肌荒れの改善にかかる期間は?短期間で改善するためには…

[スポンサードリンク]



ニキビがたくさんできてしまった肌荒れ状態をどれだけ早く治せるかって、気になる人も多いですよね。

なんでこんなタイミングでニキビ出来るの!?って思ったりすることも多いのではないですか?

この記事ではキレイな肌を取り戻すために、治療方法や期間について詳しく説明するのでぜひ参考にして下さい。

肌荒れを治すためにかかる期間は?

肌荒れに悩む女性

肌荒れのもとであるニキビは、正常な周期でのターンオーバーを繰り返すことで改善していきます。

一般的に、肌のターンオーバーが1周するのにかかる期間は約28日なので、肌荒れを完治させるには約1ヶ月程度かかると考えられています!

また、ニキビのタイプによっても治る期間が異なりますので、覚えておきましょう。

白ニキビ

詰まった毛穴の中に皮脂が溜まった状態で、ニキビの初期段階になります。
完治までには約3日~5日かかります。

黒ニキビ

⇒毛穴の中に溜まった皮脂が酸化して、黒くなった状態です。
治るまでには1~2週間ほどかかります。

赤ニキビ

アクネ菌が繁殖し、炎症を起こして赤く腫れあがっている状態です。
治るまでの期間は炎症の度合いにもよりますが、約1ヶ月程度です。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、炎症が進行して毛穴の中に膿が溜まる状態です。
完治までには約2~3ヶ月かかります。

この様に、ニキビによって直る周期が異なり、黄ニキビは2〜3ヶ月かかることもあるので注意して下さい!

ニキビの治療方法とその期間

ニキビの種類

ニキビが治るまでの期間は治療方法によって変わります。
セルフケアで治す場合と病院で治す場合を詳しく見ていきましょう!

セルフケアで治す場合

まず、ニキビを治すためには、肌に優しいスキンケアをすることが重要です。

特に保湿は欠かせませんね。
クレンジング剤はミルクやクリームタイプの低刺激性のものを使用し、1分を目安に素早く落とします。

洗顔は、泡洗顔でとにかく刺激を避け、優しく汚れを落とすことを心掛けてください。

化粧品は、ニキビに有効なビタミンC誘導体やグリチルリチン酸配合のものがおすすめです!
これらは皮脂分泌をコントロールしたり、ニキビの炎症を抑える作用があります。

また、肌の奥まで浸透し、角層を潤してくれるコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分も見逃せません。

保湿することで毛穴の角質異常が抑えられ、ニキビを予防する効果が生まれます。
その他、ニキビになりにくい処方のノンコメドジェニック製品を使うこともおすすめです!

スキンケアで避けたいのは、アルコールや油分が配合された化粧品です。
アルコール成分は乾燥を招き、ニキビを悪化させる可能性があるので、アルコールフリーのものを選びましょう。

また、油分はアクネ菌の栄養源となってしまうので、なるべく使用を控えてください。

自宅でピーリング

セルフケアでピーリングを取り入れることも効果的です。
古い角質を除去することで毛穴詰まりがなくなり、肌の新陳代謝も改善されて、ニキビ予防に効果が期待できます。

ピーリング剤を選ぶときは、粒子が柔らかく刺激の少ない製品を選んで下さい。
AHAフルーツ酸など優しい成分を使ったピーリングがおすすめで、洗顔料や化粧水で拭き取るタイプがあります。

ただし、肌に合わないときは使用しない様に注意して下さい!

市販の塗り薬でニキビケア

自宅でニキビケアをする場合は、市販の塗り薬を活用するのもおすすめです。

塗り薬には抗生物質などの殺菌系や、ニキビの赤みや炎症を抑える抗炎症系、角質を柔らかくする効果と殺菌効果を併せ持つ硫黄系があります。

成分をよくチェックし、自分のニキビの状態と肌のタイプに合ったものを選びましょう。

塗り薬はただ患部に塗るのではなく、用法を守って正しく使うことで、より高い効果を発揮します。

市販薬を1週間使用してもニキビが改善されない場合は、病院で診察を受け、自分に合った薬を処方してもらうことをおすすめします

セルフケアによるニキビの改善にかかる期間は約1~2週間程度ですが、単に表面にできているニキビを治すだけでなく、ニキビ跡や今後のニキビができにくくなるまでの期間を考えると、3ヵ月~半年くらいの時間が必要になります。

病院で治す場合

日常的なスキンケアも重要ですが、ニキビを素早く治すためには、病院での治療も有効です。

特に炎症や痛み、膿を伴う赤ニキビや黄ニキビの段階まで進んでしまったら、皮膚科での治療をおすすめします。

病院では、ニキビの症状に応じて外用薬や内服薬、漢方薬、ビタミン剤などの処方を行います。

また、ケミカルピーリングやレーザー治療など、様々な治療を複合的に行うので、ニキビをより早く根本から改善させることができます。

ニキビの程度にもよりますが、治療を始めて2~3ヶ月経過した頃から効果がみられます。
セルフケアで、症状が悪化する場合もありますので、なるべく早い段階での受診がオススメです。

肌荒れを早く治すために

肌荒れが治った女性

ニキビができるとつい気になって触ってしまいがちですが、雑菌でさらに炎症が進み、跡が残りやすくなるので、ニキビを触ったり潰したりしないようにしましょう。

毎日使うメイク道具やパフは雑菌の温床になっているので、いつも清潔な状態にしておくことが大事です。

タオルや枕カバーなどもこまめに洗濯して取り換えることも忘れずに行いましょう。

また、肌荒れを早く治すためには、内側からのケアも重要です。
日頃の生活習慣を見直すことで、正しい周期でターンオーバーが行われるようになり、綺麗な肌に生まれ変わります。

たんぱく質やビタミン類などバランスの良い食事を心掛けるとともに、睡眠時間をしっかり確保することも大切です。

また、適度な運動をすることで新陳代謝を活発にし、ストレス解消にも繋がりますので、生活習慣が乱れている方は見直してみて下さい!

まとめ

いかがでしたか?

肌荒れを治すためには、肌に負担をかけないスキンケアを心掛け、内側からニキビの改善に繋がるように生活週間を整えることが重要です。

症状によっては、医療機関を上手く利用することで、ニキビの状態に合わせた適切なケアを行い、完治までの期間を短縮することができます。

焦らず、根気よく、正しいケアを続けて、ニキビに悩まない肌を目指しましょう。

ニキビケアについてもっと詳しく知りたい方は⇒こちら

[スポンサードリンク]