セラミドって本当に良いの?注目の保湿成分で?乾燥肌は良くなる?

[スポンサードリンク]



女性にとって毎日欠かせないスキンケア。
肌の調子が良いとお化粧もお洒落も楽しくなりますよね!

でも、年齢を重ねるごとに「若い頃よりも肌がガサガサするようになった…」「なんだか毛穴が開いてきた気がする…」という悩みが増えてはいませんか?

実は、その悩みの原因は肌の潤い成分が加齢によって減少してしまうからです!肌は乾燥すると、カサつき、毛穴開き、余分な皮脂分泌…などの様々な肌トラブルを引き起こすようになってしまいます。

そんな残念な肌にならないためにも、今もっとも注目されているのが『セラミド』という成分。セラミドと言えば、市販の化粧水などでも見かけるワードですが、あなたはセラミドについてどれくらい知っていますか?

「セラミドって何?なぜ必要なの?どんな役割や効果があるの?」

なんとなく良さそうというイメージを持っている方も多いセラミド。今回は、そんなセラミドの意外と知らない役割効果的な補い方についてご紹介していきます!

セラミドって一体何?

セラミドと言えば、化粧水や美容液に配合されている成分というイメージがありませんか?

実はセラミドはもともと人の肌に備わっている成分です。

セラミドは人の体の中にある!

肌は表面に近いほうから、表皮→真皮→皮下組織の順で構成されています。そして、肌の調子に大きく関わってくるのが、このうちの『表皮』にあたる部分です。

表皮はさらに角質層→顆粒層→有棘層(ゆうきょくそう)→基底層の4つの層に分かれています。表皮の奥深くにある基底層で生まれた新しい細胞が、約28日の期間をかけて角質層まで徐々に上がっていくことを『ターンオーバー』といいます。

このターンオーバーの最後の役割を果たす『角質層』にセラミドは存在しています。

重要!セラミドの役割とは?

角質層に存在するセラミドですが、一体どのような役割を持っているのでしょうか?

セラミドは、角質層を構成している『細胞間脂質』の主成分です。

角質層は主に『角質細胞』と、角質細胞同士をくっつける接着剤のような役割をしている『細胞間脂質』から成り立っています。イメージとしては、ゼリー(細胞間脂質)の中にナタデココ(角質細胞)が入っているような状態です。

このうち細胞間脂質は、水分を蓄えて保湿したり、外部からの埃や菌など刺激物から肌を守るなどの役割を担ってます。セラミドは、この細胞間脂質の主成分(約50%も占めている!!)なので、肌の水分やバリア機能を維持するために無くてはならないものなのですね。

このように大切な役割を果たすセラミドは、ターンオーバーの過程で生成されます。そのため、セラミドを不足なく生成するためには、ターンオーバーが正常に行われることが重要ということなのですね。

セラミド不足は要注意!

セラミドは肌の水分を保持したり、外部刺激から肌を守るバリア機能の役割をします。そのため、もしセラミドが不足してしまったら、肌は乾燥してカサカサになり、刺激に敏感に反応してしまうようになるのです。

しかし、残念ながらセラミドはとても簡単に減少・流出してしまうと言われています。

セラミドが減少・流出する原因は?

セラミドが減少する主な原因についてみていきましょう。セラミドは、年齢や環境、スキンケア方法など、あらゆる原因で減少・流出してしまいます。

①加齢による肌機能の衰え
赤ちゃんの肌にはセラミドがたくさんありますが、年齢を重ねるごとにその量は減少していきます。これは細胞の衰えによるターンオーバーの遅れが原因だと言われています。誰しもがいつかは直面する問題ですが、肌がハリを失ってきたり、乾燥が酷くなっていたらセラミドが不足し始めているサインかもしれません…。

②洗顔・クレンジングでセラミドが流出
洗顔料やクレンジング料には、肌の汚れを落とすための“強い洗浄力”がそなわっています。そのため、これらの洗浄剤を使いすぎてしまうと、角質からセラミドが流出してしまう原因になります。また、洗浄力だけでなく、ゴシゴシと強くこすることもセラミド流出の原因になるので注意しましょう。

③不規則な生活とターンオーバーの乱れ
夜更かし、飲酒喫煙、スキンケア不足、栄養バランスの偏りなどの不規則な生活を送ると、20代頃の若い世代であってもターンオーバーが乱れやすくなります。ターンオーバーが乱れるとセラミドの生成が上手くいかなくなるため、セラミド不足に陥りやすくなります。

不足したセラミドの補い方とは?

セラミドが不足すると、様々な乾燥・肌荒れ・毛穴などの様々な肌トラブルを起こすようになります。

このような肌トラブルを避けるためにも、不足したセラミドはしっかりと外から補ってあげるようにしましょう。

不足したセラミドは『セラミド配合の化粧水や美容液』で補うことが可能です。化粧水に含まれるセラミドには、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。まずはセラミドの種類を見ていきましょう!

【セラミドの種類】
①天然セラミド…人の肌に存在するセラミドに近いため、肌に浸透しやすい。ただし、高価な場合が多い。
②合成セラミド…石油原料を科学的に合成して作られたセラミド。他のセラミドに比べて安いが、効果が薄い。
③植物性セラミド…米や大豆から抽出したセラミド。比較的低刺激だが、人の肌と馴染みにくい。
④ヒト型セラミド…酵母によって生成されたセラミド。人のセラミドと似た構造をもち、とても浸透しやすい。

ひとくちにセラミドと言っても、原料や肌への馴染みやすさなどによって効果は大きく変わります。人の肌に馴染みやすいセラミドを配合した化粧水を選んでしようすることで、しっかりセラミドを補っていきましょう。

スキンケアによってセラミドをしっかりと補ってあげることによって、肌を乾燥による肌荒れから守ったり、バリア機能を回復することが期待できます

また、このような潤いケアを一定期間続けることで、肌の状態を回復して、水分をたっぷり含んだ潤い肌を保つことが出来るようになるのです。

【セラミド配合】おすすめの化粧水や美容液は?

おすすめのセラミド化粧水とセラミド美容液についてご紹介します。質の高いセミラドと保湿機能に優れたスキンケアによって、水分たっぷりの潤い素肌を手に入れましょう!

◆おすすめのセラミド配合化粧水

【JADEBLANC 美白ハイドレーティングローション】

内容量:120ml
通常価格:5,765円
トライアル価格:1,830円

人の肌にある天然保湿成分セラミドをナノ化して採用。3種類のセラミドが角質層にしっかりと浸透して、肌の潤いやバリア機能をサポート。さらに、こだわりのオーガニック保湿成分配合で、疲れた肌を本来の健やかな状態へと整えます。

⇒JADEBLANCの公式サイトはコチラ!

【ETVOSモイスチャライジングローション】

内容量:150ml
価格:3,200円
初回トライアルセット:1,900円

セラミドや天然保湿因子NMFなど、人の肌と同じ保湿成分を豊富に配合。さらに肌表面の潤いを守る高保湿成分ヒアルロン酸やリピジュア配合で、肌の内側と外側の両方から保湿サポート。潤いとハリに満ちたみずみずしい肌へと導きます。

⇒ETVOSの公式サイトはコチラ!

【ヒフミド エッセンスローション】

内容量:120ml
価格:3,240円
初回トライアルセット:1,500円

角質層に自然に浸透していく3種類のヒト型セラミド配合。肌本来の保湿力を高めることにより、強いバリア機能をサポートして肌を守ります。使うほどに、弾むようなハリのある肌を目指します。

⇒ヒフミドの公式サイトはコチラ!

◆おすすめのセラミド配合美容液

【ETVOS モイスチャライジングセラム】

内容量:50ml
価格:4,000円
初回トライアルセット:1,900円

5種類のヒト型セラミドをバランスよく配合した美容液。人の肌と同じラメラ構造のため、肌に馴染んで浸透しやすく、潤いが持続します。たっぷりとした保湿成分に加えて、整肌効果のある植物エキスによりキメの細かい弾力肌へと導きます。

⇒ETVOSの公式サイトはコチラ!

【ピュアセラ セラミド配合美容オイル】

内容量:18g
価格:4,500円
初回価格:500円

天然ヒト型セラミドと12種類の和漢植物、3種類の植物オイルのチカラで潤いを補う美容オイル。純度90%以上のセラミドが肌にしっかりと馴染んで、角質層のキメを整えて潤いをキープします。肌に優しい無添加処方。

⇒ピュアセラの公式サイトはコチラ!

【NOVⅢ バリアコンセントレイト】

内容量:30ml
価格:5,000円
初回トライアルセット:1,500円

⇒NOVの公式サイトはコチラ!

セラミドを増やす習慣をつけよう!

セラミド入りのスキンケアを行うことによって、不足したセラミドを補うのは効果的な手段です。

しかし、どうせならセラミドがあなたの肌でしっかりと生産されるのが望ましいですよね。セラミドを増やす習慣を身に着けることで、スキンケアで肌を整えた後にも、ずっとみずみずしい素肌を持続させられるようにしていきましょう!

セラミドを増やすために一番大切なのはターンオーバーです。ターンオーバーを正常にして自身のセラミド生成力を高めることを目指しましょう。

しかし、「ターンオーバーを正常に保つと言っても、具体的に何をしたら良いのかわからないし…。」と思う方も少なくないでしょう。

実は、ターンオーバーは身近な習慣を変えるだけで、簡単にサポートしていくことができます。どのようなことを意識すればいいのか、具体的なポイントをご紹介します。

【ターンオーバーの改善するためには?】
・バランスの良い食事をとる
・十分な睡眠時間をとる
・正しい洗顔&クレンジングを行う
・保湿重視のスキンケアを行う

バランスのとれた食事や十分な睡眠は、ホルモンバランスを整え健康な細胞をつくる土台となります。さらに、洗顔やクレンジング、保湿スキンケアによって外側から正しいケアを加えてあげることによって、より健康な肌状態を目指していくことが出来ます。

このように毎日の習慣をちょっと改善するだけでも、ターンオーバーを正常に保つことは可能です。

大切なのはお手軽な方法でも毎日続けることです。あなたの自身の力でお肌に大切なセラミド生成力を高めましょう!

ターンオーバーを詳しく解説

セラミドに優しい化粧下地も大事!

肌のセラミドを保つためにプラスαで意識してほしいのが「化粧下地」です。

まずは、スキンケアや簡単な習慣を改善が大切ですが、そのうえでさらにプルプルの潤い肌を目指したいという方は、ぜひ試してみてくださいね!

毎日のメイクで欠かせないのが化粧下地ですが、肌質に合わせた化粧下地の種類によってメイクの仕上がりは大きく変わりますね。

ニキビ跡を隠したい、肌の凹凸を無くしたい、毛穴をしっかりカバーしたい…など様々な要望があるかと思いますが、強力にカバーできる下地ほど肌への負担が大きいことを忘れてはいけないのです。

化粧品には油分が沢山含まれていますので、落とすときにはゴシゴシと強く擦ってしまいがちです。強力にカバーできる下地を使った場合には、毛穴に入り込んだ化粧品をしっかり落とせるような強力なクレンジング料が必要になります。

毎日これを続けると肌への負担が増えていくのは想像できますよね。クレンジングや洗顔でゴシゴシこするたびに流出する『セラミド』により、肌は乾燥や刺激といったストレスにみまわれ、肌トラブルを起こす原因となってしまいます。

そこで、セラミドを整えることによって肌の状態がある程度良くなってきたら、『お湯でオフタイプの化粧下地』に切り替えるようにしましょう。簡単に洗い流せる下地を使うことで、強い摩擦もかかりにくく、お肌への負担も少なくなるため、すっぴんでも美しい肌づくりをしていくことができるでしょう。

まとめ

今回の記事では、セラミドについて詳しく説明しました。あらためて、セラミドの効果とセラミドの補い方をまとめて見ていきましょう。

・『セラミドは』細胞間脂質の50%を占める成分で、強い水分保持力があるため、セラミドが多ければ肌は乾燥しにくい

・セラミドは『セラミド配合の化粧水』で補うことが可能なので、毎日のスキンケアをしっかりと行うことが大切

・ターンオーバーを正常にして、セラミドの減りにくい肌をつくる

・『お湯でオフタイプの化粧下地』を使うのがおすすめ

肌のセラミドの効果をよく理解することで、セラミドを守るためのケアに力が入りますよね!上記にまとめたような、セラミドを守るための肌ケアを意識して、日頃のスキンケアを行うようにしましょう!

[スポンサードリンク]