にストレスを与えにくいため、敏感肌でも安心して使える化粧水です。

初めて使うエイジングケア化粧水にはアヤナスがおすすめです。とろっとした液なのに、肌馴染みが良くてスッと浸透していきます。肌がサラサラなのに保湿感は十分あり、刺激も少ないので誰でも使いやすい化粧水だと思います。(45歳/女性)
肌がみずみずしくなります。透明な液体で、すっごく伸びが良いです。ハンドプレスするとぐんぐん浸透していく感じがして、乾燥しやすいお肌もしっかり潤います!使用目安は3プッシュですが、夏場は2プッシュでも十分保湿されました。(40歳/女性)
⇒アヤナスの公式サイトはこちら!

50代におすすめの化粧水TOP3

【1位…アスタリフト モイストローション】

内容量:130ml
価格:3,800円
初回トライアルセット:1,000円

3種のコラーゲンとヒアルロン酸Naがお肌に必要な水分をしっかりと保持して、乾いたお肌に潤いとハリを与えます。独自技術でナノ化したハリ肌成分「アスタキサンチン」配合で、角質まで美肌成分が浸透。ダマスクローズの香りでリラックスしたスキンケアタイムを演出します。

使い始めて3日でお肌の調子が良くなりました!赤い色の液体なので、最初はびっくりしますが、しっかりと浸透してぷるっぷるに潤してくれます。乾燥して毛穴バサバサのお肌でも、昔のようなふっくらハリのあるお肌が蘇りますよ。私的にはすごくおすすめの化粧水です。(50歳/女性)
朝使うと、日中の化粧崩れが減ります。サラサラとした化粧水なので保湿感に不安があったのですが、ベタベタしないだけでしっかり働いてくれてるんでしょうね。かれこれ3本くらい購入していますが、時期に関係なく、気持ちよく使える化粧水だと思います。(55歳/女性)

⇒アスタリフトの公式サイトはこちら!

【2位…ミューノアージュ モイスチュアチャージローション】

内容量:150ml
価格:4,500円
※今だけ500円クーポン有り(公式サイト)

皮膚科医共同開発のハリ弾力化粧水。肌荒れ感知「マイクロカプセル」と「ペプチド」のW効果で、美容液のような濃厚なしっとり感を目指します。肌に浸透して潤いを持続させるナノ化ヒアルロン酸配合。敏感肌の方にも優しい無添加処方です。

美容皮膚科でサンプルを貰いました。肌に押し込むようにしっかり浸透させると、手に吸い付くほどモチモチになって、お肌に潤いが入り込んだ感じがします。とろみが強いので、普通∼乾燥肌向きですね。手のひらに残った化粧水を首まで塗っていたら、首のシワが少し薄くなりました。(58歳/女性)
ずっと悩んでいた毛穴の開きが目立たなくなってきました。加齢のせいで諦めていた毛穴ですが、しっかり保湿してあげると改善するんですね。こちらの化粧水を使い始めてから、お肌を人に褒められることが多くなりました。(57歳/女性)

⇒ミューノアージュの公式サイトはこちら!

【3位…エトヴォスモイスチャライジングローション】

内容量:150ml
価格:3,200円
初回トライアルセット:1,900円

年齢と共に減少するセラミドを補う化粧水。人の肌と同じ「ラメラ構造」を採用した独自の配合バランスで、セラミドが角層まであっという間に浸透します。高保湿成分の「ヒアルロン酸」「天然保湿因子NMF」、しっとりやわらかな肌へと導く「植物プラセンタ」「スクワラン」配合。

少しとろみのある化粧水で、お肌に塗ると程よくしっとり感があります。私の場合は、ベタつく化粧水は肌が荒れてしまうのですが、エトヴォスはしっとり保湿されるのに肌荒れしませんでした。(56歳/女性)
乾燥が酷くて毛穴に悩んでいたのですが、こちらの化粧水を試して正解でした。塗ってから30分立っても、しっとりモチモチ感が続いて、ついついお肌に触れたくなってしまいます。今では乾燥していたところが全部スベスベです。(53歳/女性)
⇒エトヴォスの公式サイトはこちら!

もっと効率的に毛穴ケアをするなら!

あなたのお肌に合う化粧水を見つけたら、さらに効果を引き出すために化粧水の正しい使い方も見直したいところですね。正しい使い方をするだけで、化粧水が浸透しやすくなったり、お肌へ余計なダメージを与えるのを防ぐことができたりと嬉しい効果が沢山あるんです。

化粧水の効果的な使い方

化粧水の塗り方は「手のひら派」「コットン派」でわかれますよね。それぞれの方法ごとに、肌に負担をかけない化粧水の馴染ませ方をみていきましょう。

【手のひらで化粧水を塗る場合は…】
①手のひらに化粧水を適量とる
②化粧水を温めるように両手に馴染ませる
③手のひら全体を使って、顔を包み込むように馴染ませる

化粧水を塗る前に体温で温めてあげると、お肌に馴染みやすくなると言われています。また、化粧水を顔に行き渡らせる時には、手でこするように広げるのではなく、1カ所ずつ順番に手のひらを置くようなイメージで浸透させていきましょう。

【コットンで化粧水を塗る場合は…】
①コットンに化粧水を染み込ませる
②コットンを中指と薬指の上にのせて、人差し指と小指で端を固定するように持つ
③内側→外側に向けて、優しくポンポンと馴染ませていく
④コットンを折りたたんで、小鼻や目元など隅々まで化粧水を馴染ませる

コットンは手のひらよりも凹凸が少ないため、化粧水を満遍なく塗りやすいなどのメリットがあります。コットンの値段はピンからキリまでありますが、できるだけ繊維が柔らかく毛羽立ちにくい綿のものを選びましょう。

【実はNGな化粧水の使い方は?】
◆お肌への浸透力を高めるために、化粧水を何度もすり込むように塗ったり、叩きつけるように塗っている人は要注意!このような化粧水の塗り方は、40代∼50代のデリケートなお肌には刺激が強すぎてしまいます。
◆コットンを使って化粧水を塗るときには、化粧水の量が少ないのは絶対ダメです。乾いたままの部分が擦りつけられると、お肌の表面に小さな傷がついてしまいます。化粧水は適量使うことが望ましいですが、コットンを使う場合には、コットンの隅々までしっかり塗布しましょう。

まとめ

40代∼50代のお肌は、とても敏感で肌ストレスがたまりやすい状態です。お肌が本当に必要としているケアをしてあげることで、疲れた素肌を健やかで美しい状態にリセットしてあげてくださいね。

また、年齢を重ねるごとにお肌は潤いを保持することが難しくなっていきます。そのため、化粧水だけでなくスキンケア全体を通してしっかり保湿対策ができると良いでしょう。

年齢に合わせたスキンケアでしっかりとお肌の状態を整えて、悩みゼロのすべすべ肌目指しましょう!

[スポンサードリンク]