ケミカルピーリングでニキビ跡が綺麗に?自宅でできる?効果やリスクは?

[スポンサードリンク]



ケミカルピーリングをすると、ニキビの跡が目立たなくなったり、ニキビができにくくなる。

という話を聞いたことがある人も多いと思います。
では実際、ケミカルピーリングとはどんな方法で行い、どんな効果が期待できるのでしょうか。

今回は、ケミカルピーリングの施術方法とその効果をまとめました。施術を受ける前に確認していきましょう。

ニキビ跡のセルフケアが知りたい場合はこちらをご参考ください。
ニキビ・ニキビ跡を改善するスキンケア方法

ケミカルピーリングとは?

ピーリングを受けている女性

ピーリングとは英語の「Peel」:「皮をむく」からきていて、美容のためのケミカルピーリングとは、肌表面の0.02mm程度に薬剤を作用させ、肌に溜まっている古い角質を溶かして取り除くことでターンオーバーを正常に整えて、肌をきれいにする方法のことをいいます。

ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まると、肌はニキビの他にも様々なトラブルを引き起こします。そのため、ケミカルピーリングでターンオーバーを整えることは美肌を作るための効果的な手段といえます。

肌をピーリングするために使われる薬剤には、「サリチル酸」・「グリコール酸」・「トリクロロ酢酸」など、様々なピーリング剤があり、肌の状態に合わせてどの薬剤を使うか決めていきます。

セルフピーリングとの違いは?

ピーリングには医療機関で行われるケミカルピーリングと、自宅で行うセルフピーリングがあります。

医療機関で行われるケミカルピーリングは、医師が一人ひとりの肌の状態に合わせて適切なピーリング剤を使って治療を行います。ピーリングの種類やピーリング剤の濃度を症状に合わせて決定し治療を進めるため、安全で効果が早く現れやすくなります。

自宅で行うセルフピーリングとは、市販されているピーリング剤が含まれた洗顔料や美容液を使って行うピーリングです。ピーリング剤の成分濃度を低くしてトラブルが起こらないように低刺激で作られています。正しく使うことで自宅でも安全にピーリングが行なえます。

ケミカルピーリングの効果

ターンオーバーの様子

ケミカルピーリングは、いらなくなった古い角質を溶かして取り除いて、ターンオーバーを正常にする働きをしてくれるので、ニキビ跡だけではなく、ニキビができにくい肌へ改善してくれたり、毛穴の黒ずみ・毛穴詰まりなど、古い角質が残り続けることが原因で起こる肌トラブル全般に効果が期待できます。

具体的には、ニキビ跡はターンオーバーが正常になることで古い角質がなくなり、新しく健康的な表皮に生まれ変わります。更に、ピーリングによる刺激で、ニキビによって傷ついた真皮の周りにあるコラーゲンが生成され、肌の凹凸を目立たなくしてくれる効果があります。

ニキビの原因は毛穴の詰まりにあります。ケミカルピーリングによるニキビへの効果は、毛穴に詰まった古い角質を取り除くことでニキビのできにくい肌にし、ターンオーバーを正常にして新しくきれいな肌を生成するように働きかけることです。

シミもケミカルピーリングによる効果が期待できます。ターンオーバーが正常化すると肌表面に留まっているメラニンがだんだん浮き上がっていき、古い角質と一緒に剥がれ落ちることでシミが薄くなることが期待できます。

効果を実感できる回数・頻度は?

ケミカルピーリングは一度の治療ですぐに効果が現れるものではありません。肌の状態にもよりますが、10回程度の治療で効果が実感できる場合が多いようです。

安全とはいえ刺激の強い薬剤を添付することになるので、肌はダメージを受けた状態になります。そのため連続して何回も治療を受けることはできません。目安としては2周間~1ヶ月に一度になります。効果が出るまでに長い期間が必要になるので、そのつもりで治療をスタートさせましょう。

ケミカルピーリングの失敗は?

日に焼けている女性

ケミカルピーリングは肌の状態に合わせて正しく行えば安全な治療方法ですが、使われる薬剤は刺激の強い成分です。場合によっては、肌が火傷状態になる痒みが出る痛み極度の乾燥になるなどの症状が発症することもあります。

このような症状が出るのは、ピーリング剤が肌に合わなかったことが原因だと考えられます。ケミカルピーリングの経験が浅い医師による薬剤の選定や、元々肌が弱い体質の場合また、その時の体調によって肌が刺激を受けやすい状態にある場合などはケミカルピーリングの副作用がでやすくなります。

その他、治療後のアフターケアが不十分な場合にも副作用が出やすくなります。治療後の冷却が足りなかったり、保湿が足りなかった場合も副作用が現れます。

ケミカルピーリング後の肌はとても弱くデリケートです。特に紫外線対策は万全に行いましょう。自宅に帰ってからのアフターケアを怠ることで副作用を引き起こすケースもあるので注意が必要です。

まとめ

ケミカルピーリングはニキビ跡など肌の悩みを解決してくれる有効な治療方法です。
その反面、刺激の強い薬剤を肌に添付することから副作用や失敗が起こらないように注意が必要な治療です。

治療を受けてから後悔しないように、医療機関を選ぶ際は経験豊富な医師がいることや、相談しやすい医師がいることなど信頼できる医療機関を選んで肌の悩みをなくしていきましょう。

[スポンサードリンク]