カフェインの過剰摂取は肌荒れの原因に!肌荒れしない摂取量の目安は?

[スポンサードリンク]



コーヒーや紅茶が大好きで毎日何杯も飲んでいるという人も多いことでしょう。

もしあなたがいつまでも肌荒れに悩んでいるのなら、そのコーヒーや紅茶の中に含まれるカフェインが原因かもしれません。

カフェインの摂り過ぎは肌荒れになることがあるんです。

今回は、カフェイン肌荒れの関係についてご説明していきます。

意外と知らない!カフェインの作用とは?

コーヒー豆

コーヒーや紅茶にカフェインが含まれているのはよくご存知だと思います。しかし、カフェインが肌や体にどう作用するのかはあまり知らないのではないでしょうか?

まずは、意外と知らないカフェインの作用からご紹介していきましょう。

利尿作用

カフェインには利尿作用があるため、体内から水分が排出されてしまい、肌を健やかな状態に保つのに必要なビタミンやミネラルも同時に排出されてしまいます。その結果、肌は乾燥し、肌荒れにつながってしまうことが考えられます。

カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管は拡張し、血液をろ過する量が増加します。腎臓は、血液をろ過することで体内に溜まった老廃物や余分な水分を尿として排出しています。

カフェインによって腎臓の血液ろ過量が増加することで排尿の量や回数が増えてしまい、この利尿作用によるビタミンミネラル不足が肌荒れにつながってしまうのです。

また、寝る前にカフェインを摂取したことで何度もトイレに起きてしまい、睡眠不足による肌荒れにもつながってしまいます。

覚醒作用

カフェインには覚醒作用があります。脳を興奮させ精神を亢進(こうしん)させることで眠気と疲労感を除去してくれます。就寝前にカフェインを摂取するとカフェインの覚醒作用によって良質な睡眠が妨げられてしまいます。

若返りホルモンとも呼ばれる成長ホルモンの分泌や肌のターンオーバーは寝ている間に行われるため、カフェインによる覚醒作用は健やかな肌細胞が生まれるのを妨げてしまい、それが肌荒れにつながってしまうことが考えられます。

また、睡眠不足によって自律神経のバランスが崩れると皮脂の分泌を促す男性ホルモンの分泌量が増加し、過剰な皮脂による肌ダメージの影響も肌荒れの原因になってしまいます。

過剰摂取による内臓不調

カフェインは胃酸の分泌を促進させる作用があります。

胃酸が過剰に分泌されることで、胃酸過多になり、胃の粘膜を傷つけてしまったり、食道に逆流して炎症を起こしてしまいます。

胃酸過多によって胃の状態が悪くなれば、栄養の消化吸収が上手に行われないので肌荒れにつながってしまいます。特に、胃の中がからっぽの状態でカフェインを摂取することは胃に大きな負担をかけることになり、肌荒れへの影響も大きくなることが考えられます。

カフェインを多く含む食べ物・飲み物は?

煎茶

カフェインを多く含むものといえばコーヒーや紅茶が有名ですが、その他にもカフェインは様々なものに含まれています。

文部科学省が公表している「五訂日本食品標準成分表」のデータを基に、飲料100ml当りに含まれるカフェイン量の目安が全日本コーヒー協会のホームページに掲載されています。

飲料 カフェイン量(100ml当り) 備考
レギュラーコーヒー浸出液 約60㎎ コーヒー豆の粉末10gを熱湯150mlで抽出
インスタントコーヒー 約60㎎ インスタントコーヒー粉末2gを熱湯140mlに溶かす
玉露 約160㎎ 茶葉10gに60℃の湯60mlを加え2.5分抽出
煎茶 約20㎎ 茶葉10gに90℃の湯430mlを加え1分抽出
紅茶 約30㎎ 茶葉5gに熱湯360mlを加え1.5~4分抽出
ウーロン茶 約20㎎ 茶葉15gに90℃の湯650mlを加え0.5分抽出

その他、カフェインが含まれる飲み物や食べ物は以下のようなものもあります。

  • チョコレート・・・10㎎(板チョコ)
  • ブラックミントガム・・・10㎎(1枚)
  • コーラ・・・50㎎(150ml)
  • ココア・・・30㎎(150ml)
  • 栄養ドリンク・・・32~300㎎(100ml)

缶やペットボトルで市販されている飲料類は1本185ml~600mlがほとんどなので、多量のカフェインを摂取しているということです。

また、1日に何杯もカフェインを含む飲料を飲んでいるという場合も同様に多量のカフェインを摂取しているということになります。

カフェインで肌荒れを起こさないために

肌を気にする女性

カフェインで肌荒れを起こさないようにするためには、カフェインの摂取量摂取のタイミングを工夫しましょう。

摂取量の目安は?

日本では具体的な摂取量の目安は提示されておらず、過剰摂取に対する注意喚起が行われているだけですが、世界保健機関(WHO)や米国、欧州、カナダ、豪州、ニュージーランドでは1日のカフェイン摂取量の目安が公表されています。

それらによると、健康な成人の場合、1日300~400㎎のカフェイン摂取量が目安となっています。

これは、コーヒーでいうと1日3~4杯相当ということになります。

摂取のタイミングは?

カフェインの覚醒作用や利尿作用を考えると、寝る前にカフェインを摂取することは望ましくないということがいえます。

また、空腹時のカフェインの摂取も胃酸過多による炎症を招くため控えた方がいいでしょう。朝一番や仕事の休憩時間にご飯を食べずにカフェイン飲料を飲む習慣がある人は要注意です。

まとめ

カフェインは肌や体に悪いというわけではなく、飲む量やタイミングを工夫することで健康促進効果があると期待されている成分です。

肌荒れが気になる人は、自分が摂取しているカフェインの量やタイミングを見直してみることで肌荒れ解消になるかもしれません。

[スポンサードリンク]