クリニックがお勧め!ニキビ跡のレーザー治療を分かりやすく解説

[スポンサードリンク]



ニキビ跡のレーザー治療にはどんなイメージがありますか?

一瞬で跡が消えそう。
効果ありそう。
痛そう。
肌にダメージが残りそう。
失敗したらやばそう。
etc.

いろんな印象をを持っていると思います。
なんとなくすごいと思いがちな、このレーザー治療ですが、実はニキビ跡の状態に合わせた治療を行わないと効果が期待できないんです。
でも一方で、逆にしっかりとニキビ跡に合わせた治療を行うことで、すごい効果がもあるのです。

なので今回は、レーザー治療について分かりやすくご紹介します。

レーザー治療の効果

レーザー治療とは、普段のスキンケアでは届かない肌の奥深くにレーザーを照射することで皮膚組織にダメージを与え、皮膚組織の生まれ変わりを促し、肌を再生することです

レーザーにはいくつか種類があり、肌の状態に合わせたレーザー治療をすることでニキビ跡の改善効果が期待できます。

それでは、さまざまなタイプのニキビ跡にどのレーザー治療が適しているのか、レーザー治療の種類と特徴を説明していきます。

フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザーはニキビ跡が比較的深いクレーター状や凸凹タイプの場合に効果があるレーザー治療です。

フラクショナルCO2レーザーは肌の奥深くまで到達しニキビ跡の凹みにある硬くいびつな瘢痕組織を破壊して除去します。

その結果、除去された部分にコラーゲンが生成され、新しくいびつの少ない瘢痕組織になることで肌の凹みが改善されます。

ニキビ跡は、傷跡と同じで目立たなくなるまできれいにすることが難しい状態ですが、ニキビ跡の原因を除去し皮膚組織の生まれ変わりを促すことで効果が期待できます。

1回の治療ではあまり効果は感じられません。
個人差がありますが、4回以上の治療で効果を実感する人が多いようです。

1ヶ月に1回を目安に4回以上の治療をすることがおすすめです。

ただし、フラクショナルCO2レーザー治療はクレーター状のニキビ跡が完全になくなるわけではなく、ニキビ跡が改善され目立たなくなることが期待できるレーザー治療です。

施術は塗る麻酔など痛みを抑える処置をしますが、チクチクとした多少の痛みを伴います。

また、施術後2-3日は赤みや火照り、腫れを伴うことが多くあります。

フォトRFレーザー

フォトRFレーザーは色素沈着や赤みが残るニキビ跡に効果があるレーザー治療です。

色素沈着や赤みの原因はメラニンです。
フォトRFレーザーは表皮の奥深くまで浸透し、表皮にあるメラニンを分解し徐々に浮き上がらせて剥がれ落ちやすくします

また、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、肌全体の美肌効果も期待できます。

効果には個人差がありますが1回の照射で効果を感じる方もいるようです。

基本的には1ヶ月に1回を目安に5回以上の治療でさらに効果を期待できます。

施術中の痛みは色素に反応したときに多少感じる人もいるようですが、麻酔を使用しなくても治療ができるレベルです。

施術後は痛みや腫れなどなく、すぐにメイクをしても問題がないほど肌へのダメージが少ないレーザー治療です。

フラクセル2レーザー

フラクセル2レーザーはニキビ跡が比較的浅いクレーター状や凸凹タイプの場合に効果があるレーザー治療です。

フラクセル2レーザーは、照射することで熱エネルギーによるダメージを肌に与えます

ダメージを受けた部分でコラーゲンの増産が行われることによって肌の凹みは改善されますが、硬くいびつになった瘢痕組織は除去されません。

治療の効果は1回では表れにくく、1ヶ月に1回を目安に5回以上の治療で効果を実感する人が多いようです。
ただし、フラクショナルCO2レーザー治療と同様にニキビ跡は完全になくなることはありません。

施術は塗る麻酔など痛みを抑える処置をしますが、ピリピリとした痛みを伴います。
個人差がありますが、かなり強く痛みを感じる方もいるようです。

また、施術後5日程度赤みや火照り、腫れを伴うことが多くあります。

レーザー治療の費用

レーザー治療は1回の治療では効果を実感することが難しく、長期的に通院する必要があります。

また、治療は保険適用外なのでレーザーを照射する部分や範囲また、使用する機械や薬剤。

さらには、相談料の掛かる場合等によってクリニックごとに料金が違ってきます。
1回の治療費がどのくらいになるのか、レーザー治療の種類ごとにまとめました。

フラクショナルCO2レーザー

1回の治療費は10,000円~50,000円

レーザーの波長は10,600㎜(波長が長いほど皮膚の奥まで届く)で、肌に細かい穴をあけていき、炭酸ガスによる強いエネルギーで瘢痕組織を破壊して除去することができます。

施術時間は10分程度です。

フォトRFレーザー

1回の治療費は10,000円~30,000円

レーザーの波長は470㎜~980㎜と幅があり、色素沈着や赤みに反応しやすく、定着したメラニンを除去することができます。施術時間は15分程度です。

フラクセル2レーザー

1回の治療費は10,000円~100,000円

レーザーの波長は1,550㎜で、真皮にダメージを与えることによって肌の再生機能を促します。

施術時間は20分程度です。

レーザー治療のメリット・デメリット

肌トラブルを改善するのに有効なレーザー治療ですが、気をつけなければいけない点もあります。

メリットとデメリットに分けて説明していきます。

レーザー治療のメリット

通常のスキンケアでは到達できない肌の奥深くまで作用し、皮膚組織を刺激することで肌の再生を促し、肌トラブルの改善が期待できることが一番のメリットです。

完全にニキビ跡を無くすことは難しいですが、適切な治療を続けることで確実に効果が表れます。

レーザー治療のデメリット

レーザー治療のデメリットは痛みが伴うこと、治療費が高いこと、副作用があることです。

麻酔の使用などで痛みの軽減に対する対策を行いますが、麻酔は皮膚表面のみに作用する塗り薬を使用することが多く、皮膚の深部に到達するレーザー治療は痛みが伴います。

1回の治療で高い効果が期待できないため、レーザー治療は複数回通院をして治療を行うケースがほとんどになります。
治療の効果を実感するまでには、まとまった金額が必要になってきます。

副作用の側面から見ると、皮膚の痛みや赤み、腫れなどが起こるため、ダウンタイム(ダメージを受けた肌が正常な状態に戻るまでの時間)があることです。

その他、色素沈着を起こす可能性があることを覚えておく必要があります。

まとめ

ニキビ跡はニキビが悪化し、肌の奥まで破壊され凹んだ状態です。

そのため改善が難しく通常のスキンケアでは効果が期待できません。

レーザー治療は、肌の深部に有効に作用します
肌トラブルの状態に合わせて適切なレーザー治療を行うことで高い効果が見込まれます。

しかし、その一方で治療費に幅があることや、痛みや色素沈着の可能性など不安な要素も多くあります。

治療を行う際は事前に知識を得ることや、信頼できる医師に詳しい説明を求めるなどで不安を解消し、医師と相談しながら治療を進めることが大切です。

クリニックに行く際はエステと混同して違いが判らなくなることもあるので、こちらも記事もチェックしておいてくださいね。
毛穴トラブルの治療!エステとクリニックの違いは?

[スポンサードリンク]