肌断食で毛穴トラブルが悪化…肌断食が失敗する原因とは?

[スポンサードリンク]



『肌断食』という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

一時、話題になった肌断食。肌断食で、
「肌質が劇的に良くなった」
「毛穴が消えた!」
という方がいる一方で、角栓やニキビなどが悪化してしまうケースもあるようです。

実際のところ、肌断食は肌に良いのでしょうか、悪いのでしょうか?また、場合によっては角栓やニキビなどの毛穴トラブルを引き起こしてしまう原因とは一体何なのでしょうか?

まずは、肌断食についておさらいしたあとで、肌断食による毛穴トラブルの原因について、詳しくみていきましょう!

肌断食は肌に悪いのか?

悩む女性

肌断食のやり方に関する本やネットの情報は沢山ありますが、その方法や肌断食のルールは人によって様々です。一般的には、肌断食方法に多少の違いはあっても、メイクやスキンケアを極力やめてしまう方法のことを指します。

例えば、食事に関する断食は聞いたことがある方も多いと思うのですが、何も食べずに胃腸を休めることで体調改善やデトックス効果を得ることができると言われています。

これと同様に、肌断食でもメイクやスキンケアなどの“肌へ使うもの”を極力減らすことによって、肌をリセットしたり、肌が本来持っているはずのバリア機能や保湿機能の働きを高めることを目的とします。

日頃、基礎化粧品(化粧水、美容液、クリームetc.)などを沢山使いすぎてしまうと、肌本来のバリア機能や保湿機能は低下しまうと考えられています。美容成分を大量に与えられることに慣れてしまった肌が、どんどん怠けてしまい、本来の機能を失ってしまうからです。

そこで、肌断食をすることで「肌が本来持つ機能を取り戻そう!」ということなのです。しかし、肌断食にもメリット・デメリットがあります。場合によっては、メイクやスキンケアをやめてしまうことによって肌荒れを起こしてしまうこともあり、一部では「肌断食は肌に悪い」とまで言われているので、一概に肌に良いとは言えないのです。

肌断食のメリット・デメリット

考える女性
【肌断食のメリット】
・毛穴が目立ちにくくなる
・ニキビや皮脂過剰が改善する
・スキンケアに手間や時間がかからない
・化粧品代が不要になる

肌断食の最大のメリットは、肌本来の機能を回復させられることです。肌断食をした人の中には、肌のキメが整って毛穴が目立たなくなったり、オイリー肌やニキビ肌の改善に成功した人もいると言われています。
また、メイクやスキンケアを最小限にするため、とにかく手間もお金もかからなくなるのも良いところでしょう。特にスキンケアに力を入れていた方の場合は、様々な基礎化粧品を使い分けるのにかかっていた時間がまるまる自由になるので、時短にもなりますね!

【肌断食のデメリット】
・肌荒れを起こす場合がある
・メイクができない(又は薄くなる)
・肌に合わない場合がある
・外部刺激や生活習慣の影響がダイレクトに肌に出る

肌断食のデメリットは、それまでのスキンケアを一変させることによって、肌荒れが起こりやすい事です。それまで基礎化粧品でごまかしていた肌のアラがしっかりと見えてしまうため、肌断食を始めた直後には、ガサガサとした乾燥状態や荒れた毛穴にショックを受ける人も少なくありません。
また、肌断食中はノーメイク又は薄いメイクが推奨されているため、普段メイクをしなければならない場合は、休日や長期休みにしか挑戦しにくい点もデメリットだと言えるでしょう。

肌断食の基本的なやり方

化粧品と鏡

肌断食には、「絶対にこうしなさい」というやり方は存在しません。
また、「長期的な肌断食」「週末だけ肌断食」「夜だけ肌断食」など、肌断食にもいくつか種類が存在します。

まずは、基本的な肌断食方法をみていきましょう。

①【長期的な肌断食】
・洗顔はぬるま湯か純石鹸のみ
・スキンケア用品は基本使用しない
・使用していいのはワセリンだけ

クレンジング剤は使用せずに、ぬるま湯や界面活性剤が配合されていない純石鹸のみで洗顔をします。クレンジング剤は肌の負担になる為、基本的にはノーメイクかお湯でまたは石鹸だけで落とせるメイク用品にチェンジするのが良いでしょう。

洗顔後は、基本的にスキンケアを一切しません。最初は肌が乾燥したりつっぱりが気になることもありますが、何もせずに放置しましょう。どうしても乾燥が気になる場合にのみ、ワセリンを気になる部分に塗ってOKです。

長期的な肌断食は、肌にとって非常にストイックな方法のため、一時的な肌荒れなどは気にせず根本的に肌質を改善したい方におすすめです。難しいルールなどは一切ないので、根気さえあれば誰でも挑戦しやすいですね。

②【週末だけ肌断食】
・週末だけメイクや基礎化粧品を使用しない
・水またはぬるま湯で洗顔
・金曜夜~日曜夜にかけて行う

金曜日の夜から日曜日の夜にかけて行う、週末だけの肌断食方法です。金曜日の夜から少しずつスキンケアを減らしていきます。金曜日はマイルドなクレンジング剤で化粧を落とした後、いつもの基礎化粧品はやめてワセリンで保湿を行います。土・日曜日は洗顔料や基礎化粧品は一切使わずに、水またはお湯洗顔だけで過ごしましょう。月曜日からは、いつも通りのメイク&スキンケアを再開しましょう。

外出の際も、日焼け止めなどは塗らないようにしましょう。ただし、断食中のお肌は外部刺激の影響を受けやすいため、日傘や帽子などで十分な紫外線対策を行ってください。

週末だけの肌断食は短期間で行えるため、平日は仕事が忙しい方やいきなり長期的な肌断食に挑戦するのが不安な方にはおすすめの方法です。

③【夜だけ肌断食】
・昼メイクはお湯又は石鹸で落ちるもの
・純石鹸で洗顔をする
・夜のスキンケアは何もしない

日中は、お湯または石鹸で落ちる化粧品をつかってメイクをすることができます。夜には、純石鹸を使ってメイクを落とし、その後は基礎化粧品を使わずに寝るようにしましょう。

比較的肌に優しい断食方法とも言えますが、より効果を実感したい場合には夜だけ断食をしながら徐々にメイクやスキンケアを減らしていくことが望ましいでしょう。

基本的には朝のスキンケア&メイクが出来るため、人前にでても恥ずかしくないのが夜だけ断食の良い所ですね。週末にまとめて休みが無い方や、徐々に肌断食に挑戦していきたい方におすすめの方法です。

肌断食の「肌荒れ期間」とは?

肌荒れ

肌断食を行うと、肌がスキンケアのない状態に慣れるまでに一時的に肌荒れを起こしてしまう『肌荒れ期間』に直面します。肌荒れ期間は、多くの場合2~4か月程度でおさまると言われています。

肌荒れ期間中には、肌が乾燥してカサついたり、皮脂の分泌が多くなったりと、一時的に肌荒れが悪化したような印象を受けてしまいます。これは、肌がバリア機能や保湿機能を回復するための準備(好転反応)なので、肌荒れしたからと言って慌てずに、まずは様子をみるようにしましょう。
肌断食は根本的に肌機能を回復させるものであり、即効性を期待するものではないため、長い目で見ることが大切です。

肌荒れはストレスになりますが、肌断食を行う際には「一時的に肌が荒れるのは仕方ないこと♪」という気持ちをもって、気楽に過ごすようにしましょう!
ただし、あまりにも肌荒れが酷くいつまでも治らない場合には、肌断食の仕方が間違っていたり、あなたに合っていなくて『肌断食失敗』の可能性もあるので注意が必要です。

毛穴が悪化…肌断食に失敗する原因とは?

注意

肌断食を始めると、肌の乾燥やニキビなど一時的な肌荒れに直面する場合が多いですが、あまりにも肌荒れが酷かったり長続きする場合には『肌断食失敗』の可能性もあります。

肌断食に失敗してしまうと、肌が過敏な状態が続いて炎症を起こしたり、乾燥してかゆみがでる場合があります。いつまでたっても症状が治らない場合には、皮膚科などで診察を受ける必要がでてきてしまいます。

また、このような肌断食の失敗を起こさない為にも、多くの人が間違ってしまいがちな『肌断食の5つの失敗例』をご紹介します。この失敗に注意するだけでも、肌断食の成功率はグッと上がるので、ぜひ意識して挑戦してみてくださいね。

失敗①急激なスキンケアの変化

スキンケア用品

普段からスキンケアを入念に行っている人に起きやすい失敗例です。

長年、スキンケアによって美容成分をたっぷり与えられる状態に慣れている肌の場合、突然保湿成分が絶たれてしまうと肌荒れの原因になります。ワセリンを塗ることによって酷い肌荒れを回避できる人もいますが、入念なスキンケアに慣れている方の多くは、肌のバランスを崩してしまいます。

そのため、肌断食を行う場合は、徐々に使用しているスキンケアを減らしていくところから始めましょう。
最終的目標はスキンケア用品を一切使わなくなることですが、いきなり全てをやめてしまと逆効果になる場合もあるので、まずは美容液⇒クリーム⇒乳液⇒化粧水といったように少しずつ肌を慣らしてくださいね。

失敗②洗顔方法が間違っている

顔を洗う女性

肌断食に挑戦する際、意外と手を抜いてしまいがちなのが「洗顔」です。

水やお湯で洗い流す場合は問題が無いのですが、石鹸を使いたい場合には、洗浄力の強い石鹸や洗顔フォームを使用するのはNGです。

洗浄力の強い石鹸や、洗顔フォームには界面活性剤が多く含まれている場合があります。界面活性剤は、肌のバリア機能を低下させる作用があるため、結果として肌本来の力を回復させることができなくなります。

肌断食をはじめる前に使用していた洗浄力の高い洗顔料をそのまま使い続けてしまう人が多いのですが、肌断食が失敗する原因となってしまいます。
洗顔料を選ぶ際は、自然素材にできるだけ近い物を選び、強い摩擦がかからないよう、よく泡立ててから優しく洗うようにしましょう。

また、洗顔後の乾燥対策でワセリンを塗る場合、顔全体に塗ってしまったり量を多くしてしまうと、翌朝の洗顔で落としきれなくなってしまいます。ワセリンを塗る場合は、乾燥がどうしても気になる部分だけに薄く塗るようにしましょう。

失敗③肌断食を中断する

手をかざす女性

肌断食を始めると、外からの保湿剤や美容成分の補給がなくなるため、初めはニキビや乾燥肌、毛穴トラブルなどの肌荒れを起こす場合があります。これらの症状は好転反応といって、肌が本来のバリア機能や保湿機能を回復させるために必要な過程なのですが、このタイミングで肌断食を中断してスキンケアを元に戻してしまうと、余計に肌荒れが悪化する恐れがあります。

あまり肌断食の知識がないまま挑戦してしまうと、好転反応で一時的に肌荒れが起こった際に、「肌断食に失敗した」「早くスキンケアを戻さなきゃ!」と焦ってしまうのですが、ここはひとまず我慢して様子を見ましょう。

肌断食は基本的に即効性のあるものではないので、途中で中断しなければならないような場合には、無理に挑戦しない方が無難かもしれません。

失敗④肌質に合っていない

肌が乾燥している女性

肌断食もスキンケア法の一種です。当然ながら、誰が行っても必ず肌が綺麗になるというものではありませんし、本来自分が持っている肌質以上に良くなることはありません。さらに、肌質によっては「合う」「合わない」がハッキリと分かれるスキンケア法でもあるので、肌断食を行う際にはきちんと知識をつけて挑戦するのが望ましいです。

もともと乾燥肌や敏感肌の方は、肌断食は合わない場合があります。また、加齢によって肌の水分量が低下している人にも合わない場合があるので注意が必要です。
無理に肌断食を行ってしまうと、乾燥肌がさらに進行したり、乾燥による肌トラブルを引き起こすこともあるので気をつけましょう。

また、体調がすぐれない時には、普段は肌が弱くない人でも敏感肌になっている場合があります。肌断食はストイックなスキンケア法でもあるため、体調がすぐれないときに行うのはやめておきましょう。

失敗⑤メイクをやめられない

コスメ

肌断食中にメイクを取り入れてしまうと失敗の原因になります。お湯や石鹸で落とせるメイク用品を使用することはできますが、極力ノーメイクで生活することが望ましいです。

仮にリキッドファンデーションなどを使ってしまうと、洗浄力の高いクレンジングを使う必要が出てしまい、肌の状態を改善させるのが困難になります。また、肌断食中は一時的に肌が荒れやすいデリケートな期間があるため、そのタイミングでクレンジングを使用すると肌荒れが悪化する原因となります。

働ていたり外出が必要な女性にとって、メイクをしないことは難しいかもしれませんが、肌断食を成功させるためには少しの期間我慢をすることも大切です。

肌断食に失敗したときの対処法

診察する女医

もし肌断食に失敗してしまった場合、どのように対処するのが望ましいのでしょうか?
自己流の対処を行って肌荒れが悪化してしまうケースもあるので、肌断食に挑戦するまえに対処法についても十分に知っておきましょう。

【スキンケアを急に戻さない】
肌断食による乾燥がワセリンだけでは対処しきれない場合には、なるべく化学成分が配合されていない保湿剤をつかって潤いを与えてあげましょう。急に以前使用していた大量のスキンケアに戻してしまうと肌がびっくりしてしまう可能性もあるので、必要最低限で肌に優しいものを使用してください。

【肌を必要以上に触らない】
肌断食で荒れている肌は、非常にデリケートで刺激に弱くなっています。刺激に弱くなった状態で、肌や髪が何度も触れてしまうと、肌ダメージが大きいだけでなく雑菌繁殖の原因にもなります。
肌を触ったり頬杖をつくクセがある方は、肌荒れがおさまるまで特に注意しておきましょう。

【皮膚科で見てもらう】
肌断食に失敗してしまった場合、肌に合わない無理なスキンケアによって肌状態が悪化していることがあります。あまりにも肌荒れが酷かったり、乾燥による痛みや炎症を伴う場合には、迷わず皮膚科に相談に行きましょう。無理にセルフケアで治そうとすると、余計な刺激を与えて肌荒れを悪化させる可能性があります。

スキンケアをやめるのは不安…そんな人におすすめの肌断食・洗顔アイテム3選

「いきなりスキンケアをやめるのは不安」「もし失敗したらどうしよう」と、肌断食の挑戦を躊躇してしまう人も多いですよね。たしかに、悩み続けた肌質が改善するかもしれない一方で、酷く肌荒れしてしまう可能性があると思うと挑戦するのには勇気がいります。

そこで、肌断食を手助けする洗顔料や肌断食が不向きな人向けトラブルを改善するスキンケアをご紹介します。

医薬部外品の無添加石鹸『然 よかせっけん』

完全無添加の自然由来成分でつくられた職人による練り石鹸です。非常にお肌に優しい石鹸なので、肌断食に不向きな方でも安心して洗顔石鹸として使えます。

よかせっけん

自然由来で刺激の強い成分を含まれていないため、敏感肌の方でも愛用者が多くいます。アロエや黒砂糖などの保湿成分が入っているため、洗顔後に乾燥やつっぱりを感じにくいです。防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノール不使用です。

にきびや肌荒れ・かみそり負け、毛穴トラブルといった肌悩みへの有効成分を配合している医薬部外品です。自然由来で作っているため使用期限があります。お早めにご使用ください。

【然 よかせっけんのポイント】
・天然由来成分だけで練り上げた石鹸
・美肌成分60%以上で肌荒れ改善
・累計販売実績2,400万個突破

『然 よかせっけん』の公式サイトより、特別価格1,705円で試すことができます。内容量88gで、開封後3か月の使用期限以内にご使用ください。今、注文すると泡立てると水素が発生する泡立てネットが貰えます。

定期便ですが、継続のお約束はないため1回目から解約することも可能です。

リンク誘導ボタン

肌断食成功率90%の洗顔料『プルミエグラン』

初めて肌断食に挑戦する方や1度失敗したけど再挑戦したい方におすすめの商品が『プルミエグラン』です。

プルミエグラン

美容業界で最も信頼されている業界紙「エステティックジャーナル」で紹介された、肌断食成功率90%以上の肌断食向けのオールインワン洗顔料です。肌断食推奨洗顔で、肌荒れ、大人ニキビ、毛穴の黒ずみ、しみ・しわ、乾燥肌などに効果が期待できます。

肌に負担をかけない特殊製法のパウダー状ソルトが配合されていて、毛穴汚れをしっかりと落としつつ清潔な素肌に整えます。塩には、自然の抗菌作用があり、太古の常識では肌トラブルの改善に海水浴療法が行われていました。人の肌の洗浄にも非常に相性が良いため、敏感肌でも安心して使用することができます。

毛穴の様子

塩は乾燥を引き起こすイメージがありますが、『プルミエグラン』に配合されている特殊製法ソルトは、乾燥の原因である「にがり」を除去しているため、洗い上がりに肌が乾燥しません。
肌断食中の洗顔を『プルミエグラン』にすることで、毛穴汚れの残りや乾燥を防いで、いち早く肌断食を成功へと導くことが出来るのです。

【プルミエグランのポイント】
・洗顔後のスキンケアは不要
・毛穴をスッキリさせて肌を清潔に保つ
・肌に優しい美容ソルトが素肌の力を引き出す
・合成界面活性剤無添加

『プルミエグラン』の公式サイトでは先着500名限定のキャンペーン中です。約1週間分の洗顔料とメイク落としソープがセットになったスターターキットコースが500円で試せます。

定期コースですが、1回のみで解約も受け付けているので是非試してみてください。解約は初回商品発送後13日以内にメール連絡にて可能です。

リンク誘導ボタン

肌に優しい無添加パウダー洗顔『MODELSKIN』

世界でも最も厳しいと言われているEU基準で安全性を追求した、赤ちゃんにも使える肌に優しい無添加洗顔料です。肌断食の洗顔としても使用できます。

MODELSKIN

肌への刺激や負担を極限まで減らしたストレスフリー処方で、防腐剤、合成香料、石油系界面活性剤、アルコール、合成着色料不使用となっています。雑誌やSNSでも話題になり、リピーター継続率98%以上の実績があります。

肌を過保護にしないスキンケア理論のもと、配合されている洗浄美容成分(アミノ酸洗浄成分、グルコース、ハチミツ成分etc.)は肌の自然な潤いとバリア機能をサポートします。また、リンゴ酸・クエン酸により、肌に負担をかけない優しいピーリング効果もあります。

【MODELSKINのポイント】
・赤ちゃんにも使える無添加・低刺激
・厳選成分で素肌の力をサポート
・洗顔専門ブランドの洗顔料

『MODELSKIN』は公式サイトのキャンペーンにより、2週間の体験セットが先着500名限定で特別価格500円で試せます。さらに、洗顔専用の泡立てネットがプレゼントで貰えます。

公式サイトから購入した場合、通常サイズのMODELSKINも1,000円OFFになるため、お試しの際には是非利用してみてください。

リンク誘導ボタン

 

まとめ

肌断食の正しいやり方や失敗例についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

長い間スキンケアによって守られてきたお肌が本来の機能を取り戻すには、それなりの期間が必要になることもあります。しかし、途中でめげずにしっかり改善していくことによって、肌そのものの力で美肌を生み出せる可能性があるのですね。

ただし、肌断食には良い効果が得られる場合もあれば、方法や肌質によっては失敗する場合があることも忘れずに。肌断食にチャレンジしてみようと思っている方は、毎日の自分の肌の状態を、よく観察することが大切です。肌を観察することで、次第に効果を実感することができたり、または「自分には合っていない。」と肌トラブルが酷くなる前に判断できたりと、どちらにしても良い結果を得ることができるでしょう。

自分の肌や生活スタイルと相談して、挑戦しやすい肌断食から試してみるのはいかがでしょうか?

なかなか肌断食までするのは不安と言う方は、まずはしっかりとした毛穴ケアから初めてみるのもありですよ。
イチゴ鼻を綺麗にする方法

[スポンサードリンク]