絶対やめて!ニキビにベビーパウダーは逆効果

[スポンサードリンク]



ニキビにベビーパウダーは逆効果って知っていましたか?

肌をサラサラにしてくれるので、ニキビ対策に効果抜群のイメージですが、逆に肌トラブルを招く原因になってしまうとしたらショックですよね。

今回はベビーパウダーでニキビが悪化する原因を探るとともに、ニキビの正しいケア方法を解説していきたいと思います。

ベビーパウダーはニキビに効果的?それとも…

ベビーパウダー

ベビーパウダーは、赤ちゃんのあせもやただれ防止のために作られたものとして知られています。
ところが、最近ネット上では、「ベビーパウダーがニキビに効く!」という情報が広まり、注目を集めるようになりました。

効果的な使い方として、洗顔料に混ぜて洗顔したり、牛乳やヨーグルトに混ぜてパックをしたり、ファンデーションやフェイスパウダーの代わりに使うなど、様々な情報が飛び交っています。

ニキビに効果的という噂が広まっているベビーパウダーですが、ニキビを予防したり改善させる成分は配合されていません。

ベビーパウダーは汗や皮脂を吸着して肌をサラサラにすることから、毛穴の詰まりを解消しているように感じ、ニキビに効果的だと勘違いされて広まったように思われます。その上、ベビーパウダーはニキビに効果的どころか、逆に悪化させる原因になってしまうのです…

ベビーパウダーでなぜニキビが悪化するのか?

肌を気にする女性

ベビーパウダーは主に、酸化亜鉛タルクコンスターチといった成分でできています。
酸化亜鉛には収れん作用があり、汗を抑え、炎症を鎮める効果があります。また、ニキビ治療に使われることもあり、特にニキビが炎症を起こして、膿んでしまっている時に有効とされています。

しかし、ベビーパウダーに含まれる量は少量のため、ニキビ改善の効果は期待できません
タルクとコンスターチの2つの成分は、余分な皮脂や水分を吸い取って蒸発を促す作用があり、肌のムレやベタつき、摩擦を軽減する効果があります。これらの成分が上手く作用し合うことでサラサラな肌を作ることができるのです。

ベビーパウダーは肌表面の皮脂を吸着して肌の水分量を適度に保つだけでなく、配合されている有効成分は安全性が高く、刺激の少ないものであることから、赤ちゃんにも安心して使用できるということが分かります。

しかし、汗や皮脂を抑えてサラサラにするということが逆に欠点となり、汗の蒸発を邪魔して毛穴を詰まらせてしまう恐れがあります。すると毛穴の中に炎症が起こり、ニキビができやすくなるのです。

また、肌表面の水分を蒸発させることで乾燥の原因となり、ニキビに繋がるケースも少なくありません。
ベビーパウダーはニキビケアに効果があるという医学的な根拠はなく、ネット上の情報は不確かなものです。ネットの情報に惑わされず、正しいケアをすることがニキビ改善の一番の近道と言えますね。

ニキビの正しい対策方法

顔を洗う女性

ニキビが出来ている時は正常な肌の状態ではないため、ベビーパウダーを使うことで余計に毛穴を詰まらせ、ニキビを悪化させてしまいます。ニキビ肌には刺激を与えず、正しいケアをすることが大切です。

洗顔は1日2回を基本とし、洗顔料をよく泡立てて優しく洗顔したら、洗い残しがないようにすすぎましょう。洗顔後は化粧水や乳液でしっかり保湿をして肌を整えてください。スキンケア用品はなるべく低刺激で、肌の状態に合ったものを選ぶと良いでしょう。

外側からのケアだけでなく、バランスの良い食事良質な睡眠を取るなど、身体の中からケアすることもニキビの改善に役立ちます。肌を清潔な状態に保って潤いを与え、肌の新陳代謝を促すことで、ニキビの予防・改善へと繋がります。

まとめ

ベビーパウダーは正しい使い方をすれば何の問題もありませんが、それ自体にニキビを予防・改善させる効果はありません。

ベビーパウダーが毛穴に詰まって、ニキビを悪化させる恐れがあるので、ニキビケア目的での使用はおすすめできません。ネットでの間違った情報に惑わされず、正しいケアをしてニキビを撃退していきましょう!

ニキビの改善はこちらの記事を参考にしてくださいね。
ニキビ・ニキビ跡を改善するスキンケア方法

[スポンサードリンク]