毛穴の大敵はエアコン?空気の乾燥から肌を守る簡単な対策法

[スポンサードリンク]



最近では年中エアコンの乾燥が気になりますよね。

何もしないと肌はどんどん潤いが失われていき、毛穴トラブルを引き起こしかねません。

空気が乾燥すると毛穴トラブルが起こりやすくなる理由や、エアコンの乾燥から肌を守るための対策法を詳しく説明しますので、乾燥に負けない肌作りをしましょう。

空気の乾燥は毛穴トラブルの原因?

毛穴を気にする女性

エアコンをかけると、冬に限らず夏でも湿度が下がるため、空気が乾燥しやすくなります

そうすると、角質層はもろくなり、肌が乾燥してしまいます
水分不足の肌は乾燥から身を守るために、皮脂が分泌されやすくなってしまいます…

その結果、皮脂分泌が過剰になり、毛穴トラブルを引き起こしてしまうのです。

また、肌表面はベタつくのに肌内部は乾燥しているインナードライ肌の原因は、エアコンの影響が少なからずあると言えるでしょう。

肌の水分が奪われることで、皮膚のバリア機能も低下してしまいます。

バリア機能が低下することにより、肌のターンオーバーが乱れ、外部からの刺激に対する肌の抵抗力も落ちるため毛穴トラブルに発展しやすくなるのです。

エアコンによって肌が乾燥すると、肌が荒れやすくなったり、肌の水分や油分のバランスが崩れて余計に肌がベタついたりと悪循環に陥ることもあるので、適切な保湿ケアをすることが重要になります。

エアコンの乾燥から肌を守るには?

寒いエアコン

エアコンによる空気の乾燥から肌を守るための対策法をまとめました。
しっかり対策をして、毛穴トラブルを軽減させましょう。

必ず加湿対策をとる

エアコンで乾燥してしまったら、加湿をして室内の湿度を上げましょう。

乾燥対策として一般的なのは加湿器です。
加湿器は部屋全体を加湿する大きなものから、デスク用の加湿器、ポーチに入るサイズの携帯用加湿器まで種類が豊富です。

加湿器以外でも濡れたタオル水を入れたコップを部屋に置いたり、洗濯物を部屋干しするのも効果的です。

観葉植物は水分を蒸発させるので、室内に置いておくことも対策の一つです。
しかし、あまり湿度を上げてしまうと、カビなどの原因になるので注意して下さいね!

また、加湿をしたら、換気も忘れずに行いましょう。
冬場はエアコンだけでなく、石油ストーブやガスファンヒーターを使うのも一つの手です。これらはエアコンに比べると熱を発する際に水蒸気も一緒に放出されるため、肌が乾燥しにくくなります。

風に直接当たらない工夫をする

エアコンの風に直接当たると、肌の水分が蒸発し、肌を乾燥させてしまいます。

乾燥対策として、直接風が当たらないよう工夫しましょう。
エアコンの送風口の角度を変えたり、風除けを取り付けたりすることをおすすめします。

また、夏場は扇風機を使ってエアコンの風向きを変えるのも良いでしょう。

スキンケアによる保水対策

肌の乾燥を防ぐには、保湿ケアが重要になります。

乾燥が目立つ場合には、乳液やクリームなどで肌の水分を逃さない工夫も大切です。
化粧水でしっかり保水を行い、その後乳液やクリームなどでコーティングすることで潤いが保たれます!

肌の乾燥には、セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧品がおすすめ!
セラミドって本当に良いの?注目の保湿成分で?乾燥肌は良くなる?

保湿効果の高い化粧品を使うことで、肌の水分量を増やすことができるため、内側から乾きにくい肌を作ることができるのです。

乾燥が気になる場合は、季節を問わず乳液やクリームで油分を補い、保湿ケアを欠かさないようにしましょう!

こまめに水分補給をする

エアコンの乾燥から肌を守るには、身体の内側からしっかり水分補給することも大切です。

1日に1ℓから1.5ℓを目安にこまめに水分を摂りましょう

水分補給の際は、常温か温かいものを飲むことで身体が冷えるのを防ぐことができます。

また、コーヒーやお茶などのカフェインを含む飲み物は利尿作用があり、体内の水分を排出してしまいますので、過度に摂ることを控え、水や白湯などで補給すると良いでしょう。

特に冬の時期はあまり汗をかかないため、気付かないうちに水分が不足しがちになります。
意識的に水分を補給するよう心掛けてください

まとめ

エアコンによる乾燥を防ぐには、スキンケアで乾きにくい肌作りをするとともに、身の周りの保湿を強化することが大切です。

潤いに満ちた肌を目指して、上手くエアコンの乾燥対策をしていきましょう!

[スポンサードリンク]