トマトはニキビに効果的!オススメの食べ方で美肌ゲット!

[スポンサードリンク]



ニキビに悩まされた時はスキンケアだけではなく食事からケアすることが大切です。

今回、ニキビケアとしてご紹介するのは「トマト」です。

美容のアンチエイジング食材として有名なトマトですが、ニキビにとっても嬉しい栄養素が含まれているのをご存知ですか?

ニキビケアとしてトマトを食べるのがオススメな理由をご紹介していきましょう。

トマトはなぜにきにニキビに効果的なのか?

ニキビを気にする女性

トマトの栄養素といえばリコピンが有名です。
リコピンはトマトを綺麗な赤色にする色素成分ですが、強力な抗酸化作用を持っていることでも有名です。

抗酸化作用とは肌の活性酸素を除去する作用のことをいいますが、活性酸素は皮脂を酸化させて肌細胞を傷つけたり、炎症を悪化させたりします。

つまり、ニキビが酷くなったり、ニキビの改善を遅らせてしまうのが活性酸素だということです。

そして、その活性酸素を除去してくれるリコピンはニキビケアにとってとても有効な栄養素なんです。

また、リコピンはシミの原因となるメラニンの生成を防ぐ効果もあるので、ニキビ跡の予防や改善にもオススメです。

ニキビにオススメのトマトの食べ方

ミニトマト

トマトのリコピン効果を実感するためには1日15mg程度の摂取が理想とされています。これは大きいトマト2個分です。

生のトマトの場合、品種によってリコピンの含有量は違いますが普通のトマトよりもミニトマトの方が2.5倍以上もリコピンの含有量が多いので、生のトマトを食べる場合はミニトマト2個を食事にプラスしてみましょう。

生のトマトがあまり好きではないという方はトマトジュースやケチャップでも大丈夫です。トマトスープなんかも食べやすくてオススメです。

ちなみに、リコピンは熱に強いので加熱処理しても全く問題ありません。

トマトジュースは手軽にトマトのリコピンを摂取できるのでオススメですが、糖分もかなり含まれているので注意が必要です。

また、トマトのリコピンは油と一緒に摂取すると4倍も吸収率がアップするので、トマトスープにオリーブオイルを加えて摂取するのも食べやすく効率的でオススメです。

トマトを食べる時の注意点

トマトときゅうりとナス

トマトにはリコピン以外にもたくさんの栄養素が含有されています。

その中で、ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲン生成のサポート、毛穴の引き締めなどニキビやニキビ跡のケアに嬉しい栄養素です。

しかし、食べ合わせによってはビタミンCを摂取できなくなることがあります。

例えば、トマトをサラダにする時に一緒にきゅうりを食べることがありますが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素はトマトのビタミンCを破壊してしまいます。

アスコルビナーゼは酢に弱い性質があるので、トマトときゅうりを一緒に食べる時は酢の入ったドレッシングやマヨネーズをかけて食べるようにしましょう。

まとめ

トマトは「リコピン」や「ビタミン類」が豊富に含まれた美肌にとってとても嬉しい野菜です。

私達の体は食べたもので作られますから、外側からスキンケアだけでニキビをなんとかしようとするのではなく、体の内側からも改善していくことが大切です。

リコピンはトマトに赤い色をつける色素成分なので、トマトを買うときはできるだけ真っ赤なトマトを選ぶとリコピンがたくさん含有されているということなのでこちらも参考にしてみてください。

また、トマトは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほどリコピンの美容と健康効果は優れています。

加熱に強いリコピンは加工食品になってもちゃんと摂取することができるので、是非、毎日の食事にトマトをプラスしてニキビのない美肌を目指しましょう。トマトはニキビに効果的!オススメの食べ方で美肌ゲット!

[スポンサードリンク]