顔脱毛で毛穴は消える?顔脱毛が毛穴に効果的な理由と注意点とは

[スポンサードリンク]



顔の産毛を脱毛することで、毛穴が目立たなくなるという噂をご存知ですか?
レーザーでの顔脱毛やエステサロンでの顔脱毛は美容に敏感な女性に人気のコースです。

「顔脱毛すると毛穴が目立たなくなるって本当?」
「毛穴が大きかったら、脱毛しても目立ったままじゃないの?」
という疑問がある方もいることでしょう。

そんな疑問にお答えしていきましょう。

毛穴レスな肌を目指したい!という方、顔の産毛を剃っているうちに毛穴が開いて目立つようになったという方、毎日の毛穴ケアだけでは満足できていない方は、顔の脱毛を視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

顔脱毛で毛穴は無くなる?

顔脱毛

顔の脱毛をすれば、毛穴が無くなるから肌がきれいになるはず!と思っている方は多いようです。
しかし、顔脱毛はあくまでも顔に生えてくる産毛を脱毛することなので、毛穴自体がなくなることはありません

確かに、永久脱毛をすれば、毛が生えてこなくなるので、毛穴もなくなる、と思うのも不思議ではありませんよね。

しかし、毛穴は体中にあるもので、毛以外にも皮脂を分泌して肌を外敵から守る役割を担っています。そのため、毛穴を無くすことはできませんし、脱毛をしたからと言って、毛穴そのものがなくなることはないのです。

それでも、顔脱毛をした多くの方が、「顔脱毛したら毛穴が小さくなった!」「まるで毛穴そのものがなくなったみたい!」と感じているのです。

『毛穴が目立たなくなる』が正解!

毛穴が目立たない肌

顔脱毛をすると、まるで毛穴がなくなったかのように毛穴が目立たなくなります。
毛穴が目立たなくなることで、メイクも楽しめますよね。
なんと言っても、肌の透明感は顔脱毛によって得られる最大のメリットです。

では、なぜ、顔脱毛をすると毛穴が目立たなくなるのでしょうか。

毛穴が小さくなる

毛穴は毛を生やすための穴なので、毛のサイズに合わせた毛穴のサイズが通常の毛穴サイズです。

顔脱毛を続けていくと、徐々に生えてくる毛が細くなり、次第に毛は生えなくなります。
それに合わせて毛穴も小さくサイズダウンしていき、毛が生えなくなると、「毛を生やす」目的を終えたため、毛穴も小さくなるのです。

毛穴がサイズダウンする、ということは小さく引き締まるということなので、皮脂の詰まりやメイク残しや汚れによって毛穴が黒くなることも少なくなります。

それによって毛穴も目立たなくなり、まるでなくなったかのように感じるようになるのです。

自己処理で肌を傷つけない

顔脱毛をすることで、産毛の自己処理頻度が減り、肌に対する刺激が軽減します。
それによって化粧水や美容液などが肌に浸透しやすくなり、肌にハリが生まれるようになるので、毛穴もキレイになっていきます。

頻繁に顔の産毛を剃っていると、知らないうちに、肌を刺激し、傷つけていることも多く、乾燥肌の原因にもなります。

また、カミソリやシェーバーでの顔の産毛処理をすると、毛穴に毛が残ることが多く、それによって、毛穴が黒く見えてしまうことも少なくありません。

顔脱毛は毛根から毛を抜いていくため、黒く残ることもなく、また肌を傷つけてしまうこともありません。

化粧ノリが良くなる

顔脱毛することで、メイクのノリが良くなります

顔の産毛があると、顔色が暗く、くすんで見えてしまいがちです。
産毛とはいえ毛穴なので、穴の影があります。小さい毛穴ですが、それが集合体となれば、影は顔全体を曇らせるようになり、くすんでいるように見えてしまうのです。

毛穴が顔脱毛によって引き締まるため、メイクの乗りも良くなるのです。

さらに、化粧水や美容液など基本的なケア成分もよく浸透しやすくなり、キメが整った肌を再現できるようになるので、メイクもキレイに乗るようになります。

顔脱毛の注意点は?

女医と相談する女性

顔脱毛を受ける時には、クリニックなどできちんと注意点などの説明を受けることが大切です。

特に、顔脱毛後の肌は敏感なので、脱毛後のケアをしっかりと行うことが、重要です。
クリニックやエステサロンでレーザー照射で顔脱毛を受けた場合には、照射出力が肌に合わず、火傷が起こることもあります。

脱毛後、あれ?と感じたら、すぐに施術を受けたクリニック、サロンに相談してください。
また、脱毛後は必ずケアを十分にしてあげましょう。

保湿を十分におこなう

脱毛期間中は特に念入りに保湿を行いましょう。
どんな肌トラブルに対しても保湿は基本。しっかりと行い肌トラブルを回避しましょう。

水分保持力が抜群なのが、セラミドです。
セラミドは細胞間脂質の約40%を占め、水分を強力に挟み込みキープする特性があります。湿度が下がっても、水分がキープできる最強の保湿成分です。

セラミドが高配合されている美容液などで、潤いをキープすると、肌がふっくらとし、なおのこと、毛穴レスな肌になります。

脱毛の注意事項を守る

脱毛後は、肌が敏感になっているので、注意事項をしっかりと守りましょう。

特に注意したいのが、飲酒や激しい運動、入浴です。顔脱毛当日は、肌が敏感なので、体温が上がるようなことをすると、顔に痒みや赤みが出ることがあります。

飲酒や入浴(湯船につかる)は、体温が上がり、敏感な状態になっている肌に刺激を与えてしまいます。
飲酒や湯船につかるのは、1日開けてからにしてください。

また、運動によって汗をかくと、雑菌の繁殖を招きます。施術後の敏感な肌が雑菌の繁殖によって炎症を起こしてしまうとも限らないので、運動は最低でも3日程度は開けるようにしてください。

まとめ

顔の産毛をなくす顔脱毛を行うことで、毛穴が目立たない毛穴レスになることができます。
自分でカミソリで剃っていると、毛穴が目立つようになるだけではなく、肌に刺激が加わり、ニキビの原因にもなってしまいます。

毛穴レスな肌を目指すなら、顔脱毛はオススメ。
エステサロンよりも医療脱毛のほうが、行っているところも多く、料金もエステサロンに比べて安い傾向にあります。中には5万円以下でできるところもあります。

脱毛後の肌は、本当に陶器のように真っ白な肌になることも可能です。
何より、毛穴が目立たなくなるのは、脱毛の1番のメリットですよね。

毛穴レスして陶器のような肌を目指してみませんか?

[スポンサードリンク]