膿を押し出すとニキビが早く治るって本当?

[スポンサードリンク]



ニキビの悪化で、膿んでしまった『化膿ニキビ』。

熱を持ち、腫れ上がり、ズキズキ痛い…。
しかも、メイクで隠すのも大変!
こんな経験があるという方もいるのではないでしょうか。

そんな化膿ニキビですが、『ニキビの膿は押し出した方が早く治る』という噂を聞いたことはありませんか?
果たしてその真相とは?!

そこで今回は、『化膿ニキビ』に焦点を当て、膿の正体や噂の真相についてご紹介します!

ニキビの膿の正体とは?

ニキビの断面図

ニキビの中に溜まった膿の正体は、皮脂と古い角栓です。毛穴が詰まり、出口を失った皮脂と古い角栓は、アクネ菌の影響でどんどん繁殖!

炎症を起こすことで、化膿してしまいます。
また出口がないことで、炎症の範囲は皮膚内に浸潤していきます。

その結果、肌の生まれ変わりであるターンオーバーでは改善しにくい真皮層にまで到達し、凸凹肌やシミになってしまう可能性が高いんです!

また、化膿ニキビになると身体は炎症と戦うために熱を持ち、その過程で腫れたり、痛みを伴う状態になってしまうということです。

「膿を出すと早く治る」はホント?

ニキビを潰そうとする女性

『ニキビの膿は押し出した方が早く治る』という噂についてですが、実はこれは皮膚科医でも意見が割れるところです。

その理由は、メリットデメリットが混在するから!
膿を出すメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

膿を出すメリットとは?

膿を出すメリットは、単純に化膿の原因となっているものを取り除くことで、「早く治るから!」というものです。

膿の正体である皮脂や古い角質は、ニキビの炎症を広げる原因となるアクネ菌の大好物!
つまり、が留まれば留まるほど、炎症が広がっていく可能性が高いということです。

化膿の原因となる膿がなくなってしまえば、それ以上悪化することはなくなりますよね。

膿を出すデメリットとは?

まず、たとえ膿を出したとしても、全て出しきれていなければ、アクネ菌は残った膿を栄養にまた炎症を広げる可能性があります。ですから自己流で排膿するのは危険です。

自分で排膿する一般的な方法といえば、指や爪、ピンセットなどですよね。
指や爪には、目に見えない雑菌がビッシリ!

化膿したニキビを潰した皮膚は、かなり抵抗力が弱った状態です。つまり指や手についた雑菌により、二次感染を起こす危険性があるということ!

無理矢理押し出す方法は、ニキビだけでなく周りの皮膚も傷つけてしまう可能性が高いです。
その結果、ターンオーバーの周期を乱すことに…。

ターンオーバーの過程で、傷は修復され、古い角質となって剥がれ落ちることで傷跡が残らない仕組みになっています。

しかし、ターンオーバーが可能なのは『表皮まで』!
無理矢理、押し出すために強く傷ついた皮膚は、真皮にまで到達するダメージを受けている可能性が高いんです。つまり、傷跡が修復できず、凸凹肌になってしまう危険性が高いということ!

自分で膿を出す方法は、失敗する可能性が高いのでオススメできません。

化膿ニキビの治療はクリニックがおすすめ

皮膚科

化膿が酷いニキビの場合は、自己流よりもクリニックなど専門機関で治療を受けるのがオススメです。
ニキビ跡や色素沈着など、ニキビが治ったあとのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

専門機関で受けられる治療法をご紹介します!

排膿治療

専用器具を使用して、膿の原因となる皮脂や古い角栓を完全に除去します。
その後、抗生物質や漢薬の内服薬、塗り薬を処方され、ニキビの根本治療を目指します。

治りが早くなるというメリットがある一方で、強い痛みを伴うというデメリットがあります。

ステロイド注射

ステロイドとは、医療業界でも広く使用されている薬で、炎症を抑えるために使用されます。
化膿したニキビに直接注射することで、炎症を抑える効果が期待できます。

炎症を抑えるというメリットがある一方で、ステロイドは免疫の抑制作用があるため、長期の使用ができないといデメリットがあります。

長期使用をすると、逆にアクネ菌の働きを抑制することができなくなり、ニキビができやすい肌環境を整えてしまう危険性があります。

塗り薬・漢方薬

塗り薬はステロイド剤入りのものや、防カビ剤、ピーリング剤などがあり、自宅に帰ってからも治療の継続が可能です。

リスクが少ないというメリットがある一方で、完治には時間がかかる、また完治前にニキビの炎症が広がり、悪化するというデメリットがあります。

漢方薬はニキビを作りにくい肌環境を整えるのに有効な内服薬です。

副作用が少なく、長期的に内服が可能というメリットがある一方で、化膿してしまったニキビに劇的な効果を期待することができないというデメリットがあります。

まとめ

重大な肌トラブルになる化膿ニキビ

放置すると炎症はどんどん広がり、色素沈着や凸凹肌の原因になるということがわかりました。
できるだけ早期の治療が必要です。

『ニキビの膿は押し出した方が早く治る』という噂の真相は、皮膚科医でも賛否両論があり、自己流は非常に危険

専門機関での治療がオススメです。

何より大切なのは、普段からのスキンケアを怠らないことで、ニキビ自体を作らないということ!
これを機にあなたも、普段のスキンケアを見直し、ニキビのない美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]