割と簡単!肌のキメを復活させる3つのポイントとは

[スポンサードリンク]



肌のキメが乱れていると、さまざまな肌トラブルの原因となります。

肌トラブルを改善するためには、肌のキメを整えるということは必須です。

年齢を重ねてくると、肌のキメの粗さが気になってくる方も増えてきますが、正しいケアをしていれば肌のキメは割と簡単に整うって知ってましたか?

今回は、肌のキメが粗くなる原因と正しいケアをご紹介します。

肌のキメが荒れる原因とは?

シワで凹んだ肌

肌のキメが整っている状態とは、皮膚の表面にある溝(皮溝)が小さく規則正しく並んでおり、皮溝によってできた盛り上がり(皮丘)がしっかりと水分を含んでふっくらとしていることをいいます。

加齢によって肌のキメが粗くなると、皮溝や皮丘の形が不規則になり、硬くゴワゴワして、肌のくすみや毛穴の目立ち、ハリやツヤのない肌になってしまいます。

加齢によるキメの乱れには3つの原因があります!

加齢による肌の水分量の低下

20代をピークにだんだん肌の水分量は低下していきます。
加齢だけではなく、環境や間違ったスキンケアでも肌の水分量は失われていきます。

乾燥は肌のキメを乱す、最も大きな原因になります。

加齢によるターンオーバーの乱れ

加齢によって肌のターンオーバーが遅れると、古い角質が肌表面にいつまでも残って角質が厚くなっていきます。

ターンオーバーが遅れて角質が厚くなると、肌は乾燥して新しい細胞の生まれ変わりも益々遅くなってしまうのです…

ストレスや疲れによる肌のキメへの影響

ストレスや疲労によって自律神経のバランスが崩れたり、肌の酸化や糖化を促してしまうことも肌のキメを乱れさせる原因です。

この3つが肌のキメを乱す原因なので、覚えていて下さいね!

肌のキメを復活させる3つのポイント

肌のきれいな女性

乱れた肌のキメを復活させるには、「保湿」が重要です。

しっかりと水分を含んだ皮丘にすることで皮溝も同時に整っていきます。

肌のキメを復活させる3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

ポイント①肌の水分量を上げる

肌のキメを復活させるのに1番重要なのが、肌の水分量を上げること
化粧水をたっぷり与えて水分を含んだ細胞にしていきましょう。

また、与えるケアだけではなく、肌の水分を失わないようにするのも大切です。

合成界面活性剤が大量に配合されたオイルクレンジングでの洗顔、摩擦を与えるようなスキンケアの仕方、紫外線ケアをしないといった行為は、せっかくの保湿ケアも台無しにしてしまいますので注意して下さい。

肌の水分量にはセラミドなどの保湿成分が有効になるので、こちらもあわせて読んでみてください。
セラミドって本当に良いの?注目の保湿成分で?乾燥肌は良くなる?

ポイント②ターンオーバーを整える

加齢の影響でターンオーバーが遅くなって古い角質が肌に溜まっていくと、乾燥して肌のキメは乱れていきます。

ターンオーバーを正常に戻すには、ピーリングなどの角質ケアを取り入れることがおすすめです!

ピーリング後の肌は敏感になりがちなので、角質ケアをした後はしっかり保湿することを忘れないようにケアして下さい。

紫外線、ストレスや睡眠不足などもターンオーバーを遅れさせる原因となるので、紫外線や生活習慣の見直しも重要なポイントです!

ポイント③食生活を見直す

肌を健康な状態にするには食事からきちんと栄養を摂取することが大切です。

  • ビタミンC・・・抗酸化作用
  • ビタミンB・・・皮膚の保護、再生、維持
  • タンパク質・・・皮膚の生成のサポート
  • 鉄分・・・貧血予防

「柑橘類、肉、魚、卵、小松菜、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ」といった食材で、肌の健康を維持するのに必要な栄養素をたっぷり摂取していきましょう。

どうしても食生活が不規則になってしまうという人はサプリメントもおすすめです。

まとめ

加齢とともに肌のキメは乱れがちですが、乾燥を防いできちんと保湿することで簡単に肌のキメは整います。

早ければ1週間で肌の変化を実感することができるでしょう。

肌のキメが乱れてからケアするのではなく、正しいスキンケアをしたり、紫外線をカットしたり、食生活や生活習慣を見直すといった「予防ケア」も重要です。

[スポンサードリンク]