コメドってちゃんと知ってる?押さえておきたいコメドとニキビの違い

[スポンサードリンク]



顔に突然あらわれる小さなプツプツ。皆さんはこの正体をご存知ですか?

実はこれ、コメドと呼ばれる初期段階のニキビなんです。特に目立たないし痛みもないからと放っておくと、お肌のトラブルを招く原因となります。

コメドとは何なのか、できる原因や正しい処置なども含めて、コメドケアについて詳しくお話していきましょう。

コメドとは?

肌荒れに悩む女性

面皰(めんぽう)」とも呼ばれるコメドは、毛穴の奥につまった角質や皮脂が固まって蓄積し、毛穴から少しだけ頭を出している状態をいいます。

ニキビを意味する英語「Comedo」が語源で、詰まった皮脂が盛り上がっている状態を白ニキビ、それが酸化して黒ずんだものを黒ニキビなどと呼ぶこともありますが、いずれもニキビではなくコメドに分類されます。

ではコメドとニキビはどう違うのでしょうか?

大きな違いは痛みがあるかどうか、つまり炎症を起こしているかという点です。コメドは毛穴が詰まっている状態ですが、炎症を起こしていないため痛みはなく、触ると少し肌がザラザラしているぐらいです。

しかしこの状態でしっかりケアをしないと、炎症を起こして赤く腫れ上がったり、膿がたまって黄色く盛り上がったりします。この状態が一般的に言われるニキビなんです。

わかりやすく言うと、コメドが成長(悪化)してニキビに変わるというわけです。

コメドができる原因とは?

ターンオーバーで乱れる肌

放っておけないコメドですが、どうしてできてしまうのでしょうか?
それにはいくつかの要因が考えられます。

お肌の乾燥

オイリー肌がコメドの原因のように思いがちですが、実は乾燥肌もコメドを引き起こす原因です。乾燥して水分がなくなることで肌のバリア機能が異常をきたし、過剰に皮脂を分泌するようになります。これが毛穴につまって蓄積していくことでコメドができてしまうのです。

このような状態にならないためにも、化粧水や乳液でしっかり保湿をしましょう。
また洗顔の際にはあまり力を入れて擦らず、洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗ってください。

新陳代謝の乱れ

肌の表面にある古い角質がはがれ落ちて、新しい角質と入れかわることを新陳代謝またはターンオーバーといい、加齢や生活習慣によって乱れが生じてきます。

お肌の再生がうまくいかなくなると、古い細胞がはがれることなく蓄積し、きれいなお肌が作られません。そうなるとコメドができやすい状態になってしまい、すでにできてしまっているコメドも治りにくくなってしまいます。

新陳代謝を上げるには、しっかり睡眠をとり、ストレスや疲労をためないようにすることが重要です。さらに、脂分の多い食事は避けて、にんにくやゴマ、マグロなどのビタミンBを多く含んだ食べ物を摂取することで、脂質の過剰分泌を抑えて新陳代謝を促進することができます。

洗顔後に残った汚れや皮脂

最近はカバー力の高いファンデーションやウォータープルーフの化粧品が増えたことにより、きちんと洗顔しているつもりでも、メイクの汚れが完全に落ちていないこともあります。毛穴をふさぐ原因になるので、しっかり落としましょう。

クレンジング料を適量手にとり、やさしく円を描くようにマッサージをしながら肌になじませます。汚れやメイクを浮かせてからぬるま湯で洗い流し、さらに洗顔料を使って残った汚れを洗い流します。クレンジング後に蒸しタオルを使うと、肌が柔らかくなり毛穴に残った汚れも落ちやすくなるので効果的です。

コメドは取っても大丈夫!

コメドを気にする女性

コメドは炎症を起こしていない毛穴詰まりなので、早めに対処することで悪化を防ぐことができます。最近は皮膚科やエステサロンでもコメドケアを受けられ、レーザーやイオンを使った治療や薬剤でのピーリングなど、さまざまな方法があります。

また、自宅でもコメドケアが簡単にできますが、爪やピンセットで無理に取ろうとしたり間違ったやり方をすると、肌を傷つけたり、コメドが悪化してしまいます。

コメドの正しい取り方を見てみましょう。

コメドプッシャー

コメドプッシャーは薬局やオンラインなどで安価に手にいれることができます。
洗顔で汚れや皮脂を落とし、蒸しタオルなどで毛穴を十分に開いてから、コメドプッシャーを軽くコメドに押し当てましょう。

強く押したり、無理に全部を取ろうとすると、毛穴を傷つけることになりかえって逆効果を招きます。

綿棒とオイル

まずコメドプッシャーの時と同様に、しっかり洗顔をして汚れを落とします。
次に保湿液をしっかり顔につけて、毛穴が余分なオイルを吸い込みすぎないようにします。

お肌の準備ができたら、綿棒にオリーブオイルホホバオイルなどをしみ込ませ、コメドの上を転がしたりなでたりしながら、毛穴に詰まった角質や皮脂にオイルを浸透させます。

こうすることで、毛穴奥に固まった汚れが柔らかくなり取れやすくなります。無理にこすったりすると色素沈着などを引き起こす恐れがありますので、注意してください。

また、コメドケア後は毛穴が開いたままになっているので、毛穴を閉める効果のある収れん化粧水や乳液などで、しっかり引き締めましょう。冷たい水で顔をすすぐだけでも効果はあるので、是非お試しください。

まとめ

いかがでしたか?

コメドの正体や改善方法についてお話してきました。お肌の負担を少なくするためにも、コメドは一度に全部取るのではなく、日を置いて同じケアを繰り返すことが大切です。

お肌のトラブルを未然に防ぎ、コメドのない、つやつやの素肌美人を目指しましょう。

[スポンサードリンク]