勘違い多数。ニキビ対策しすぎるのは実はNG!アクネ菌の本当の働き

[スポンサードリンク]



顔や背中など、ニキビってあちこちにポツポツできますよね。

ケアをしっかりしていても、なぜか次々に増えるニキビ……。

ニキビって一度できてしまうとニキビ跡が残ってしまう可能性もあって、本当に憂鬱。

ところでニキビといったら「アクネ菌」が有名ですよね。

しかし、アクネ菌って何なのか?どんな役割をしているのか?詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

実はニキビ対策って、正しいやり方でもやりすぎるのはむしろNGなんです。

アクネ菌のはたらきについて正しく知れば、ニキビゼロも夢じゃないんです!

アクネ菌は肌にとって大切!

アクネ菌はすべての人間の肌にもともと住んでいる菌です。

しかも、すべてのアクネ菌が悪い菌というわけではなく、中には肌を守る役割をするアクネ菌もいます。

ニキビを作らないようにするには、アクネ菌をゼロにするのではなく、アクネ菌がニキビを作ってしまう環境を作らないようにすることが大切です。

アクネ菌は脂肪分が好きで、空気が嫌いな性質があります。

そのため、空気が入りにくく脂質が溜まりやすい毛穴に入り込むのです。

皮脂が多い人、角栓で毛穴が詰まっている人は要注意ですね!

それはアクネ菌が大好きな環境。ニキビができやすい環境なのです。

アクネ菌は全滅させてはいけない!

アクネ菌の中には、善玉菌という肌に良い菌もいます。

善玉のアクネ菌は、肌を弱酸性に保ち、病原菌などの繁殖を抑制してくれる役割もあります。

つまり、善玉菌であればむしろアクネ菌を増やすことで、ニキビができにくくなるのです

かといって、悪性のアクネ菌をゼロにするのは現実的には不可能。

ニキビケアをしすぎてしまうのは、むしろ肌に負担をかけてしまいます。

ニキビができないように……と思ってやっている普段のケアで、余計にニキビをできやすくしてしまっているかも。

アクネ菌がニキビを引き起こす条件は?

アクネ菌は、脂肪分が多い場所に入り込むと、脂質を分解して毒性のある物質に変えてしまいます

これがニキビの根本的な原因です。

なので、ニキビの悪化や炎症を抑えるには、ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化物質か、ビタミンB2などの脂質代謝を助けるはたらきをもつ成分を補給するのが手っ取り早い方法です。

これらの成分が含まれている化粧水もあるので、化粧水で対策するというのもありですね。

ニキビができてしまっても早めの対処をすれば、ニキビ跡を残さずにキレイにニキビを治せます。

アクネ菌の繁殖を防ぐケア方法

アクネ菌の繁殖を防ぐには、キレイな毛穴を保つことが一番大切です。

ニキビができにくい環境さえ整えれば、アクネ菌は悪さをしません。

角栓で毛穴をふさいだり、クレンジングで落ち切らなかったファンデーションが詰まっていたり、肌の水分量が足りなくて皮脂が分泌しすぎていたり…。

こんな状態だと、ニキビができる可能性がぐんと上がってしまいます。

出口の詰まった毛穴を作らないようにするには、化粧をしっかりと落とすことが大事。

また皮脂の分泌を抑えるためには、保湿をしっかりすることが大事です。

とくに保湿は、ニキビが作られやすい環境を根本から断つほか、すでにできてしまったニキビが悪化するのを防ぐこともできるので、ぜひ毎日の習慣に取り入れていきましょう。

まとめ

アクネ菌について、悪い菌だと勘違いしていた人も多かったのではないでしょうか。

ニキビができにくい環境を保っていれば、ニキビに悩まされることもありません。

毛穴が詰まっている人、皮脂が多い人、乾燥肌の人はぜひ対策を!

ニキビを防ぐには、ニキビケアをするだけでなく、肌を根本から整えていくことが大切です。

そのために必要なのは、毛穴をキレイに維持することと、保湿を十分にすること。
毎日正しいやり方で肌を清潔にしていれば、アクネ菌ともうまく付き合っていけそうですね。

ニキビの上手な治し方をこちらで解説しているので合わせてご覧ください。
⇒ニキビ・ニキビ跡を改善するスキンケア方法

[スポンサードリンク]