脂っぽくないのにニキビが出来る…乾燥肌ニキビの原因とは?

[スポンサードリンク]



乾燥肌でもニキビに悩んでしまう方は意外と多いですよね。

ニキビの原因は皮脂だけではなく、乾燥肌にもあることをご存知ですか?

乾燥肌の状態や乾燥肌ニキビが出来る原因、特徴について詳しく説明していきます。
乾燥肌ニキビでお困りの方は、ぜひ参考にしてください!

乾燥肌の状態とは?

肌が乾燥している女性

乾燥肌は角質層の水分量や皮脂量が減ることで潤いがなくなり、バリア機能が低下した状態をいいます。

角質細胞の中では、水分保持力のある天然保湿因子(NMF)細胞間脂質(セラミド)が重なり合うような状態で隙間を埋め、角質の水分の蒸発を防ぐ働きをしています。

そして、皮脂が作り出す皮脂膜がその角質全体を覆っています。
この皮脂膜もまた水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激や異物の侵入を防ぐ役割を果たしています。

この肌を守る働きは、「肌のバリア機能」と呼ばれ、乾燥や刺激から肌を守るバリア機能と、肌の水分と柔軟性を保つ保湿機能を持っているのです!

これらが全て満たされている状態であれば肌の乾燥は起こりませんが、一つでも不足してしまうと乾燥肌になってしまうのです…

乾燥肌は加齢や生活環境、間違ったスキンケアなどが原因で起こり、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすので、注意して下さい!

乾燥肌ニキビが出来る原因

ニキビ

乾燥肌ニキビは、水分と油分が不足していることが原因で起こります。

その一つがバリア機能の低下による毛穴詰まりで、これは水分量の減少によって起こります。
肌は乾燥するとバリア機能が低下し、ターンオーバーが正常に行われなくなります。

そうすると、古い角質は排出されず厚くなり、毛穴周りの皮膚の柔軟性も失われ、皮脂が毛穴に溜まりやすくなります。

その結果、毛穴詰まりが悪化してニキビへと発展してしまうのです。

もう一つは、乾燥によって肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなっていることです。
これは皮脂量の減少によって起こっています!

乾燥肌はもともと皮脂の分泌が少なめで、肌のバリア機能が弱まっている状態です。

皮脂分泌が不足している乾燥肌の場合、肌を守る機能が正常に働いていないため、ほんの少しの刺激や炎症でも簡単にニキビの引き金となってしまうのです。

乾燥肌ニキビの特徴

女医

乾燥肌ニキビは、皮脂分泌が少ないUゾーン(アゴや頬などのフェイスライン)や口の周りを中心にできるのが特徴で、何度も繰り返します。

そして、肌のターンオーバーが遅いため、ニキビが治りにくく、跡が残りやすいという厄介なニキビでもあります。

乾燥肌ニキビは、皮脂の過剰分泌によって引き起こされた思春期ニキビとは違い、20代以降に多く見られます。

特に女性の場合は、ホルモンの影響を受けやすく、黄体ホルモンが増える生理前になるとニキビが悪化する傾向があります。

黄体ホルモンは、肌の水分量を低下させる作用と皮脂分泌を増やす作用があり、肌が乾燥してターンオーバーが乱れるとともに、皮脂の過剰分泌も起こるので、ニキビの発生や悪化を招くのです。

また、乾燥肌ニキビは、男性ホルモンの分泌とも密接な関係があると言われていて、アゴや口周り、鼻の下などのUゾーン、男性ならヒゲが生える部分は乾燥しやすく、男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

男性ホルモンが活性化すると、肌のバリア機能を低下させるとともに、毛穴を収縮させるため、毛穴詰まりが起こりやすく皮脂分泌も増えるので、ニキビが発生しやすくなるのです!

乾燥によって肌のバリア機能が低下している場合は、年齢や性別、肌質、季節を問わず、あらゆる人にニキビができてしまうので、対策を間違うと年中肌が荒れた状態になるので注意して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

ニキビは皮脂の分泌量が多くテカりやすい脂性肌だけにできると勘違いされがちで、乾燥肌とは無関係のように思えます。

しかし、肌の乾燥がニキビの根本的な原因になることもあるのです。

どんな人にでも乾燥肌ニキビができてしまう可能性がありますので、正しい知識を得て、悩みを解消させたいですね。

こちらでニキビの総合ケア方法を解説しているので合わせて参考にしてください!

[スポンサードリンク]