ギトギトな皮脂で肌荒れ多発!脂性肌ニキビに悩んでいる方へ

[スポンサードリンク]



あなたはどんなタイプの肌質ですか?

乾燥肌?敏感肌?それとも脂性肌

どれも女性にとっての悩みの種になる、肌質によるトラブルですよね?

鏡を見ると、「テカテカギトギト…もううんざり。しかも昨日はなかった大きなニキビが!」なんて経験はありませんか?

そこで今回は、「すぐに解決したいけど、いまいち方法がわからない…。」というあなたのために、『脂性肌ニキビ』に焦点を当て、その対処法についてご紹介します!

脂性肌の原因とは?

インナードライ肌

まずは、脂性肌の原因を分かりやすくまとめましたので、
脂性肌について詳しくお伝えします!

そもそも脂性肌って何?

本来肌は、天然の保湿成分である皮脂のベールで守られています。
これは普通肌の人でも脂性肌の人でも一緒!

皮脂のベールが外からの刺激物から肌を守り、また肌に必要な水分を逃がさない役割を果たしています。

では、脂性肌は普通肌と何が違うのか?

それは『分泌される皮脂量が過剰』ということです。
余分な皮脂が肌に残ってしまうことで、テカテカギトギトした肌質となってしまいます。

ではなぜ皮脂が過剰に分泌してしまうのか?

その原因は『乾燥』です。
つまり脂性肌の原因の多くは『乾燥』ということです!

肌は乾燥すると、防衛機能が働くことで皮脂を過剰分泌します。

実は脂性肌の皮膚の内部はカラカラ乾燥状態にあります。
そのため肌は、すでに表面上はギトギト皮脂で溢れているにも関わらず、「乾燥してる!」と勘違いをして、さらに皮脂を分泌するということです。

まさに負のループ!

なぜ脂性肌でニキビができるの?

ニキビができる条件としてあげられるのは…

  • 皮脂が毛穴に詰っている
  • アクネ菌が増殖する

皮脂が毛穴に詰まることで、アクネ菌というニキビの原因になってしまう菌が繁殖し、炎症を起こすことでニキビは発生します。

脂性肌の方は、そもそも皮脂が過剰に分泌されているため、皮脂の毛穴詰まりを起こしやすく、ニキビを作りやすい肌環境にあるということです。

脂性肌ニキビの対処方法

保湿されている肌

保湿を重視したスキンケア

肌を美しく保つポイントは、ターンオーバーの周期を乱さないということです。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりで、約28日の周期で、皮膚の中で生まれた細胞を古いものから新しい良質なものへと変えていく役割をしてくれます。

しかし、乾燥による皮脂の過剰分泌は、このターンオーバーの周期を乱してしまいます。
その結果必然的にニキビができやすく、治りにくい肌環境となってしまいます。

ターンオーバーに必要なのは、基本的なスキンケア!清潔を保ち、十分な保湿を心掛けることが一番大切ということです。脂性肌の原因は主に乾燥ですから、中でも保湿が重要ということになります。

しっかり泡立てて優しく洗顔したあとは、たっぷりの化粧水で補い、乳液や美容液で水分が逃げないようケアしましょう!

これなら毎日の生活の中で、簡単に始められそうですね!

ビタミン不足の改善

ビタミンには皮脂の分泌量を整える働きがあります。
中でもビタミンB2!ビタミンB2は水に溶けやすい性質がありますので、煮物や味噌汁などの料理がオススメです。

ビタミンB2を多く含む食材をご紹介しましょう!

  • 鮭やます類などの魚
  • 豚肉(特にレバー)
  • 酵母パン
  • 海苔
  • 味噌などの大豆製品
  • 卵白

これらは特にビタミンB2が多く含まれています。
皮脂の分泌量が抑えられると、必然的にニキビができにくい環境を整えることが可能です。

生活習慣の改善

体質的な原因の場合は、体調そのものを整える必要があります。

脂性肌を左右する体質的な問題には、ホルモンの分泌量が挙げられます。
同じ女性でも、20代の人と60代の人では、分泌される男性ホルモン量と女性ホルモン量が違います。

加齢とともに男性ホルモン>女性ホルモンになるのは仕方のないこと…しかし生活習慣の改善で、ホルモンバランスの調節は可能です!

男性ホルモンが過剰に分泌される条件は、寝不足
寝不足によりストレスを感じると、男性ホルモンの分泌量が増えてしまいます。

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進する作用がありますので、十分な睡眠をとることが大切です。

女性に比べて、男性の肌がテカリやすいのは、この男性ホルモンの影響ということです。
男性ホルモン優位にならないよう、1日7~8時間の睡眠を心掛けましょう!

では女性ホルモンが満たされている人は脂性肌にならないのか?答えは「NO!」です。
女性ホルモンには主に『エストロゲン』と『プロゲステロン』というのがあり、一定の周期で分泌量が調節されています。

肌トラブルの原因になるのが、『プロゲステロン』!
生理前になると分泌量が増える特徴があり、皮脂の分泌を促進する作用があります。

女性が生理前になると肌トラブルを抱えやすいのは、この『プロゲステロン』の影響が大きいということです。

「女性なら誰でもそのホルモンが分泌されるんだから、仕方ない!」と思いませんでしたか?
実はこの『プロゲステロン』自律神経のバランスによって、分泌量に影響があるんです!

ストレスを感じると自律神経のバランスは崩れ、免疫力が低下します。
免疫力が低下すると、『プロゲステロン』は分泌が促進され、結果として脂性肌へと傾いてしまうということです。

ストレスを溜めない生活習慣が大切です。
上手にストレス発散をするよう心掛けましょう!

このように生活習慣の改善を行うことで、皮脂の分泌量は抑えることができ、ニキビができにくい肌が作れるということです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

脂性肌ニキビに対処するためには、基本的な保湿を重視したスキンケアと、体の内側から改善する方法があることがわかりました!

どちらも高いお金がかかったり、高度な技術が必要なものではありません。

あなたの『心がけ』が一番大切なポイントです!
これを機に、あなたも脂性肌ニキビができにくい肌作りを心がけてみてはいかがでしょうか?

今回は脂性肌のニキビ対策を解説しましたが、その他の大人ニキビ対策などをこちらにまとめていますので、
こちらもご参考ください!
その他、大人ニキビ対策

[スポンサードリンク]