ニキビ跡をしっかり隠す!コンシーラーの塗り方&選び方

[スポンサードリンク]



ベースメイクをするときに気になるのがポツンとできたニキビ跡。
そんなニキビ跡を隠してくれる便利なアイテムが「コンシーラー」です。

コンシーラーは色も形状も様々なタイプが販売されており、自分にぴったりなコンシーラーが分からないという方も多いですよね?

今回は、コンシーラーの選び方からニキビ跡がしっかり隠れる塗り方のポイントまでしっかりとご紹介していきます。

ニキビ跡を隠すコンシーラーの色の選び方は?

化粧品

ニキビ跡は多くの場合、赤みがかった状態なので基本的にはニキビ跡の色よりも自分の肌の色をベースにコンシーラーの色を選んで大丈夫です。

ニキビ跡の色で選んでしまうとコンシーラーを塗ったところだけが目立ってしまうので、ニキビ跡を隠すどころか逆にニキビ跡を目立たせてしまうことになります。

ニキビ跡を消すためのコンシーラーは、肌の色からワントーン暗めのイエロー系を選びましょう!

この2つのポイントさえ押さえておけば、ニキビ跡用のコンシーラーの色選びはバッチリです。ニキビ跡の赤みをカバーしつつ、コンシーラーの色浮きも阻止できます!

ニキビ跡によって塗り方は違う!

ニキビに悩む女性

☑まずは、ニキビ跡をコンシーラーで隠すときの基本的な使い方からご紹介します。

パウダーファンデーションをお使いの人は、コンシーラーでニキビ跡をカバーしてからパウダーファンデーションを塗りましょう。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションをお使いの人は、ファンデーションを塗った後にコンシーラーでニキビ跡をカバーしていきましょう。

ニキビ跡には赤みが残ってシミのようになってしまったパターンと凸凹のクレーターのようになってしまったパターンがあります。

☑次は、それぞれのニキビ跡に適したコンシーラーの使い方をご紹介していきます。

まずは赤みが残ってしまった色素沈着のニキビ跡の隠し方から。

1)ニキビ跡の範囲が広い場合は、グリーンやイエローのコントロールカラーを使って肌の色を整えます。
2)ファンデーションを全体に塗ります。
3)コンシーラーでニキビ跡をカバーしていきます。

☑次に、凸凹したクレーター状のニキビ跡の隠し方です。

1)毛穴を埋める効果のある化粧下地を使って肌の凸凹をなめらかにします。
2)ファンデーションを全体に塗ります。
3)コンシーラーでニキビ跡をカバーしていきます。

ファンデーションの前にコンシーラーを塗った場合、ファンデーションを塗ったことで少しニキビ跡が出てきてしまうことがありますが、その時は上から再度コンシーラーを重ねてカバーすれば大丈夫です。

また、コンシーラーは一度で隠してしまおうとするのではなく少量を重ね塗りした方がキレイにニキビ跡を隠すことができます。

最後に白粉などフェイスパウダーを軽くつけておくとコンシーラーの持ちがぐんと良くなりますよ。

コンシーラーの選び方

美容部員のおすすめ

コンシーラーにはスティックタイプ・パレットタイプ・筆タイプ・チップタイプなどいろんなタイプがあります。

ニキビ跡をカバーするのにオススメなのは、スティックタイプパレットタイプです。

他タイプのコンシーラーに比べてスティックタイプやパレットタイプはやや硬めのコンシーラーなので、しっかりニキビ跡をカバーしてくれます。

液状のゆるいコンシーラーは、よく動かす目元のクマ小鼻の赤みを消すにはオススメですが、ニキビ跡のカバーには向かないので注意しましょう。

パレットタイプは2〜3色がセットになっていることが多く、コンシーラーを混ぜることで自分の肌色に合わせてニキビ跡をカバーすることができ、どんな肌色の人でも使いやすいという特徴があります。

スティックタイプは、そのまま直塗りすることができるので初心者でも使いやすいという特徴があります。パレットタイプもスティックタイプも硬めの筆を使用してコンシーラーを塗ると厚塗りにならないのでオススメ!

また、コンシーラーを選ぶ際にポイントとなるのがプラスαの美容効果があるかどうかです。

コンシーラーの中には紫外線防止効果のあるもの(SPFやPAと表示されています)や、保湿成分やビタミンC誘導体などのメラニンの生成を抑える作用のある成分を配合してあるものなどがあります。

ニキビ跡はターンオーバーを促進させることで改善が期待できるので、美容成分が配合されているコンシーラーはニキビ跡のカバーとケアの両方を叶えてくれますよ。

紫外線はニキビ跡をシミにして悪化させてしまうので、紫外線防止効果のあるコンシーラーはニキビ跡の悪化も予防してくれます。

コンシーラーを選ぶ際はプラスαの美容効果のあるものを選ぶのもオススメです。

まとめ

ベースメイクの際に気になるニキビ跡はコンシーラーでしっかりとカバーすることでつるんとなめらかな肌に仕上げることができます。

そのためには、ニキビ跡に適したコンシーラーの色やタイプを選んで、正しい使い方をすることが大切です!

[スポンサードリンク]