ニキビケアに重要なのは保湿!跡を残さず早く治す方法とは?

[スポンサードリンク]



女性の大敵である『ニキビ』!毛穴の黒ずみや赤みはメイクで隠せても、ニキビの凸凹はどうしても隠せません。

鏡を見てニキビを見つけた時、あなたはどうしますか?
「気になってついつい触っちゃう…。」
「すぐに潰す!」

女性の大敵ですから、もちろんお気持ちは痛いほどわかります!なんでも良いからできるだけ早く治したいと思って当然です。

しかし実はその焦った行動が、早く治すどころかニキビを悪化させる逆効果に繋がっている危険性があるんです!

そこで今回は、『ニキビを早く治す方法』に焦点を当て、ご紹介します!
これであなたも、女性の天敵『ニキビ』から解放されるかもしれませんよ?

ニキビを早く治すには

ニキビがきれいになった女の子

そもそも『ニキビ』って何?
ニキビとは簡単に説明すると、『皮脂の毛穴詰まり』+『炎症』です。炎症の原因は『アクネ菌』!
毛穴に詰まった皮脂の下で、アクネ菌が増殖することで『ニキビ』が進行します。

ニキビはその症状から4つの種類に分類することができます。

初期 白ニキビ 毛穴に溜まった皮脂が固まった状態ニキビの中では最も初期
中期 黒ニキビ 皮脂が空気に触れることで酸化した結果、黒くなった状態まだ炎症は起こしていない
赤ニキビ アクネ菌が増殖し、炎症が起きている状態赤く腫れ上がる
末期 黄ニキビ  炎症が進行し、膿を持った状態痛みを伴う場合が多い

4つの分類には、それぞれの段階に合った対処法が必要になるため、自分のニキビがどの段階にあるのかを判断し、ケアすることが大切です。

ただし、ニキビをケアしていく上で、下記の2点だけは絶対にやらないようにしておきましょう。

ニキビを潰す

自分でニキビを潰す方法といえば、爪で押し出す方法かもしれませんね。

しかし指には雑菌が!周りの皮膚を傷つけるだけでなく、雑菌が入り込むことで炎症が進行してしまう危険性があります。

また真皮に到達するほどの深い傷を作れば、クレーター上になり、凸凹肌の原因となってしまいます。

無駄に触る

「どうしても気になって、鏡を見るたび触ってしまう…。」

お気持ちはわかります!しかし先ほどもご説明したとおり、指には雑菌!炎症を進行させる原因となってしまうので、我慢してください!

【状態別】ニキビを治す方法

ニキビの種類

ここまでの説明で、「ニキビが出来てしまったら、触るのも潰すのもダメ。じゃあどうやったら早く綺麗に治せるの?」と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

ポイントはニキビの状態にあったケアを心掛けることです。
具体的にご紹介しましょう!

白ニキビの治し方

白ニキビは炎症が起きていない初期段階のため、スキンケアの見直しが効果的です。

  • 毛穴を清潔に保つ
  • 保湿をすることで、余分な皮脂の分泌を防ぐ

このポイントを抑えるだけで、白ニキビは改善していきます。

白ニキビは毛穴に溜まった皮脂が固くなった状態ですので、つまりは皮脂の詰まりを取り除くことが効果的ということ!基本的な洗顔を見直し、余分な皮脂を残さない対策をしましょう。

「保湿をしないと余分な皮脂が分泌されるの?」と疑問に思いませんでしたか?

実はその理由は『乾燥』です。保湿されずに乾燥状態にあると、肌を守ろうと防衛機能が働き、皮脂を過剰分泌する傾向にあります。

その結果余分な皮脂が肌に残り、毛穴詰まりに繋がってしまうということです。

赤ニキビの治し方

赤ニキビは既に炎症を起こしている状態です。「もう手遅れってこと?」答えは「NO!」です。
しかし放置すると手遅れになる危険性が高い段階です。

赤ニキビを治すポイントは、まず『清潔』!

  • 指で触らない
  • 毎日タオルを変える

とにかく雑菌から遠ざける対策が必要です。また清潔な状態を保つため、白ニキビの治し方でご紹介した基本的な洗顔やスキンケア対策も同時進行しましょう。

他にも体の内側からのアプローチも有効です。

十分な睡眠や、バランスの良い食事を摂り生活習慣を見直すことで、赤ニキビが治りやすい肌作りに繋げることができるでしょう。

黄ニキビの治し方

黄ニキビは痛みを伴う場合も多く、自分で対処するにはどうしたらよいかと悩んでしまいますよね?
基本的には『白ニキビ対策赤ニキビ対策』の同時進行をしましょう。

黄ニキビにオススメな洗顔料や化粧水の選び方をご紹介します!

・洗顔料
クレイ洗顔』という名称を聞いたことはありませんか?いわゆる泥洗顔です。

泥は粒子が細かいため、肌のバリア機能を傷つけにくいという特徴があり、黄ニキビに効果的な洗顔料です。

・化粧水
抗炎症作用のある化粧水で、『甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)』という成分が配合されたものがオススメです。

そこまで抗炎症作用は強くありませんが、敏感肌にも優しい成分というのが特徴です。

ニキビが悪化してしまった場合は…

ニキビ断面図

ここまでニキビを早く治すための対策をご紹介してきましたが、特に黄ニキビの場合、皮膚科などの専門機関で治療を受けるのがオススメです。

ひどく膿んでいる状態が続くと、凸凹肌やシミの原因となる危険性があります。

「自分で対処しきれない!」と感じたら、無理せず専門機関を受診しましょう!

まとめ

ニキビには段階により種類があり、それぞれの対処法が違うことがわかりました。

ただ共通して言えることは、早く治すには基本的な『清潔と保湿』が大切ということ!
普段から心がけることで、そもそもニキビができにくい肌作りができるでしょう。

これを機に、あなたも『ニキビ対策』をしてみてはいかがでしょうか?

ニキビについてはこちらでも詳しく解説しているので、こちらも合わせてご覧になってくださいね!
ニキビ・ニキビ跡を改善するスキンケア方法

[スポンサードリンク]