オイリー肌は簡単に治らない?その原因と改善方法とは?

[スポンサードリンク]



午後になると特に気になるギトギト肌。
メイク浮きが激しく、上からファンデーションを重ねても、ヨレヨレに…。

人によっては、洗顔後間もなくにも関わらず、「もう肌がベタベタ!」と悩んでいる方もいるでしょう。

そんなあなたは、「テカテカするのは、オイリー肌が原因だから仕方ない!」と諦めてはいませんか?
実はオイリー肌の方の中には、『できればなんとかしたいけど、対策がわからず放置している』という方が多いんです。

オイリー肌を放置していると、新たな肌トラブルの原因に…。

そこで今回は、『オイリー肌』に焦点を当て、その原因や新たな肌トラブル、対策方法についてご紹介します!

オイリー肌の原因とは?

皮脂膜と肌断面図

オイリー肌の肌質は、原因の見極めが実はとても難しいんです!
正しい見極めができなければ、間違った対策で、肌荒れの原因となってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンの分泌量によって、皮脂量が変わるということをご存知ですか?

ホルモンといえば…

  • 男性ホルモン
  • 女性ホルモン

が挙げられます。

女性なのに男性ホルモン?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、女性であっても男性ホルモンの分泌はされています。

■男性ホルモン
有名な男性ホルモンに挙げられるのが、『テストステロン』です。
テストステロンには皮脂の分泌を促す作用があります。女性に比べて、男性の方が肌のテカリが強くなるのは、この男性ホルモンの分泌量が多いからということです。

寝不足などで体がストレスを感じると、テストステロンが過剰に分泌します。ですから女性であっても、ストレスを感じると、テストステロンの分泌量が増え、その結果オイリー肌になってしまうということですね。

■女性ホルモン
女性ホルモンといえば、『エストロゲン』と『プロゲステロン』ですが、生理前になると分泌促進されるのがプロゲステロンです。

プロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があります。
プロゲステロンはストレスに弱く、自律神経のバランスが崩れることでも免疫力が低下し、分泌が促進されてしまいます。

プロゲステロンの分泌量が増えることで、オイリー肌に傾いてしまうということですね!

遺伝

先ほどご紹介したホルモンのバランスですが、男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランスは遺伝による影響が大きいとされています。
つまり、オイリー肌のご両親から生まれるお子さんは、オイリー肌になる可能性が高いということです!

また生まれつき皮脂量が多い肌質のケースもあり、こちらも遺伝性が高いとされています。

乾燥

オイリー肌なのに乾燥?」と思った方もいるでしょう。

オイリー肌と乾燥は、実はかなり密接な関係にあるんです!
肌は水分の蒸発を察知すると、防衛機能を働かせることで、皮脂を過剰に分泌する機能が備わっています。

また乾燥が進行すると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が乱れることで、余分な皮脂を排泄する機能が弱まってしまうんです。
その結果オイリー肌から、なかなか抜け出せないということです。

オイリー肌が原因の肌トラブル

毛穴トラブル

オイリー肌を放置することで、二次被害ともいえる肌トラブルを起こす可能性が高くなってしまうんです!

キーワードは、『ターンオーバー』!
ターンオーバーは古い細胞から新しい細胞への生まれ変わりをすることで、美しい肌を保つための大切な役割をしています。

毛穴の詰まり

オイリー肌によって、余分な皮脂が肌表面に残っていると、ターンオーバーの周期が乱れてしまいます。その結果生まれ変われず肌に残ってしまった古い細胞は、角栓となって毛穴に詰まってしまうんです。

角栓は皮脂の塊!
つまりオイリー肌をさらに助長させてしまうということです。

毛穴の開き

毛穴に詰まった角栓は、どんどん毛穴を広げていきます。毛穴が大きくなることで、皮脂の分泌量もさらにアップ!
またターンオーバーの周期が乱れているとで、毛穴を引き締める機能も衰えてしまいます。

まさに負のループが完成することで、オイリー肌から脱却できないということですね!

ニキビ

毛穴が詰まるということは、ニキビの原因となるアクネ菌の行き場を失ってしまうということです。
その結果、アクネ菌がどんどん繁殖し、ニキビが完成してしまうということですね。

オイリー肌の対策方法

眠っている女性

食生活

脂質の高いものは腸内環境を悪化させ、『老廃物』を排出させにくくします。老廃物が溜まると皮脂量が増えることで、肌荒れを起こしてしまうということ!

皮脂のバランスを整えるのに必要な主な栄養素は、『ビタミン』『鉄分』『タンパク質』です。
これらの食材を多く摂取し、腸内環境を整えることで、老廃物の排出を促すよう心掛けましょう。

生活習慣の改善

寝不足はオイリー肌には大敵!
寝不足になると体がストレスを感じ、交感神経が刺激されることで男性ホルモンが活発化します。
1日7~8時間の良質な睡眠を心掛けましょう。

またストレスは、プロゲステロンの分泌を促進する原因ともなります。
ストレスを溜めにくい生活習慣が大切です。
その第一歩が良質な睡眠ということですね!

スキンケアでの改善

先ほどもご紹介したとおり、まずは乾燥対策が必須!
保湿ケアを怠らないことが大切です。

また余分な皮脂を肌に残さないということも重要です。洗顔は丁寧に行い、清潔に保つことを心掛けましょう。
ゴシゴシ擦るのは厳禁
強い摩擦は皮脂の分泌を促す原因となってしまいますので、優しく、たっぷりの泡で洗顔するのがポイントです。

オイリーケアにお勧めの化粧品をこちらにまとめていますので、こちらもご覧くださいね。
脂性肌におすすめの化粧水&美容液ランキング

まとめ

オイリー肌はメイクも浮いてしまい、女性にとってはやっかいな肌質です。しかも放置するとさらなる肌トラブルの原因に…。

原因の見極めを正しく行い、早めに対策することが大切です。
あなたもオイリー肌対策をしっかり行い、サラッとした美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]