乾燥肌の原因とは?壊れたバリア機能がお肌の水分を逃がす…

[スポンサードリンク]



お肌が乾燥してヒリヒリする、化粧ノリが悪い…など、乾燥肌の悩みは尽きませんよね。

以前までは、空気が乾燥する冬に多い悩みでしたが、最近ではエアコンなどによる『乾燥肌』に悩んでいる方も少なくありません。

1年を通して乾燥に負けない為に、乾燥肌の原因について調べてみましょう。

乾燥肌とは?

乾燥肌とは、肌の水分と油分が不足した状態をいいます。

一般的な乾燥肌の症状では、肌のカサつき、ピリピリ感、粉吹きや小ジワなどが挙げられます。

もし、このような症状がはっきりと出ていない場合でも、洗顔後すぐに肌がつっぱり始めるという方は、乾燥肌の可能性が高いと言われているので注意しましょう。

乾燥肌の原因

乾燥肌が起きてしまう原因ですが、それには肌の構造とその役割が関係しています。

お肌の構造とバリア機能の働き

肌の表面には表皮と呼ばれる層があり、その層の中にはさらに角質層、顆粒層・有棘層・基底層の4つの層があります。

このうち一番外側にある層、つまり私たちの目に触れる部分にあるのが角質層です。

角質層には、紫外線や空気の乾燥などの外部刺激からお肌を守ったり、肌の内側から水分が蒸発するのを防ぐ『お肌のバリア機能』という働きがあります。

このバリア機能が正常に働いていると、お肌は乾燥やその他の肌トラブルを起こさずに、潤った健康な状態を保ちます。

角質層のバリア機能

角質層は、角質細胞と角質細胞間脂質からつくられています。
この2つはよくレンガとセメントの関係に例えられるのですが、角質細胞をレンガだとすると、その隙間を埋めるセメントの役割をするのが角質細胞間脂質です。

角質細胞同士の隙間を角質細胞間脂質がしっかりと埋めていることで、肌の水分を逃がさないようにするバリアの働きをしてくれる。

しかし、何らかの理由で角質層の構造が乱れてしまうと、角質細胞同士の隙間から水分がどんどん蒸発していく、バリア機能が低下した状態になってしまうのです。

角質層のバリア機能が低下すると、

・肌の水分が逃げやすくなる
・空気の乾燥など、外部からの刺激を受けやすくなる
・乾燥によるシミやシワなどの老化現象を起こしやすくなる

などの肌トラブルを起こしやすくなり、乾燥肌の原因となってしまうのです。

肌のバリア機能について詳しくはこちら

バリア機能が低下する主な原因

角質細胞と角質細胞間脂質の構造が乱れるとバリア機能が低下すると言いましたが、この構造が乱れる原因には以下のようなものが挙げられます。

肌のターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとはお肌の細胞が生まれ変わる周期のことです。
このターンオーバーが正常に働いている肌は、古い角質細胞が自然に剥がれ落ち、常に潤いのある新しい細胞と入れ替わる為、バリア機能が保たれます。

しかし、寝不足やストレスなどによってターンオーバーが不規則になると、細胞の入れ替わりがうまくいかなくなり、角質細胞と角質細胞間脂質が生成されにくくなってしまうためバリア機能が低下してしまいます。

ターンオーバーの乱れは、バリア機能の低下の他にも、様々な肌トラブルを引き起こすので注意が必要です。

ターンオーバーについて詳しくはこちら

間違ったスキンケアによるダメージ

乾燥肌対策のために頑張っているスキンケアが、お肌に負担をかけている場合があります。

たとえば、スキンケア中のお肌への摩擦です。
洗顔中、しっかり汚れを落とすためにゴシゴシ洗ったり、スクラブや角質パックを頻繁に使用していませんか?
また、化粧水や乳液を強く叩き込んだりしていませんか?

間違ったスキンケア方法による強い刺激は、角質層に傷をつけたり、時には炎症を引き起こしてしまいお肌のバリア機能を低下させると言われています。

加齢によるバリア機能の低下

年齢を重ねることによって、細胞を作り出す力は次第に衰えていきます。

このような加齢減少は避けることができないのですが、細胞を作り出す力が衰えると、お肌の水分を保持するための細胞間脂質を正しくつくりだすことができなくなります。

角質細胞間脂質の生成量は、50代の時点で20代の約半分にまで減少すると言われています。

角質細胞間脂質不足によって角質層が乱れやすくなり、肌のバリア機能が低下するため、歳をとってから急に肌質が変わり乾燥肌になってしまったりする人も少なくないのです。

特に女性の場合は、加齢による女性ホルモンの減少によって皮脂の分泌量も減少しやすくなるため、余計に肌が乾燥しやすくなります。

紫外線によるダメージ

紫外線をあびると、細胞が紫外線のダメージを防ぐために活性酸素を生み出します。

活性酸素とは、本来お肌を守るためのものなのですが、これが過剰に出すぎてしまうと肌細胞を酸化させて傷つけてしまうという悪い影響もあります。

酸化によって肌細胞が傷つくと、お肌のバリア機能が低下してしまうので赤みが出て乾燥肌になりやすくなってしまいます。

紫外線も、ターンオーバーの乱れと同様に、乾燥肌だけでなくシミや皮膚がんなど、他の肌トラブルの原因にもなるのでしっかりと対策をしておくことが大切です。

[スポンサードリンク]