毛穴のざらつきを治す、正しい洗顔方法を知っていますか?

[スポンサードリンク]



肌に触れた瞬間…毛穴のざらつき気になることありませんか?

毎日しっかりと洗顔しているはずなのに肌に触れるとざらざらする…

その原因、洗顔方法にあるかもしれません!
今回は毛穴のざらつきを改善すためにはどんな洗顔方法が正しいのか紹介していきます。

毛穴がざらつく原因とは?

毛穴を気にする女性

毛穴がざらつく原因には毛穴のトラブルが関係しています。
どんな理由で毛穴のトラブルが起こり肌のざらつきを引き起こしているのか、具体的に説明していきます。

毛穴の中で皮脂が固まってしまい、皮膚がボコボコになっている状態

皮膚は毛穴から皮脂を分泌させて、肌を守るというバリア機能が働いています。
肌を守るために必要な皮脂ですが、何らかの影響で皮脂の分泌が過剰になると、皮脂の排出が間に合わず毛穴の中で皮脂が固まってしまいます。

この毛穴の中で固まった皮脂が皮膚をボコボコさせ、肌に触れたときにざらつきを感じる原因を作っています。

毛穴に角栓が詰まっている状態

角栓とは皮脂や古くなった角質、メイク汚れが混ざり合って毛穴に詰まったものをいいます。
皮脂の分泌が過剰になる、ターンオーバーの乱れで古い角質が排出されなかったり、メイクがしっか落としきれていない場合など、さまざまな要因が重なって角栓が出来てしまいます。結果的に毛穴が詰まり皮膚がボコボコしてしまいます。これが毛穴のざらつきを引き起こしています。

毛穴のざらつきを解消するには、毛穴を詰まらせないようにすることが大切です。正しいスキンケで毛穴のざらつきを改善していきましょう

ざらつく毛穴に危険なNG洗顔

顔を洗う女の子

毛穴のざらつきが気になるからといって一生懸命洗顔すると、かえって毛穴のざらつき解消の逆効果になってしまいます。

普段やってしまいがちな洗顔をする上での注意点を確認して、いつもの洗顔を見直してみましょう!

ゴシゴシ洗顔はNG

洗顔の基本は肌に負担をかけずに汚れを落とすことです。
ゴシゴシ洗顔で肌を摩擦すると、必要な角質まで洗い流してしまい肌は傷つき、ターンオーバーの乱れを引き起こします。

その結果、過剰に皮脂が分泌され、古い角質が剥がれ落ちにくくなり毛穴を詰まらせる要因を作ってしまいます。

クレンジングが危険なことも!?

クレンジングも肌に負担をかけないことが基本です。
メイク汚れが残っているとそれが毛穴を詰まらせる原因になります。

メイク汚れは肌に負担をかけず、しっかり洗い流すことが大切です。

オイルクレンジングは洗浄能力が高いので肌を擦らずに濃いメイクもきれいに落とすことが出来ますが、同時に必要な皮脂潤い成分も洗い流してしまう可能性があります。

すると、皮膚は皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとします。結果的に毛穴詰まりが起きやすい状態になってしまいます。オイルクレンジングを使うときには、肌への負担を最小限にするため必要以上の時間をかけないことを意識することが大切です。

また、メイクが薄い日は肌への負担が少ないクリームタイプを使うなど、肌の状態やメイクの濃さに合わせてクレンジングを使い分けることが理想的です。

ざらつきを改善する洗顔のコツ

ホットタオル

毛穴のざらつきを改善するには毛穴に汚れをためないことが重要です。
毎日のスキンケアで肌の汚れをきちんと落とし、ざらつきのないきれいな肌を目指しましょう。

正しい洗顔方法

[洗顔の手順]

  • 最初にぬるま湯で顔を洗い汗やホコリを落とします。
  • 洗顔料を清潔な手でよく泡立てます。
  • まず皮脂の多いTゾーンから洗顔します。次にUゾーン、その次に目の周りや口周りの皮膚の薄い部分を洗顔していきます。洗うときには肌をこすらないように注意して、力を入れず優しく丁寧に洗顔します。
  • すすぐときには、32℃〜35℃程度のぬるま湯で、洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎます。
  • 清潔なタオルで優しく押さえて水分を取り除きます。

ざらつきを解消する洗顔のコツ

いつもの洗顔に加えて、蒸しタオルを使ったお手入れが毛穴の汚れを落とすのに効果的です。

蒸しタオルの蒸気と熱を利用し、毛穴を開かせ角質をふやかせることで、毛穴に詰まった角栓や汚れを浮き上がらせます。汚れが浮き上がった後に洗顔を行えば、毛穴の中の汚れまでスッキリと洗い流せます。

洗顔をするタイミングは、湯船に浸かって体が温まってから行うのが効果的です。お風呂の湯気で毛穴を開かせ皮膚が柔らかくなります。この状態で洗顔をすると、毛穴の中の汚れが落としやすくなります。さらに、湯船に浸かると体全体が温まって新陳代謝がよくなり、ターンオーバーの活性化に効果があります。

蒸しタオルや入浴中の洗顔は毛穴が開いた状態なので、肌が乾燥しやすい状況です。入浴後はできるだけ早く保湿のお手入れを行いましょう!

まとめ

毛穴のざらつきは、毎日のお手入れで毛穴に汚れをためないことが基本です。

また、洗いすぎによって必要な角質や、皮脂を取り除いてしまうことも問題です。
お肌の状態は季節や環境、生活習慣などに影響されやすいため、日頃から肌の状態を確認して、その時に必要なスキンケアをすることで肌の調子を整えることが必要です。

いつものスキンケアを見直して、毛穴のざらつきを改善しましょう。

[スポンサードリンク]