噂になってる毛穴対策の裏ワザ!実は間違いスキンケアかも…

[スポンサードリンク]



最近では毛穴ケアにも簡単にできてお値段もプチプラで出来るパックも増えてます。

中でもオロナインやニベアクリームなど家に常備しているようなもので、簡単に毛穴ケアが出来るとネットなどでも色々な噂が広がっています。

どういった毛穴対策の裏技があるのか、また効果はどうなのか、注意点などまとめてみましたので、今後の毛穴ケアの参考にして下さい。

毛穴に効く裏技①オロナインパックは効果あり?

一番有名なのがオロナインを使っての毛穴ケアです。

オロナインパックのやり方は、2通りの方法があります。
その方法を簡単にまとめてみました。

1つ目の方法はオロナイン+毛穴パックです。

  • 先ずはしっかりと顔を洗い、水分を拭き取ります。
  • 鼻の黒ずみに約1ミリ程の厚さでオロナインを塗ります。(毛穴が隠れるくらいが目安です)
  • 10〜15分ほど放置し、その後ぬるま湯で洗い流します。
  • 通常通り毛穴パックをします。
  • 剥がすとニョロニョロ角栓が取れます。

2つ目の方法はオロナインのみを使った方法です。

  • はじめに蒸しタオルやスチーマーを使って毛穴を開かせます。
  • こちらも同じく、毛穴が隠れるくらいにオロナインを塗ります。
  • 5〜10分ほど放置して、そのあとオロナインをぬるま湯で洗い流します。
  •  洗い流した後は冷やしたタオルで毛穴を引き締めてて。
  • 通常通り化粧水などで、ケアしましょう。

このオロナインパック、ごっそり角栓が取れて気持ちいいのですが、実は危険な方法なのです。

オロナインパックは家庭に常備されているような簡単にお手頃に手に入るので、何回もパックをしてしまいがちですが、剥がす時に、角質だけではなく大事な皮脂なども除去してしまいます

必要な皮脂がなければ、どんなに保湿しても肌は乾燥したままになります。
そうすることにより、前より大きな黒ずみが出来てしまいます。

その都度、オロナインパックを繰り返していると、毛穴は広がり肌は乾燥し、肌トラブルの原因になってしまうのです。

良くなっているように見えるのは一時的で、黒ずみや肌のトラブルの元になる危険性が高いので注意しましょう。

ちなみに、オロナインは殺菌性を持つ薬で、医薬品になります。

殺菌力が強い薬を傷のない場所につかうと肌がかぶれたり、炎症を起こしてしまう可能性がありますので皮脂分の少ないところに使うのは注意して下さいね。

オロナインパックについてはこちらで詳しく解説しているので、合わせてご参考くださいね。
オロナインパックで毛穴の角栓を取るのは危険?効果的なケア方法

毛穴に効く裏技②ニベアパックは効果あり?

ニベアクリームはプチプラで顔にも体にも使えて万能なクリームですよね。

ニベアパックとは、ニベアクリームをまんべんなく顔に塗ってパックをしていく方法です。

まずは、クリームを塗る前に洗顔を行います。

そのままタオルで拭き取らず、濡れた状態でニベアクリームを塗ります
肌がしっかりとニベアクリームで隠れ、白くなるように塗り、10分から15分置いて洗い流しましょう。

また、クリームを塗る前に蒸しタオルで毛穴を開いておくと毛穴汚れも落ちやすくなります。

実はオススメできない、ニベアパック…

ニベアは油溶性のため、ニキビが出来ている方や、ニキビが出来やすい体質の方は余計に油分を摂取してしまうので悪化する恐れがあります。

過剰な油分とニベアの保湿成分で余計に毛穴を詰まらせるとアクネ菌とバクテリアが一度に繁殖して炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。

また、ミネラルオイルが配合されているニベアは日焼けしやすくなり、シミの原因にもなり肌トラブルが発生するのです。

毛穴に効く裏技③保冷材で毛穴は引き締まる?

保冷材のパックをするときには、まず最初にぬるま湯で洗顔をしっかりと行い、化粧水で肌を整えます。

気になるところにコットンの上から保冷材を当てます。

冷却し毛穴を引き締めたら保湿して完了です!

この時、直接保冷剤を肌に乗せると低温ヤケドになる可能性もあるので注意が必要です。
コットンやタオルの上から使用してくださいね。

しかし、保冷材で肌を冷やすと、温度差の原因で肌トラブルにつながることもあります。

肌を冷やすと血管が収縮し血行が悪くなり、肌のターンオーバーが低下して、シミの原因にもなります。

顔が痩せたようにも見えるかもしれませんがこれは一時的に過ぎないのです…

血行が悪くなると肌のハリがなくなったり、肌の栄養の巡りも悪くなります。

顔が痩せたように見えるので即効性を感じる方もいるかもしれないのですが、一時的ですのでやりすぎには注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

プチプラで誰でも簡単に出来るケアが今は沢山ありますが…
使い方次第では逆効果になってしまう場合があると言う事も分かったのではないでしょうか?

手ごろで簡単というだけで続けてしまうと色々なリスクがあります。

簡単にクリームを塗って時間を置く、流す。といった簡単な毛穴対策もあれば、

ひと手間かけて蒸しタオルを使ったり、ラップを使ったり、冷えたタオルで最後に毛穴を引き締めるなど、ちょっとした工夫で保湿や浸透力が変わります。

やり方はさまざまなので、状況に合わせてケアできるのが良いところですね。

しかし、簡単でプチプラというだけで試してみたり、安易に継続するとシミや毛穴の詰まり、黒ずみなど肌トラブルが発生してしまい、肌トラブルが増えてしまいます

この機会に一度やり方や危険性を知った上でスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか?

[スポンサードリンク]