ニキビに乳液が良くないって本当?ニキビを引き起こさない乳液の正しい使い方

[スポンサードリンク]



ニキビには乳液は絶対NG!乳液ニキビを悪化させる!という話、聞いたことありませんか?

詳しいことはよくわからなくても、「ニキビと乳液は相性が悪い」というイメージをもっている人もいるのでは?

しかし、実際には乳液に害になるような悪い成分が入っているわけではないんです。
今回は乳液がなぜニキビに悪いと言われているのかを知るため、乳液がニキビに与える効果を調べました。

肌の状態によっては乳液の使いすぎは良くないですが、基本的にはニキビを防ぐにも、ニキビを治すにも乳液は必要です。乳液で正しく保湿をおこなうことで、ニキビのないキレイな肌を目指しましょう!

なぜ、乳液はニキビに良くないと言われているのか?

乳液を気にする女性

乳液は、水分と油分が混ぜ合わさってできています。
水分と油分は混ざりにくい性質のため、うまく混ぜ合わせるために乳液にはふつう界面活性剤という成分が入っています。この界面活性剤がニキビに悪影響を与えるのではないかと考えている人が多いのです。

しかし乳液に含まれる界面活性剤はパワーが弱く、肌に悪い影響を及ぼす恐れはほとんどありません。乳液は保湿に使われるもので、肌から水分が失われないように膜をつくるためのもの。乳液に含まれる界面活性剤にはそのはたらきを邪魔するほどのパワーはありませんので、安心してくださいね。

ただし、乳液によく含まれる成分の中には、ニキビを悪化させやすい成分もあります。

とくに「ミネラルオイル」が配合されている乳液は、ニキビができているときには避けた方が良いです。
ミネラルオイルはニキビとの相性が悪く、ニキビを悪化させる可能性があるので、肌がデリケートな状態のときはいったん使用をやめましょう。

ニキビにも乳液は必要

保湿されている肌の断面図

ニキビと乳液は相性が悪いというわけではなく、むしろニキビなどの肌トラブルを防ぐためには普段から保湿をすることが大切です。

保湿をしっかりおこなうには、化粧水だけでは不十分。
化粧水で肌に水分を補給した後は、乳液でふたをすることで蒸発を防ぐことが必要なのです。

また乳液は、外部からの刺激をやわらげたり、肌を柔らかく保ったり、美容液などの美容成分を浸透しやすくするはたらきもあります。

乳液は化粧水と比べて毛穴に浸透しやすい性質なので、ニキビ対策ならむしろ乳液の方が効果的
乾燥がニキビの原因となっている場合も多いため、しっかりと保湿のできる乳液を正しく使っていきましょう。

ニキビと相性の悪い成分が入っていないかをよく確かめれば、乳液は乾燥を防いでニキビのできにくい肌をキープしてくれます。油分の多い乳液はニキビができている肌には合わないため、ニキビができやすい人は水分の多い乳液を選ぶと良いですよ!

とくに皮脂の出やすいおでこや鼻には少なめ、ほかの部分にはたっぷりと乳液を使うことで、顔全体をニキビのできにくい状態に整えることができます。

また乳液を使う際は清潔な手で、肌に刺激を与えないようやさしくつけることがポイントです。
手のひらでこするようにつけてしまうと、摩擦が起こって肌トラブルの原因となってしまいます。
手では力加減が難しい、という人は、コットンなどでやさしく押さえるようにしてつけるのがおすすめですよ!

オイリー肌の人は注意が必要

インナードライ肌の断面図

オイリー肌の人は、乳液の使い方にとくに注意が必要です。
ニキビは余分な皮脂が毛穴へと入って詰まり、菌が繁殖することで引き起こされます。
そのため、皮脂の出やすいオイリー肌の人はニキビができやすく、乳液によってさらに油分を足してしまうのは逆効果なのです。

思春期などの皮脂が出やすい時期や、肌がテカりやすい人はなるべく油分の少ない乳液を選びましょう。
乳液によって油分を補給しすぎると、どんどんニキビができやすい状態になり、すでにできてしまったニキビも悪化しやすくなります。

ただし一見オイリー肌でも、実はインナードライ肌といって乾燥肌を防ぐために皮脂を多く分泌してしまっている隠れ乾燥肌の人もいます。

皮脂は乾燥を防ぐために過剰に分泌されるので、オイリー肌の人はまずは保湿をしっかりすることが必要です。
水分の多い乳液を使えば、油分を増やしすぎず同時に水分を多く補給することができるのでとってもおすすめ!

まとめ

乳液はニキビを悪化させるという「うわさ」一概に正解だとは言えなません!
ミネラルオイルなど、ニキビと相性の悪い成分が入っているものは避けた方が無難です。
でも実際には、乳液でしっかりと保湿することは、むしろニキビ予防やニキビの改善にとっても役立つということがわかりました。

乾燥した状態は、ニキビだけでなくさまざまな肌トラブルを引き起こします。
化粧水で水分を補給した後は、乳液でしっかりとうるおいを閉じ込めることが大切です。
肌がテカりやすい人やオイリー肌の人は、油分が少ない乳液を選べば、ニキビができにくい肌へと近付くことができますよ!

ニキビについてもっと詳しく知りたい方はこちら
ニキビ・ニキビ跡を改善するスキンケア方法

[スポンサードリンク]