放置はやめて!毛穴の角栓を抜いてしまった後にやるべきケア

[スポンサードリンク]



角栓を抜いてしまった時、跡を残さないためにどんなアフターケアが必要か知っていますか?

間違ったケアをしてしまうと、肌トラブルを招き、取り返しのつかない肌になってしまう場合もあります。

角栓を抜いてしまった後のケア方法を詳しくご紹介していきますので、ぜひ取り入れてみてください。

角栓を抜いたまま放置は危険!

毛穴と角栓

毛穴から角栓を抜いた後は、一時的にスッキリして綺麗になったように感じるかもしれません。

しかし、角栓が抜けた後のぽっかり穴の開いた毛穴は無防備な状態になっています。
本来角栓は、毛穴に雑菌などが入り込まないよう肌を守る役割をしています

そのまま放置すると、肌がクレーターのようになって凸凹が目立ってしまったり、雑菌が入って炎症を起こしてしまう場合もあるのです…

そして炎症が進むと、ニキビが悪化するリスクが高まります!

角栓を抜いたままにすると肌を傷めるだけでなく、新たな角栓を作り出す原因にもなるので、しっかりアフターケアをすることが重要になのです!

角栓を抜いてしまった時のケア方法

化粧水を肌に使用している様子

角栓を抜いてしまった時は、適切なケアをすることで肌ダメージを極力抑えることができます。
注意点をいくつか挙げましたので、見ていきましょう。

過剰なスキンケアを避ける

過剰なスキンケアは、かえって角栓が悪化してしまう恐れがあります。
角栓ができるのは、洗いすぎ、擦りすぎ、スキンケアしすぎの証拠と言えます。

洗顔時に肌をゴシゴシ擦ることで摩擦が生じ、色素沈着を起こしてシミになる可能性があります。
洗顔はたっぷりの泡で優しく洗えば、古い角質や皮脂、角栓を無理なく落とすことができるので、ゴシゴシ洗はNGです!

また、角栓を防ぐためには保湿ケアをして皮脂コントロールすることも必要ですが、油分の多い化粧品をつけすぎてしまうと、毛穴詰まりを起こして角栓ができやすくなり、ニキビや肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。

市販の毛穴ケア商品を控える

毛穴パックやピーリングは角栓の除去に即効性がありますが、角栓と一緒に毛穴の表面にある角質まで剥がし取られてしまうので、ダメージを受けた毛穴はさらに代謝が活発になり、より一層角栓ができやすい状態になります。

また、肌のバリア機能が低下して乾燥したり、肌トラブルを引き起こしかねません。
このように、市販の毛穴ケア商品は毛穴を悪化させる可能性があるので、使用を控えるようにしましょう。

基本的に手で触らない

角栓や汚れが残っていても無理に取ってはいけません。
特に手で触るのはやめましょう。

スキンケアの際は手で触れてケアする必要がありますが、それ以外で肌に触れる行為は良くありません。

手には様々な菌が付着しているので、毛穴からダイレクトに菌が入り込んでしまう可能性があります
そうなると肌は炎症を起こし、ニキビや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

角質は無理に取らないのが基本!

毛穴パックを使用している女性

角栓は毛穴を外部の細菌などから守る重要な役割を果たしています

また、古くなった角質や皮脂が少しずつ溜まっていき、皮膚のターンオーバーとともに自然に剥がれ落ちていくので、無理に取る必要はないのです。

それを無理に取ってしまうと、皮膚が敏感に反応して新しい角質や皮脂を過剰に生成しようとして、以前より大きな角栓ができてしまいます。

その繰り返しによって角栓がどんどん大きくなり、自然なターンオーバーでは排出されないような角栓になってしまうのです。

角栓を作らないためには、角栓を除去するのではなく、開いた毛穴を引き締めたり、角栓の元になる古い角質や皮脂を溜め込まないようなスキンケアをすることが重要です。

肌のバリア機能とターンオーバーを正常化して、健やかな肌作りをしていきましょう。

角栓を作らないスキンケア方法

角栓対策には、肌に負担をかけないスキンケアをすることがポイントです。

角栓に悩む人ほど負担の大きいクレンジングを選びがちですが、クレンジングは肌に刺激の少ない優しいクレンジングを選んでください。

洗顔料もできるだけ刺激の少ないものを使い、よく泡立てたら肌に馴染ませ素早く洗い流します。

クレンジングも洗顔も時間をかけずに済ませましょう。

・角栓を改善するためには保湿ケアが重要

肌が乾燥すると、皮脂が余分に分泌され、皮脂や汚れが溜まりやすくなってしまいます。

化粧品できちんと保湿することで、皮脂の分泌も徐々に落ち着いてきます。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された化粧品は油分が少なく保湿効果も高いので、角栓対策にはおすすめです

保湿することでバリア機能やターンオーバーが整えられて、肌がふっくらとし、毛穴の目立たない肌へと導きます。

・ビタミンC誘導体が効果的

また、ビタミンC誘導体も毛穴や黒ずみに効果的です。

皮脂の過剰分泌を抑制し、酸化を防ぐだけでなく、メラニンの産生も抑えるので、シミ予防や美白効果が期待できます。

・生活習慣の見直し

スキンケアと合わせて生活習慣を見直すことで相乗効果が得られます。

栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動、そしてストレスの少ない生活を送ることで、皮膚のターンオーバーが正常に整うようになるのです。

正しいスキンケアを続けていれば、少しずつ角栓は改善されていきます。
早ければ1ヶ月ほどで角栓がなくなっていきますので、肌に優しいスキンケアを心掛けてください。

まとめ

角栓を抜いてスッキリさせたい気持ちはわかりますが、これでは肌の負担になるだけで一向に美肌は望めません。

今までのスキンケア方法を見直し、徐々に毛穴の皮脂や汚れが溜まりにくい肌を作っていくことが大切です。

正しいケアを行って、角栓に悩まない肌を手に入れましょう

毛穴汚れのケアはこちらもあわせて読んでみてくださいね。
黒ずみを治すために本当に必要なケアは?

[スポンサードリンク]