やり過ぎは危険!肌トラブルを引き起こすNGスキンケア集

[スポンサードリンク]



肌をきれいに保つため、もしくは肌の悩みを解消するために毎日スキンケアを頑張っている女性は多いはず。
でも、そのスキンケアが逆に肌トラブルの原因になっているかもしれない…と知っている方はどのくらいいるでしょうか。

間違ったスキンケアは、いくら頑張っても肌悩みが解決しないだけでなく、さらに肌トラブルが増えてしまう原因にもなります。

せっかく頑張っているのに、逆効果ではショックですよね。
正しいスキンケア方法を知って、しっかりと「意味のあるスキンケア」に変えていきましょう。

そもそもスキンケアが必要な理由って?

スキンケアをする女性

人間の肌には、本来自力で美しくなる機能が備わっています。
不要になったいらない細胞を落としたり、乾燥しないように守ったり、新しい細胞を生み出したりなど、全て肌の機能として自然に行われるのです。

これを言うと「じゃあ、スキンケアってしなくていいんだ!」と思う方がいるのですが、これはスキンケアをしなくていいということではありません。

私たちの肌は、唯一「洗う」ということを自力でできません。
例えば、メイクをしたり汗をかいたりした肌を放置していても、勝手に汚れが落ちることはありませんよね。
そこで、クレンジングや洗顔で肌を清潔な状態にしてあげる必要があります。

このクレンジング(洗顔)という工程ですが、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は、肌にある水分も一緒に洗い流してしまうので、スキンケアで水分を補給してあげる必要が出てきます。

また、加齢や環境によって誰でも肌細胞は劣化していきます。
自力でキレイになるサイクルが年齢や環境の影響に追いつかなくなってしまうのです。
この追いつかなくなったサイクルを補助してあげるのがスキンケアです。

この2つの理由から、スキンケアは必要だということが分かりますが、注目してほしいのは「スキンケアは肌自身の力を補助する役割」だという点です。

頑張ってあれこれ手をかけすぎると逆に肌が怠けてしまう…というのは簡単に想像できますよね。

やりすぎ注意!NGスキンケア集

では、具体的に何がやりすぎたスキンケアなのか詳しく解説していきます。

化粧水を念入りにパッティング

パッティングする女性

スキンケアを頑張っている人にありがちなのが、パチパチと念入りにパッティングして化粧水を入れ込むという行為です。パッティングした方が化粧水がぐんぐん浸透しそうな気がしますが、パッティングの強さや回数で化粧水の浸透率が上がることはありません。

むしろ、そのパッティングの刺激はシミの原因になってしまうのでやりすぎ注意です。

皮膚表面で刺激を受けると、基底層にあるメラノサイトにSOS信号が届きます。
SOSを受けたメラノサイトはシミの元となるメラニンを生成して肌を刺激から守ろうとします。
これがシミになる仕組みです。

パッティングで長期的に刺激を受け続けると、メラノサイトは暴走してコントロールがきかなくなります。
いつまでもメラニンが生成されてシミはどんどん濃くなり、増えていくのです。

パッティングはシミを作る原因にしかならないので、コットンや手のひらで優しく押さえて化粧水を浸透させるのが正しい方法です。

乳液やクリームの重ねすぎ

保湿クリーム

化粧水の後に乳液を塗って仕上げるとスキンケアはもはや当たり前になってきましたが、乳液とクリームをたっぷりと使用することで余計に肌ダメージを蓄積させることもあります。

肌の水分を保持する保湿因子は20代をピークに30代以降は加齢の影響で少なくなっていきます。
つまり、30代以降は乳液やクリームの使用は有効ですが、20代まではそこまでたっぷりと乳液やクリームを使う必要がないということです。

クリームや乳液には油分が含まれていることがおおいので、大量に塗りすぎてしまうと毛穴詰まりなどの肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

あくまで、スキンケアは衰えてきた肌機能を補助する役割なので、あれやこれやと不要な成分を肌に与えることは肌のバリア機能を破壊してしまうだけなので控えましょう。

トラブル肌をパックで解決

肌パックを行う女性

美容成分がたっぷり含まれたパックは、スキンケアの中でもスペシャルケアとして人気です。
肌が弱っている時にこそ使いたくなりますが、肌荒れ中にパックを使用すると余計に肌トラブルを悪化させてしまうことがあります。

肌荒れは、肌のバリア機能が低下して刺激に弱い状態です。
そんな時にパックをしてしまうと、肌はパック自体の刺激や美容成分に対応できないので状態が悪化してしまいます。肌荒れが気になるときは、「与えるケア」ではなく「守るケア」にポイントをおいたスキンケアが必要です。

弱っている肌には、普段使用している肌に合ったスキンケアをしてあげましょう。

頻繁な角質ケア

毛穴パックをする女性

角質ケアは、乱れたターンオーバーを整えるサポートをしてくれるスキンケアとして人気がありますが、過度な角質ケアは肌トラブルの原因にもなります。

「角質は取り除かなければいけないもの」というイメージがあるために、一生懸命ピーリングなどの角質ケアをしてしまいがち。しかし、角質には肌を守る「バリア機能」という役割があるので過剰な角質ケアは肌のバリア機能を弱めてしまいます。

頻繁に角質ケアをして、角質を摂り過ぎてしまうと、バリア機能が未熟な細胞が肌表面にあらわになってしまいます。未熟な細胞なので肌トラブルを起こしやすいのは当然なのですが、そこに気づかず角質ケアを続けることでターンオーバーが間に合わず、いつまでたってもバリア機能が復活できないという状態になってしまうのです。

ターンオーバーは促進させることだけが重要なのではなく、正常な周期を取り戻すことが重要です。
特に、肌の赤みが強いときやニキビなどの炎症があるとき、乾燥して肌が敏感になっているときに角質ケアは不要です。

角質ケアはすぐに肌の変化を実感できる即効性が人気ですが、過度な角質ケアは逆効果になるので注意が必要なんです。

まとめ

美容を一生懸命頑張る女性は「やり過ぎる」ことがありがちです。
自分にとって本当に必要なケアは何なのかをしっかり知って、意味のあるスキンケアをしていきましょう!

肌断食というのもあるくらいなので、こちらも参考にしてみてください!
肌断食のやり方を解説

[スポンサードリンク]