皮脂でギトギト!おでこの皮脂過剰を改善する方法

[スポンサードリンク]



特にテカリやベタつきが気になる部位といえば…『おでこ』ですよね!
メイクの崩れも早く、「おでこの皮脂をなんとかしたい!」と考えている方も多いでしょう。

そんな皮脂でギトギトおでこには、どのような対策が効果的なのでしょうか?

そこで今回は、『おでこの皮脂』に焦点を当て、その対策についてご紹介します!

おでこの皮脂が肌トラブルの原因に!

おでこを気にする女性

おでこは皮脂腺が発達している部位!
つまり皮脂を過剰分泌しやすいパーツということです。

皮脂過剰によっておきる肌トラブルといえば…『ニキビ』ですよね!
では皮脂過剰によるデメリットとニキビには、どのような関係性があるのでしょうか?

ニキビができやすくなる

過剰に分泌された皮脂が肌表面に残ったままになると、毛穴詰まりの原因となってしまいます。
詰まった毛穴の下では、アクネ菌がどんどん繁殖!
結果として、ニキビを作り上げてしまいます。

おでこにニキビができやすいのは、皮脂過剰による毛穴詰まりが一因ということです。

ニキビを繰り返しやすくなる

皮脂が詰まり開いてしまった毛穴には、雑菌が入りやすくなります。
つまりニキビを繰り返す原因となってしまうということです。

またニキビを繰り返すことで、ターンオーバーでは回復できない真皮層にまでダメージが及ぶと、凸凹肌を作り上げる原因となります。

ニキビが治りにくくなる

余分な皮脂が肌表面に残っていると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が乱れます。
つまりニキビを治すための良質な細胞の生成が遅れるということ!

その結果、ニキビができても治りにくい肌環境を作り上げてしまうということです。

皮脂過剰を改善するには?

水

先ほど『おでこは皮脂腺が発達している部位』とご紹介しました。
「もともと皮脂がでやすい部位ってことは、どうにもできないってことじゃん!」
と思った方も多いかもしれませんね。

諦めるのはまだ早いですよ!
皮脂過剰の具体的な改善方法についてご紹介します!

必要なのは油分<水分

皮脂過剰が起きる原因として考えられるのが、『乾燥』です。
どうしてもギトギトした肌を見ると、「これ以上何もしないほうが良いんじゃないかな?」と思ってしまいがちですが、ギトギトした肌ほど、乾燥対策が必須!

肌内部の水分が不足していると、乾燥から肌を守るため、皮脂が過剰分泌されてしまいます。
つまり水分を補充することが大切ということ!

スキンケア用品の中には、クリームや乳液など油分の多いものもありますが、何より水分補充に適しているのは化粧水です。

化粧水でしっかり保水したあとに、クリームや乳液で水分の蒸発を防ぐよう蓋をするように心掛けましょう。

皮脂抑制のスキンケア

皮脂過剰を防ぐには水分が大切ということがわかりました。
水分の満たされた肌は、ターンオーバーの周期が整い、みずみずしく潤いのある肌を保つことができます。

水分を逃がさす、保持するための成分をご紹介しましょう!

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • ビタミンC
  • ビタミンB群

これらの成分が含まれた化粧水を使用することで、『水分』+『美容成分』=『保湿』となり、皮脂過剰を防ぐ有効なスキンケアを行うことが可能です。

食事で皮脂分泌量を改善する

ビタミンを多く含んだ食べ物は、皮脂の分泌を抑えるのに効果的といわれています。

  • ビタミンB群…レバー、まぐろ、あさり、ほうれん草、納豆、卵、乳製品、焼き海苔など
  • ビタミンC…アセロラ、ケール、ピーマン、パセリ、焼き海苔など
  • ビタミンE…アーモンド、大豆、モロヘイヤ、かぼちゃなど

口から摂取した食品は腸を通して、体内に吸収され、肌へ影響を与えます。
つまり逆効果にも働く可能性があるということ!

糖分や脂肪の多い食事を摂取した場合、皮脂が増える原因となるということです。

ベタつき・テカリが気になるときの対処法は?

あぶらとり紙を使っている女性

すでにベタつきやテカリが目立って、気になっているという方も多いですよね。
そんな時、どのような対処法が正しいのかご紹介します!

皮脂は取りすぎない

もともと肌には天然の『皮脂のベール』が備わっています。
皮脂のベールがあることで、外からの刺激や乾燥から肌を守っているということですね。

しかし、ベタつきやテカリが気になるからと皮脂を取りすぎてしまうと、肌は無防備状態に!
必要な皮脂を失ったと判断した肌は、皮脂を過剰分泌してしまうということです。

また強い摩擦を加えると、肌のバリア機能が低下します。
その結果、肌を守ろうとして皮脂を過剰分泌してしまいます。

皮脂を押さえる方法には…

  • あぶらとり紙
  • ティッシュ
  • タオル

などが挙げられますが、どれを使用する場合も強く擦らないよう注意しましょう。

あぶらとり紙は皮脂を取りすぎてしまう危険性があり、タオルは繊維自体が肌には刺激となってしまう危険性があるため、オススメはティッシュの使用です!

まとめ

おでこの皮脂はメイク崩れや肌トラブルの原因に!
なんとかしたいと対処していることが逆効果という可能性もあります。

大切なのは、水分の補充や摂取する食品、正しい対処法など皮脂過剰を起こさないケアです。

意外と普段の生活で取り入れられることばかり!
これを機に、あなたも『おでこの皮脂対策』を心掛けて、ツルッとスベっとした肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]