角栓を抜いたら大きな穴が…どうやって閉じればいいの?ケア方法は?

[スポンサードリンク]



角栓を抜いたら大きな穴が…どうやって閉じればいいの?ケア方法は?
黒く目立った鼻の黒ずみ(角栓)が気になってしまう人は多いですが、角栓の処理ってどうしてますか?

爪でぎゅーっと押し出したり、毛穴パックでスポッと抜いたりしていませんか?

角栓を抜くとすぐに毛穴が綺麗になった気がしますが、毛穴にぽっかりとが空いてしまい、その後のケアが余計に難しくなってしまうというデメリットがあります。

今回は、万が一、角栓を抜いてしまった場合にどのようなケアをすればいいのかについてご紹介していきます。

角栓を抜くのは避けましょう!

角栓に悩む女性

基本的に毛穴に詰まっている角栓は肌のターンオーバーと一緒に排出されるので、きちんとケアをしていれば放っておいても綺麗な毛穴をキープすることができます。

しかし、どうしても毛穴の角栓が気になって抜いてしまうということもあると思います。

角栓を無理矢理抜いてしまうと、細胞が傷つけられて穴が元に戻らなくなってしまったり、ターンオーバーが乱れたり、雑菌や刺激に弱くなってしまったり、過剰に皮脂を分泌するようになったりします。

角栓を無理矢理抜くということは、毛穴を傷つけてニキビ色素沈着凸凹肌といった肌トラブルの原因となってしまうだけでなく、新しい角栓を作りやすくしてしまう行為だということです。

角栓を抜いて「穴」が出来てしまったら?

毛穴を気にする女性

もしも角栓を抜いてしまったことでぽっかりと穴が空いてしまった場合は、まずは肌を健やかに保つことでその穴を改善していきましょう。

また、毛穴に穴が空いたままだと、メイクで隠すことができずに自然とファンデーションを厚くしがちです。

そのファンデーションをクレンジングできちんと落としきれずにメイク汚れが毛穴に詰まってしまって新しい角栓を作りやすくすることにも繋がります。

放っておくことでぽっかり穴は大きく開いた毛穴になってしまうので、すぐにケアすることが大切です。
では、ぽっかり穴はどうやってケアすればいいのでしょうか?

ぽっかり穴のケア方法①

まずは、クレンジングや洗顔についてです。

過剰な皮脂が分泌される主な原因のひとつに過度な洗顔があります。クレンジングや洗顔で失われた肌の保湿因子を補うために皮脂が分泌されてしまうからです。

角栓を無理に抜いてしまった毛穴は大きく開いており、ただでさえ皮脂が分泌されやすい状態なので、皮脂を洗い落とそうと過度にクレンジングや洗顔をするのは逆効果になります。

また、使用するクレンジング剤にも注意が必要です。

オイルクレンジングやシートタイプのクレンジングは洗浄力や肌への刺激が最も強く、ターンオーバーを乱れさせる原因になります。

角栓を抜いてしまって毛穴がぽっかり空いてしまっている時は、肌が傷つけられている状態です。そんな時はターンオーバーを正常に機能させることが必要です。

ぽっかり穴をケアする際のクレンジング剤は、洗浄力がゆるやかなクレンジングミルクやクレンジングクリームがオススメです。

そして、洗い流す時の水の温度にも注意しましょう!

基本的に「ぬるま湯」で洗顔するのが好ましいとされています。
皮脂をきちんと洗い流すために洗顔をする際の水温は35〜38℃のぬるま湯で行いましょう。

毛穴をキュッと引き締めるために最後は冷水で1〜2回すすいで洗顔を仕上げるのもおすすめです。

ぽっかり穴のケア方法②

角栓を抜いてしまった後の毛穴は細胞が傷つけられている状態です。

まずは肌を健康な状態に戻してあげることが大切です。そのためにはターンオーバーを正常化させる必要があります

しっかり化粧水で水分を与えて保湿してあげましょう。保湿することは、ターンオーバーを正常化させるだけでなく、水分を与えることで肌を内側からふっくらとさせることができるので、毛穴も目立ちにくくなります。

その際、毛穴をキュッと引き締める作用のある「収れん効果」のある化粧水を使用するのもオススメです。

そもそも毛穴に角栓が詰まっていたということは、肌が乾燥していてターンオーバーが正常に機能していなかったことや過剰に皮脂が分泌されていたことが原因だと考えられます。

きちんと保湿することはぽっかり穴のケアだけではなく新しい角栓を作らせないようにするためにも大切なポイントとなります。

角栓の穴を悪化させないための注意点は?

肌ケアの注意点

角栓を抜いた後のぽっかり毛穴が気になってついつい触ってしまったり、新しく角栓が詰まっているとまた抜いてしまったりしたくなりますが、1度空いた穴をキレイに塞ぐには時間がかかります。

基本的なスキンケアを丁寧に行い、過度に毛穴を触らないようにしましょう。
触ることで雑菌が繁殖してニキビや吹き出物といった別の肌トラブルがおこる原因にもなってしまいます。

きちんとケアをしているのなら「触らない!」ということを徹底しましょう。

まとめ

毛穴に詰まった角栓を抜いてしまったらすぐに毛穴を閉じるケアをするようにしましょう。
無理に角栓を取り除くのは絶対にやめて下さいね!

[スポンサードリンク]