界面活性剤は肌に悪くないってホント!?正しい見分け方で肌トラブル解決

[スポンサードリンク]



界面活性剤』と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

よくは知らないけど、なんか体に悪そう…。」「化粧品に入ってるけど、洗濯洗剤にも入ってるし、絶対肌には良くない!」と悪いイメージをお持ちかもしれません。

しかし、界面活性剤は全てが悪いものというわけではないんです!

あなたの悩みの種『肌トラブル』を解決するために、界面活性剤の正しい見分け方をご紹介します。

界面活性剤ってそもそも何?

イメージしてみてください。コップに水と油を一緒に注ぐと、油は上に浮いてきます。

成分が違うため、本来は混じり合わないものです。

界面活性剤は、この本来混じり合わない成分同士を混じり合わせる働きをしています。

身近な化粧品でご説明しましょう。

ファンデーションは本来油のため、そのまま水で洗おうとしても弾いてメイクを落とすことができません。

そこで有効なのが、界面活性剤が含まれているクレンジングです。

クレンジングに含まれている界面活性剤が、本来混じり合わないファンデーションの油と水を混じり合わせ、メイクを落とすことができるということです。

この違いが肌トラブルには重要です

ちなみに、化粧品以外にも界面活性剤は使用されており、洗濯洗剤や石鹸などの洗剤品やマヨネーズ、ドレッシングなどの食品、殺菌剤や軟膏などの医薬品など多くの分野で使われているのです!

勿論安全性が確保されているもので、界面活性剤は意外と身近なものであることがわかりますね。

天然・合成界面活性剤の違い

実は界面活性剤は2種類存在します!

『天然界面活性剤』『合成界面活性剤』その違いを詳しくみていきましょう。

天然界面活性剤 自然界に存在するもの 天然物
合成界面活性剤 人工的に合成されたもの  石鹸系
脂肪酸エステル系
アミノ酸系
高級アルコール系
石油系

 

天然界面活性剤の特徴
成分が天然物と聞くと「肌にも優しくて安全!」と思いませんか?

しかし化粧品に含まれる場合、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

  • 酸化しやすい
  • 腐りやすい
  • 効果が低い

このデメリットがあるため、化粧品に一緒に含まれる酸化剤や防腐剤で逆に肌トラブルを引き起こしたり、効果が低いためメイクが落ちにくく、いつも以上に力をいれて擦ることで肌を傷つけてしまう場合があります。

合成界面活性剤の特徴

天然界面活性剤のデメリットをカバーするために作られたのが、合成界面活性剤です。

機能性が高く、効果も長期間安定します。

ですから界面活性剤は種類によって良し悪しがあり、『全てが肌に悪いものではない』ということです。

『良い・悪い』合成界面活性剤の見分け方

合成界面活性剤は人工的に作られるため、種類も多数です。

ですが残念なことに、中にはお肌に悪いものも存在します。

肌に良いか悪いかは、合成されている原料によると考えられます。

天然由来のもの 石鹸系
脂肪酸エスチル系
アミノ酸系
石油由来のもの 高級アルコール系
石油系

 

天然由来のものは比較的肌への刺激が少なく、安全性が高いとされています。

注意すべきは石油由来の界面活性剤です。高い洗浄力がありますが、肌にとっては大敵で、肌に必要な皮脂まで洗い流し肌のバリア機能を低下させてしまいます。

バリア機能の低下が招く肌トラブル

  • 皮脂膜がないため、水分を保持することが出来ずカサカサ!
  • 外部からの刺激から守れないため、ヒリヒリ!
  • 肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌するため、テカテカ!

肌は自己防衛のため、乾燥や外部からの刺激を感じると失われた皮脂を分泌しようと働きかけます。

その結果、皮脂が過剰分泌され、毛穴トラブルなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

クレンジングや化粧品を選ぶ際は、石油由来の製品に気を付けましょう。

成分に『ラウリル』という言葉が入っているものは石油由来のものなので、購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

一つ確かなことは、身近に使用するものには界面活性剤が使用されているものが多いということです。

もし、もあなたが今現在『肌トラブル』を抱えているなら、化粧品の成分や種類を確認してみてください。

正しい界面活性剤の使用で、あなたの『肌トラブル』は解決するかもしれませんよ?

クレンジングについてはこちも参考にしてみてくださいね。
クレンジングの乳化とは?

[スポンサードリンク]