オイルクレンジングは肌に悪いけどメイクは良く落ちるは嘘?正しく使えば効果抜群の秘密!

[スポンサードリンク]



オイルクレンジングは肌への負担が大きいと言われたりしますが、実際にはどうなんでしょうか?

各クレンジングの特徴やオイルクレンジングについて詳しく解説しますので、オイルクレンジングを味方に付けて健やかな肌を目指していきましょう。

きちんと理解して、正しく使えば効果抜群です!

クレンジングの種類

クレンジングはオイル以外にも、いくつか種類があります。

クレンジングオイルについてみていく前に、各クレンジングの特徴を紹介します。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは油分をメインに配合されていて、素早くしっかりメイクを落とし、さっぱりとした使用感です。

洗浄力がクレンジングの中で1番強く、しっかり濃いめのメイクやアイメイクなどの落としにくいメイクも綺麗に落とすことができる一方で、肌への負担も大きくなります。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドは水分ベースなので、テクスチャーがサラサラしています。

濡れた手でも使うことができ、べたつきが少なくさっぱりとした使い心地です。

クレンジングミルク

クレンジングミルクは乳液のようなとろみがあり、サラッとした使用感なのに、洗い上がりはしっとりしているのが特徴です。

また、お肌への負担が少ない分、洗浄力は弱めなので、ゆっくり丁寧にメイクと馴染ませてからオフするのがポイントです。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームはクレンジングの中で最も保湿力が高く、肌の潤いを残したままメイクを落とすことができます。

クリームに厚みがあるので肌への摩擦が抑えられるとともに、肌の油分や水分を保ちながら洗浄するので、クレンジング後の肌のツッパリを感じにくいのも魅力です。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは肌馴染みが良くて伸ばしやすく、さっぱりとした洗い上がりです。

弾力のあるジェルが摩擦によるお肌への刺激を抑えながらしっかりメイクを落としてくれます。

拭き取りシート

拭き取りシートは手軽に使えて持ち運びもしやすいので、クレンジングを簡単に済ませたい時や旅行などの外出先での使用に適しています。

しかし、シートタイプは拭き取りの摩擦で刺激が強いので、普段使いには向きません

使い続けることで肌の乾燥などのトラブルが起きる可能性がありますので、やむを得ない場合の便利アイテムとして使うと良いでしょう。

オイルクレンジングの特徴

オイルクレンジングはクレンジングの中でも最もメイク落としの効果が高く、肌に負担がかかると言われがちですが、実際にはどうなのかを詳しく紹介していきます。

クレンジングオイルには鉱物油と油脂の2種類があります。

鉱物油は石油を原料として合成・精製されています。
低価格で、酸化しにくく保存性に優れているのが特徴です。

強力なメイクでも綺麗に落とせる優れたクレンジング力を持っていますが、脱脂力が強すぎて肌が乾燥しやすくなるのが難点です。

油脂は植物から取れるオイルで、クレンジングオイルの中では最も肌への負担が小さいと考えられています。

油脂は洗浄力が高く、肌に必要な油分を取りすぎずに洗うことができ、肌に残ってしまった場合でも皮脂の代わりとして保湿を行うことができるのが特徴です。

クレンジングオイルはクレンジングの中でも洗浄力が最も高い反面、お肌への刺激や負担も強くなります。

その他にも、肌に悪いと言われる理由としてクレンジングオイルに含まれる界面活性剤が挙げられます。

界面活性剤は洗浄力が高く、メイクだけでなく肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、お肌の乾燥の原因となります。

また、汚れを落とす段階でゴシゴシと擦るなどの過剰なクレンジングによっても皮脂膜が洗い落とされ、肌のバリア機能を低下させてしまう場合もあるのです。

しかし、界面活性剤は必ずしも肌に悪いわけではなく、水分と油分を混ぜ合わせるために必要な成分で、メイク汚れや皮脂汚れ、古い角質などを洗い落とす役割を果たしています。

また、水と油が乳化するために必要不可欠な成分でもあるのです。

クレンジングは優しい力加減で素早く馴染ませることがポイントで、オイルとメイクを馴染ませる時間は1分程度にしましょう。

オイルを顔全体に馴染ませたら、少量の水を手に取り顔に馴染ませます。

オイルのするするとした質感から、乳液のような軽い質感に変わって顔全体が白く濁ってきたら乳化完了です。

乳化は大切な作業で、水とオイル、メイク汚れが混ざり合って洗い流しやすくします。

そして、すすぎ時間を短縮できるとともに、摩擦による肌への負担が軽くなり、オイルやメイクの洗い残しを防ぐことができるのです。

界面活性剤についてはこちらでも解説してるので、ご参考にしてみてくださいね。
界面活性剤についてもっと詳しく

鉱物油・油脂の肌への影響は?

世間でNGと言われているクレンジングオイルが鉱物油です。

鉱物油が含まれているクレンジングオイルは脱脂力が強いので、メイク汚れと一緒に肌に必要な皮脂までも落としてしまい、肌の乾燥を招く原因となります。

また、高い吸着性を持っているため洗い流しにくく、肌に残ったままだと毛穴が詰まりニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

一方、油脂は植物から取れるオイルで、鉱物油とは全くの別物です。

高い洗浄力がありつつも油分を適度に残すので、肌への負担は少ないと言われています。

油脂は肌の乾燥を防いで健やかに保つことができる優れものなのです。

油脂の中でも、マカダミアナッツ油やアボカド油、アルガンオイル、米ぬか油などの酸化しにくい良質なオイルを選ぶと良いでしょう。

まとめ

クレンジングオイルは洗浄力に優れていますが、成分内容によっては強すぎて肌の乾燥を招いたり、逆に肌の保護成分になってくれたりします。

クレンジングの際は、乳化させることで肌への負担を最小限にとどめることも大切です。

クレンジングオイルの種類や特徴を正しく知って、肌に優しい成分のものを選びたいですね。

[スポンサードリンク]