毛穴が開く原因とは…乾燥が毛穴を大きくするって本当?

[スポンサードリンク]



ポツポツと毛穴が目立つのは、毛穴が開いている証拠。

見た目にも綺麗じゃないうえに、ファンデーションが落ち込んで化粧崩れの原因になってしまったり…。女性にとって「毛穴の開き」は大敵ですよね。

では、どうして毛穴は開いてしまうのでしょうか?毛穴対策をするうえで、毛穴が開く原因については必ず知っておきたいところ!

今回は、毛穴が開く原因についてご紹介していきます。

毛穴が開く原因は乾燥だった!

毛穴に黒ずみや汚れが詰まっているわけではないのに、毛穴が開いて目立ってしまう…。そんな毛穴開きの原因は、「乾燥」だと言われています。

乾燥によって、肌のキメが荒くなると、毛穴が大きくなり目立つようになってしまいます。

では、どうして乾燥が、肌のキメを荒くして毛穴を目立たせてしまうのでしょうか?

肌のキメと毛穴の関係

わたしたちの肌は、いくつもの細胞の層によって構成されています。肌の内側で誕生した細胞が、成長とともに肌の外側へと移動して、最終的には角質となって自然に剥がれ落ちていきます。

その中で、肌のキメと関係しているのが、一番外側にある細胞の層「角質層」です。角質となって剥がれ落ちる直前の層です。

角質層は、水分を保持して肌を保湿したり、外的刺激からお肌を守るバリア機能の働きをしています。角質層に水分がしっかりと保持されていると、肌はふっくらと柔らかい弾力を持ち、いわゆる”キメの細かい肌”と呼ばれる状態になります。

キメの細かい肌は、肌がふっくらとしているため、毛穴の入り口がキュッと締まって見えます。

肌のキメが荒くなると、毛穴が開く原因に…

肌のキメは、毛穴を目立たなくするために重要です。

しかし、この肌のキメを荒くしてしまうのが、肌の乾燥なのです。

乾燥したお肌は、角質層が水分を失った状態にあります。角質層が水分を失ってしまうと、肌から柔らかさやふっくらとしたハリがなくなります。

このように水分不足で弾力性を失った肌は、収縮し、毛穴を大きく見せてしまいます。 

さらに、この状態になってしまった肌は、とても不健康な状態。肌本来の、細胞を生まれ変わらせる機能(ターンオーバー)が働かなくなり、不要な角質が剥がれ落ちずにどんどん溜まっていくようになってしまいます。

肌の表面が不要な角質ばかりになってしまうと、さらに乾燥がすすんで、固くゴワゴワとした肌に…。

キメが荒く、毛穴の開きが目立つ肌になってしまうのです。

毛穴開きについてさらに詳しい解説はこちら

皮膚の過剰分泌にも要注意!

乾燥による、皮脂の過剰分泌も毛穴が開く原因になります。

肌は水分を失うと、皮脂を大量に分泌することによって、肌表面の潤いを取り戻そうとします。

しかし、このときに皮脂の出入り口となる毛穴が、皮脂を沢山出すために大きく広げられてしまいます。これも、毛穴が開く原因となってしまうのです。

本来、皮脂は”天然の乳液”の役割をするため肌にとって必要な物です。しかし、皮脂の過剰分泌は、毛穴が開く原因や毛穴が黒ずむ原因にもなるので注意が必要です。

特に”Tゾーンから鼻周り”は、他の部位よりも毛穴の数が多いため、皮脂の過剰分泌による毛穴の開きが起こりやすいと言われています。

毛穴が開くNG習慣とは?

毛穴が開く根本的な原因は、「乾燥」でした。しかし、肌の乾燥の他にも、外部の刺激や生活習慣が毛穴が開く原因になっている場合もあります。

外部の刺激や生活習慣が原因で、毛穴が開いてしまうのには、次のような場合が考えられます。

メイクをきちんと落とせていない

仕事などをしていると、毎日メイクが欠かせない女性も少なくありませんよね。

このメイクですが、メイク落としがきちんとできていないと毛穴開きの原因になります。

ファンデーションなどのメイクの汚れは「油汚れ」です。そのため、落としきれなかったメイクの汚れが毛穴に詰まると、角栓やニキビの原因になります。

角栓を取ったり、ニキビを潰してしまったときに、毛穴がぽっかりと開いたまま残ってしまい、毛穴が開く原因になる場合があります。

手や髪が何度も顔に触れる

手や髪は、普段から様々なモノや空気などに触れる為、雑菌が付着しています。

雑菌がついた手や髪が顔に触れると、顔にも雑菌が移ってしまいます。雑菌は汚れなので、顔についてしまうと皮膚を刺激したり、毛穴を詰まらせたりして、毛穴が開く原因になってしまいます。

手で顔を触る癖がある人、髪が顔にかかりやすい人は、雑菌が原因で毛穴が開いているかもしれません。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンには、皮脂の分泌を促すプロゲステロンと皮脂の分泌を抑えるエストロゲンの2種類があります。

生理やストレスが原因で、ホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌を促すプロゲステロンが増えると、皮脂の分泌量が増えて肌がベタつくことがあります。

また、女性の体内には、男性ホルモンも少なからず存在しています。

男性ホルモンには皮脂を活発に分泌する作用があるのですが、加齢などが原因で女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位になって皮脂の分泌量が増える場合もあります。

ホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌が過剰になると、皮脂を沢山分泌するために毛穴が大きくあけられるので、毛穴開きの原因になります。

[スポンサードリンク]