毛穴汚れや黒ずみの原因!実は肌が乾燥していたから…

[スポンサードリンク]



ポツポツと目立つ毛穴の汚れ…。
どうにかしてポツポツを消そうと、洗顔や毛穴パックを頑張っている人も多いはず。

そこであなたに質問ですが、そもそも毛穴が汚れてしまう原因について知っていますか?

どうして毛穴が汚れるのかハッキリと分からないまま毛穴ケアをしても、努力の方向がズレてしまうかも!
さらに間違った毛穴ケアは汚れを黒ずませて、より汚く見せてしまう危険もあるのです…。

今回は、毛穴の汚れが出来てしまう原因について詳しく説明していきます。

毛穴に汚れが詰まる原因は?

毛穴に詰まっている汚れの正体を知っていますか?

角質、皮脂、角栓…などの言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、毛穴に詰まっている汚れは、まさに角質と皮脂が混ざり合ってできた『角栓』なのです。

そこで、毛穴汚れの正体=角栓ができる原因と、角栓が毛穴に詰まってしまう理由について説明していきます。

実は、角栓が毛穴に詰まる根本的な原因は『乾燥』だと言われています。

私たちの肌は、ターンオーバーという細胞の生まれ変わりによって肌を健康的に保つことができます。通常、ターンオーバーは28日間で完全に細胞が生まれ変わり、不要になった古い細胞(=角質)は自然に剥がれ落ちていきます。

しかし、乾燥している肌は、このターンオーバーの周期が早まっている状態にあります。

ターンオーバーの周期が早まるということは、細胞が未熟な状態で肌の表面に出てきてしまうということです。

本来、一番肌の外側に位置する角質層は、肌のバリア機能を担っています。バリア機能には、肌に水分を保持したり、外部からの刺激を防いだりする役割があります。

しかし、角質層が未熟な細胞のままだと、バリア機能が十分に発揮できずに、水分の保持力が低下して乾燥しやすくなってしまうのです。

バリア機能に関して、詳しくはこちら
乾燥とバリア機能の関係

乾燥したお肌は、潤いを取り戻すために角質を溜め込み、皮脂を過剰に放出するようになります。

すると、過剰に分泌されてしまった余分な皮脂が、角質やファンデーションなどのメイク汚れと混ざり合い、角栓となって開いた毛穴に詰まってしまうのです。

角栓自体はもともと透明~白色なのですが、この角栓が毛穴に詰まると、毛穴が余計に開いて見えたり、白いものがニョキっと飛び出して見えたりして、非常に汚い印象を与えてしまいます。

メラニンが蓄積して黒ずみに…

乾燥が原因で角栓が毛穴に詰まってしまうことはお分かりいただけたと思います。

しかし、乾燥による毛穴汚れはこれだけでは終わらないのです。

ターンオーバーが早まると肌のバリア機能が十分に発揮できないと言いましたが、その他にも『メラニン色素』を排出できなくなるという問題点があります。

メラニン色素は、肌が紫外線などの強い刺激を受けたときに生成される黒色っぽい色素で、肌細胞を刺激から守る役割を担います。

このメラニン色素は、本来なら角質とともに剥がれ落ちていくため害はないです。しかし、乾燥によってターンーオーバーが早まった状態では、メラニン色素も角質とともにお肌の表面に溜め込まれてしまいます。

このメラニン色素を含んだ角質と皮脂が混ざることで黒い角栓が出来てしまうことがあるのです。

黒い角栓、メラニン毛穴について詳しくはこちらで解説しています
黒ずみ毛穴の原因と対処法

スキンケアにも要注意!

自分でいいと思ってやっているスキンケアが、実は毛穴汚れの原因になっている場合もあるので注意が必要です。

特に、毛穴汚れの原因になりやすいスキンケアについてご紹介しますので、もし今やってしまっている場合には見直してみてくださいね。

オイルクレンジングをしている

メイク落としにオイルクレンジング剤を使っている方は、要注意です!

1度でしっかりとメイクが落とせることで人気のオイルクレンジングですが、実はメイクを落とすための界面活性剤が大量に含まれているのです。

界面活性剤とは、油汚れを水で洗い流しやすくするためのものなのですが、メイクによる油汚れと同時に肌の潤いに必要な油分や水分も全て落としてしまいます。

そのため、肌の乾燥を引き起こしやすく、毛穴詰まりの原因をつくってしまう恐れがあります。

クレンジング剤は、肌に触れる時間が長いほど水分や油分を奪ってしまうので、オイルクレンジングをする場合には、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。

毛穴パックによる毛穴ケア

角栓がごっそり取れることで人気の毛穴パックですが、これも実は毛穴にとって逆効果なんです。

毛穴パックで角栓がごっそり取れる理由は、それ相応の強力な粘着力があるからです。

この粘着力は、毛穴パックを肌から剥がすときに、不要な角栓と同時に肌の角質までむしり取ってしまいます。(パックを肌から引きはがす時のダメージもとても大きいです…!)

無理やり角質がはがされると、肌の水分保持力が低下してしまい乾燥に繋がるので、毛穴詰まりを起こしてしまいます。

毛穴パックは、一見汚れがなくなったかのように見えるのですが、実際には毛穴詰まりを繰り返す原因になりますし、その他にも肌への負担が大きいため肌トラブルを引き起こす危険が伴います。

今、毛穴パックを使って毛穴ケアをしている方は、一旦毛穴パックの使用を控えてみるといいかもしれませんね。

まとめ

毛穴汚れの原因はお分かりいただけたでしょうか?

あらゆる毛穴汚れの原因は、お肌の『乾燥』でしたね。
毛穴の悩みを改善するためには、乾燥対策をしっかりとして、お肌の保湿ケアに力を入れてみましょう。

[スポンサードリンク]