全部で4種類!自分の肌質に合わせたケアで美肌は作られる

[スポンサードリンク]



デパートやドラッグストアに行くと、ズラーっと並ぶ化粧品にウキウキしませんか?

色んなものに目移りして、何を選ぼうか迷ってしまいますよね!

しかしその反面、「自分にはどんな化粧品が合うんだろ~?」「スキンケア用品は特に選び方が難しい…。」と感じている方も多いのではないでしょうか。

美肌を目指すうえで、自分の肌質がどのタイプかを知ることはとても重要です!

そこで今回は、『肌質のタイプ』に焦点を当て、スキンケアのポイントについてご紹介します。

これであなたも、自分の肌質にピッタリ合ったスキンケアで美しい肌を手に入れることができるかもしれませんよ?

肌質は全部で4種類

肌が乾燥する女性

肌質は『普通肌』・『乾燥肌』・『脂性肌』・『インナードライ肌』の4つの種類に分類することができます。
ではそれぞれの肌質には、どのような特徴があるのでしょうか?

お肌の状態は、『水分量』と『皮脂量』で変わってきます。

 

普通肌 水分量と皮脂量のバランスが良い
乾燥肌 水分量が少ない
脂性肌 皮脂量が多い
インナードライ肌  水分量が少なく、皮脂量が多い

あなたの肌質がどれに当てはまるのか、一緒に確認してみてくださいね!

普通肌

天然の保湿成分である『皮脂のベール』がちょうど良い量でバリア機能の役割を果たすため、肌トラブルが起きにくい肌質です。

普通肌は水分量も満たされているため、肌のキメが細かく、潤ったもっちりとした肌触りになります。

まさに理想的な肌ですね!

乾燥肌

特に口周りや目元など、「白い粉が吹いてる…。」という経験はありませんか?
乾燥肌はカサカサしていてツヤがない肌触りになります。

肌の水分量が減ることで、皮脂量も少なくなり『皮脂のベール』がないことでバリア機能の低下が起きている状態です。

そのため外部からの刺激を受けやすく、肌に留まっている水分も蒸発し放題

その結果、カサカサボロボロ肌になってしまいます。

脂性肌

「メイクもしてないのに、肌がギトギト!」という経験はありませんか?
脂性肌はキメが荒く、ベトベトした肌触りになります

皮脂量が多いということは、肌に余分な皮脂が常に残ってしまうということ!その結果、さまざまな毛穴トラブルを引き起こします。

毛穴の黒ずみ』・『毛穴の開き』・『毛穴詰まり』が代表的な毛穴トラブルです。

また「テカリが気になる!」と皮脂をとるために間違ったケアをすると、『皮脂のベール』を失った肌は、乾燥肌と同じ状態になってしまいます。

すると肌は防衛機能を働かせるため、さらに皮脂を過剰に分泌するということです。
まさに負のループですね!

インナードライ肌

これは日本人に一番多いとされている肌質です。

乾燥肌』+『脂性肌』のダブルパンチ!
インナードライ肌はTゾーンはベタベタ、頬や口周りはカサカサという肌触りになります。

脂性肌同様、間違ったスキンケアで進行します。『皮脂のベール』を失うことで、防衛機能が働かず、外部からの刺激が直撃!

ただでさえ少ない水分量なのに、水分の蒸発も止められない…特にやっかいな肌質といえるでしょう。

あなたの肌質はどのタイプ?

疑問を持つ女性

自分で肌質をチェックできる方法をご紹介します!

洗顔後の肌の状態をチェック!
洗顔後5~10分、化粧水や乳液などのケアをせず放置してみましょう。

普通肌 特にカサつきやベタつきが気にならない
乾燥肌 ツッパリ感やカサつきが気になる
脂性肌 全体的にベタつきが気になる
インナードライ肌  頬はカサついているのに、Tゾーンはベタつく

毛穴の状態をチェック!
鏡をよく見て、毛穴の状態を観察してみましょう。

普通肌 毛穴が見当たらない
乾燥肌 毛穴の周りの皮が剥けている
 脂性肌 毛穴に角栓が詰まっている
インナードライ肌  角栓が詰まっている部分と、皮が剥けている部分がある

【肌質別】スキンケアのポイント

ポイントを教える女医

スキンケアで大切なのは、肌質にあったケアをすることです。

間違ったスキンケアは乾燥肌や脂性肌、インナードライ肌に傾いたあなたの肌質を悪化させる結果とな

ってしまうでしょう。

普通肌

今のスキンケアを続けてください。

しかし「トラブルの起きにくい肌質だから大丈夫!」とスキンケアを怠ったり、不規則な生活を続けると、すぐに肌の状態は悪くなってしまうので注意が必要です。

乾燥肌

乾燥肌の方が気をつけるのは、洗顔やクレンジングの仕方と保湿です。

ついついゴシゴシ擦って洗顔やクレンジングをしてしまうことがありますよね?

強い摩擦で肌を擦ると、肌はバリア機能を失ってしまいます。
その結果肌に留まっている水分がどんどん蒸発!乾燥肌の出来上がりです。

洗顔やクレンジングをする際は、しっかり泡立てた泡で優しく包み込むように洗うようにしましょう。

保湿はしっとりタイプの化粧水をたっぷりつけて、十分肌に浸透するよう心掛けましょう。

ポイントは『タップリ』です!また化粧水のあとは、必ず乳液や美容液を使用し、化粧水で補った水分が蒸発しにくい肌環境を整えることが大切です。

脂性肌

脂性肌の方が気をつけるのは、強い摩擦を加えないということです。

強い摩擦で皮脂を取りすぎると、肌はさらに皮脂を分泌してしまいます。

あぶらとり紙やティッシュでゴシゴシ擦るのは厳禁!乾燥肌同様に洗顔方法に気をつけ、サッパリタイプの化粧水と乳液、美容液でケアすることが大切です。

脂性肌のスキンケアはこちらでも詳しく紹介しているので、合わせてごらんください。
本当に正しい脂性肌改善スキンケア

インナードライ肌

インナードライ肌の方は、基本的に肌の内部は乾燥状態ですから、乾燥肌対策をベースにしましょう。

しかしTゾーンなどベタつく部分もあるため、洗顔の際はTゾーンから洗うなど順番を考えてケアをするのが効果的です。

まとめ

あなたの肌質は何タイプでしたか?

肌質によってスキンケア方法も変わりますが、基本的に大切なことは『清潔と保湿』を心がけること!

あなたも自分の肌質を見極めて、美しい肌作りを目指してみてはいかがでしょうか?

[スポンサードリンク]