対処法ある?インナードライは肌の皮脂が逆に出てくる乾燥肌だった

[スポンサードリンク]



お肌の乾燥というと、お肌表面のカサつきや、外からの刺激でお肌が赤らむこと、お肌が粉吹いてしまうこと、などを想像することが多いですよね。

しかし、毛穴トラブルの原因になるのは、むしろお肌表面に皮脂が多く分泌されてオイリー肌になってしまうインナードライ肌であることをご存知でしょうか?

今回は、インナードライ肌とはどのようなお肌状態なのか、インナードライ肌になる原因、さらにインナードライ肌が引き起こしてしまう毛穴トラブルについてご紹介していきます!

インナードライ肌とは?

インナードライ肌は、肌の表面だけでなく角質層まで乾燥している状態です。

その結果、肌が自ら防衛反応を起こすため、過剰に皮脂の分泌が行われます。

このことにより、肌は脂っぽいけれども肌の角質層では乾燥している、という状況が引き起こされてしまいます。

そのため脂性肌や混合肌と間違えやすいことが特徴です。

インナードライ肌の原因とは何か?

先にお話ししたとおり、インナードライ肌とは、例えばTゾーンは脂っぽいけれども、目元や口元などはカサついている、というような脂っぽさと乾燥が混在しているお肌のことをいいます。

お肌の表面は皮脂が多いため脂性肌と思いがちなのですが、お肌内部の角質層は乾燥しています。

インナードライ肌になる原因は、おもに以下の3つと考えられます。

①過度の洗顔

お肌表面の皮脂が多いことを気にして過剰に洗顔することで、お肌を乾燥させ、お肌のバリア機能の低下を引き起こします

お肌がこのような状態だとお肌の表面に皮脂が増えるため、ニキビができやすい環境でもあります。

そのためお肌の乾燥対策をすぐに行わないと、再び皮脂が分泌されるためニキビが治らないという悪循環になります。

②環境の変化やストレス

インナードライ肌のおもな原因は乾燥なのですが、環境の変化によるストレスや生活習慣の乱れも原因となります。

特に夏場は、冷房のきいた部屋と外との温度差により、お肌のコントロールがうまくできなくなり、インナードライ肌になりやすくなります。

③お肌に合わない化粧水

インナードライ肌は、乾燥しているのにオイリー肌と感じてしまう場合があるため、十分に保湿を行わないでいると、さらにお肌の内部が乾燥してしまう、という悪循環になりやすくなります。

自分のお肌に合わない化粧品や、油分を多く含む化粧品を使うと、お肌内部の水分が不足したり、お肌表面だけの油分が多くなることでバランスを崩したりして、インナードライ肌になりやすくなります。

インナードライ肌って毛穴トラブルの引き金になるの?

インナードライ肌では、お肌の脂っぽさと乾燥が混在しているため、毛穴の開きや毛穴の黒ずみが引き起こされる原因となります。

ではインナードライ肌だと、毛穴にどのような悪影響があるのでしょうか?

・過剰に皮脂が分泌されることで、毛穴が広がる

皮脂を取り除くためのケアを何度も繰り返すことにより、必要な皮脂までもが取り除かれてしまい、お肌の乾燥がより進行してしまいます。

その結果、皮脂が過剰に分泌されやすくなる状態になります。
皮脂が過剰分泌するときに毛穴が広がるため、広がった毛穴に皮脂や角質の汚れが入ってしまいます。

・“ゴシゴシ洗顔”はお肌と毛穴にダメージを与える

インナードライ肌は、ピーリングやフォームタイプの洗顔料、クレンジングで洗顔することにより、お肌にストレスをかけてしまいます。

さらに、力を入れてゴシゴシと洗顔してしまうと、さらにお肌や毛穴にストレスがかかりますよね。

お肌にストレスがかかり過ぎると、毛穴から皮脂が分泌されやすくなるため、乾燥がさらに進行する原因となります。

まとめ

インナードライ肌とは、お肌表面は脂性ですが、お肌内面が乾燥しているという状態でしたね。

しかも、そのまま放置していると毛穴の開きなどの原因になることも分かりました。

インナードライ肌を改善するには、洗顔時にやさしく洗い、お肌へのストレスを減らすことが大事です。

また、洗顔後の保湿は毛穴の引き締めにも重要です。
正しいスキンケアを実践してインナードライ肌を解決し、毛穴の悩みを無くしましょう!

[スポンサードリンク]