コラーゲンってなぜ美容に良いの?その役割と効果とは

[スポンサードリンク]



なぜ、コラーゲンが美肌に欠かせないと言われるのか知っていますか?

化粧品やサプリメントでもコラーゲンが含まれていると聞くと、お肌がツヤツヤ・プルプルになることをイメージしますよね。

コラーゲンって美容に良いということは知っているけど、
その役割や効果をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

ということで、今回はコラーゲンについて詳しく解説していきたいと思います。

コラーゲンとは?

コラーゲン

コラーゲンは皮膚などを構成するタンパク質の一つです。

たんぱく質の中でも弾力性があり、細胞と細胞を結ぶ働きを持っていると言われています。

人間の体内のタンパク質のうち約30%はコラーゲンが占めていて、人間の身体を作るためには欠かせない成分なのです。

体内のコラーゲンの約40%が皮膚に存在し、その他に骨や軟骨、血管、内臓にも存在しています。

このようにコラーゲンは身体の基盤の役割を果たしているんですね。

さらにコラーゲンは肌の土台である真皮層の約70%を占める重要な成分でもあります。

コラーゲンの役割と肌への効果

女性の肌の状態

コラーゲンは真皮の約70%を占め、この真皮は肌の弾力や水分を保つうえでとても重要な役割を果たしています。

真皮の中ではコラーゲンやエラスチン(コラーゲン構造を支えて弾力を与える)の繊維が網の目のように張り巡らされ、その中にヒアルロン酸が入っています。

ヒアルロン酸は美肌の元ともいえる栄養素ですね。
この構造があるからこそ肌はふっくらとした弾力と水分をキープできるのです。

コラーゲンがなければヒアルロン酸によるしっかりとした土台が作られないため、綺麗な肌を保つにはコラーゲンが必要不可欠なのです。

また、コラーゲンは年齢とともにどんどん減少していき、20代半ば頃をピークに50代では約半分にまで低下してしまい、質も年齢とともに低下していきます。

コラーゲンの量や質が徐々に低下していくことで、肌の弾力を失い、シワやたるみが目立つようになります。

若々しくハリのある肌を保つためにはコラーゲンをいかに守り、維持していくかということが不可欠なんですね!

肌のコラーゲン量を増やす方法は?

スキンケア用品

コラーゲンは年齢とともに減少、質の低下が起こります。

なので、外から補う必要があるのです!
身近な方法をまとめてみました。

コラーゲン化粧水

コラーゲンは分子量が大きいので化粧水の浸透効果は期待できませんが、肌表面の保湿効果は期待できます。

化粧水成分としてのコラーゲンは肌表面の水分を吸着して膜を作り、お肌を保護して水分の蒸発を防いでくれるのです。

肌の水分を保つことで外部からの刺激を和らげ、肌の乾燥やシワ、カサつきを防ぎます

コラーゲン化粧水を使用することで、肌の保湿や潤い感をアップさせたり、小じわを目立ちにくくするなどの効果が期待できるんですね。

サプリメントや食品

サプリメントや食品に含まれるコラーゲンは全て吸収されるわけではありません。

口から摂取されたコラーゲンは、いったん体内で吸収できるサイズに分解され、アミノ酸として小腸から吸収されます。

つまり、コラーゲンを摂るということは体内で新しいコラーゲンを作る元となる成分を摂っているということになるのです。

食事からコラーゲンを摂取する時は、根気よく継続して摂り続けることが美肌作りのポイントです。

サプリメントを選ぶ際は、消化・吸収がスムーズになる低分子タイプがオススメです。
最近はサプリメントだけでなく、美容ドリンクやゼリータイプのものもありますよね。

また、普段の食事でもコラーゲンを補うことができます。

牛すじやレバー、豚肉、鶏肉、フカヒレ、すっぽんなど様々あり、これらの食品にはコラーゲンが豊富に含まれています。

サプリメントと食品を上手く組み合わせながら摂るとより効果も期待できます!

そして、プラスして摂りたいのがビタミンCです。

ビタミンCは体内でコラーゲンの再生をサポートしてくれるので、一緒に取り入れると相乗効果があります。

逆に脂の多い食事と一緒に摂るとコラーゲンの合成を妨げやすくなるので注意してください!

また、コラーゲンだけ!と偏りすぎず、栄養バランスのよい食生活を心掛けましょう

サプリメントの飲み方についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
サプリメントの間違った飲み方で効果が薄くなる?正しい飲み方とは

まとめ

コラーゲンは毎日継続して摂ることが大切です。

無理なく自分の生活スタイルに合った方法やタイミングで取り入れましょう。
積極的にコラーゲンを取り入れることで、ぷるん!とハリのある肌を目指したいですね。

[スポンサードリンク]