加齢のせい…?たるみ毛穴・帯状毛穴ができる原因とは

[スポンサードリンク]



「顔の毛穴が気になる!」という悩みは、どの年代の女性にも多くみられます。

その中でも、年齢とともに目立つようになるのが毛穴の開き。特に、「たるみ毛穴」「帯状毛穴」は、年齢を重ねた女性が特に注意するべき毛穴トラブルです。

症状がたるみや帯状でなく丸いタイプの毛穴開きの場合は毛穴開きの記事をご参照くださいね。

たるみ毛穴・帯状毛穴とは?

「たるみ毛穴」とは、楕円形に広がった毛穴の開きのことを指します。

特に、30代以降の女性に多く見られる症状で、加齢による肌のたるみが原因で毛穴が広がってしまいます。

肌がたるむと、重力によって皮膚が下に引っ張られるため、皮膚の重みで毛穴が縦に引っ張られて、毛穴が引き延ばされてしまいます。

また、この縦に引き伸ばされたたるみ毛穴同士がくっついてしまうことで出来るのが、「帯状毛穴」です。毛穴同士が連結しているため、小ジワのような形状をしています。

たるんだ皮膚にはハリがないため、このようなたるみ毛穴や帯状毛穴が余計に目立ちやすいのです。

たるみ毛穴ができる原因

たるみ毛穴ができる原因は”肌のたるみ”ですが、肌がたるんでしまう原因には、皮膚の構造と筋肉が関係しています。

たるみ毛穴の原因①皮膚の構造

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層によってつくられています。この3つの層のうち、肌のたるみやたるみ毛穴と関係があるのが、真皮です。

真皮は、主にコラーゲンエラスチンという成分からできています。

コラーゲンと言えば、市販の化粧水や美容ドリンクにもよく含まれていますが、タンパク質の中のひとつです。コラーゲンは真皮の大部分を占めています。

真皮のコラーゲンは網目状の形をしていて、その形状を維持するために役立っているがエラスチンです。エスラチンは、繊維状のタンパク質で、このエラスチンの働きによって肌に弾力が生まれます。

しかし、コラーゲンやエラスチンをつくる肌細胞が年齢とともに衰えてくるため、コラーゲンやエラスチンなどの成分は年齢とともに減少してしまいます。

そして、コラーゲンやエラスチンが減少すると、真皮は形状が維持できなくなります。真皮は表皮を支える土台のような役割をしているため、この土台が緩むことで表皮つまり肌の表面がたるんでしまうのです。

そうすると、肌のたるみに合わせて毛穴が縦に広がってしまい、たるみ毛穴がつくられてしまいます。

たるみ毛穴の原因②筋肉

表情筋とは顔の筋肉のことなのですが、表情筋が衰えることでも肌のたるみは発生します。

もともと顔の肌は、表情筋の上に脂肪があり、その上に皮膚がのっています。そのため、表情筋と脂肪と皮膚はそれぞれ繋がっていて、表情筋によって脂肪や皮膚が支えられています。

表情筋も体の筋肉と同じで、使わないでいると徐々に衰えていきますし、加齢による衰えもあります。そして、表情筋が衰えると、その上にのっている脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。

その結果、重力に負けて皮膚にたるみが生じてしまうのです。そして、皮膚の重みで毛穴が広がり、たるみ毛穴となります。

コラーゲンの減少による真皮の衰えや表情筋の衰えなどによって、肌の土台が緩くなり弾力がなくなることで、肌表面がたるむことがたるみ毛穴の原因と言えますね。

帯状毛穴ができる原因

帯状毛穴とは、毛穴同士が連結してシワのように線状になったものを指します。

帯状毛穴ができる原因には、たるみ毛穴の悪化や乾燥などが挙げられますので、個別に見ていきましょう。

帯状毛穴の原因①たるみ毛穴の悪化

たるみ毛穴は、縦に広がった楕円状をしています。そのため、たるみ毛穴を放置すると、広がった毛穴の溝が連結してしまいます。これが帯状毛穴です。

帯状毛穴は、毛穴同士がつながってできているため、小ジワのように見えます。

帯状毛穴になってしまうと、たるみ毛穴よりも改善に時間がかかってしまうので要注意です。

頬など、触ると皮膚が柔らかい部分は皮下組織が分厚いため、肌がたるみやすいです。肌がたるみやすい部分は、毛穴も広がりやすいので、帯状毛穴となってシワのように目立ってしまうことも多いのです。

帯状毛穴の原因②乾燥

すでに毛穴が伸びている状態でなくても、乾燥によって帯状毛穴になる場合があります。

肌が乾燥すると、水分不足で干からびた肌はハリを失うために委縮します。委縮した肌は、皮膚が縮んで引っ張られるため、毛穴が広がってしまいます。

さらに、乾燥した肌は、潤いを取り戻すために皮脂を過剰に分泌します。すると、皮脂を分泌するために毛穴が余計に広がってしまい、広がった毛穴同士がくっつくことで帯状毛穴がつくられてしまうのです。

また、乾燥は肌のターンオーバーを乱れさせてしまいます。ターンオーバーの乱れは、肌の表面に古い細胞を溜め込んでしまう原因になり、肌のキメを荒くします。

キメの荒い肌は、毛穴が目立ちやすいため、帯状毛穴を余計に目立たせてしまいます。まさに乾燥はお肌の大敵を表してますね。

まとめ

たるみ毛穴や帯状毛穴の症状は、肌の水分量が低下する30代以降によくみられます。

加齢による原因も大きいのですが、保湿重視のスキンケアや表情筋のトレーニングなどによって、このような毛穴トラブルを悪化させないことは可能です。

たるみ毛穴や帯状毛穴になってしまう前にしっかり予防ができるといいですね。

[スポンサードリンク]