紫外線の肌荒れは後からやってくる?本当に注意すべきこととは?

[スポンサードリンク]



紫外線はお肌に悪いといいますが、どうして悪いのか知っていますか?

今回は紫外線の特徴を探りつつ、紫外線が肌に悪影響を与える原因と効果的な紫外線対策について解説していきます。しっかり紫外線をブロックして、未来の自分の肌を守りましょう。

太陽光は何種類もある?

紫外線が肌にダメージを与える様子

太陽光といえば「紫外線」を想像しますが、他にも赤外線・可視光線・X線・ガンマ線が存在します。

紫外線は太陽光の中では波長が短く、そして一番エネルギーが高い光です。その中でも、波長の長さによって紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)の3つに分類され、波長が短いほど肌に与える影響が強くなります。

現時点では紫外線C波(UVC)はオゾン層によって吸収されてしまうため、地上に届くことはありません。

しかし、今後オゾン層の破壊によってその危険性が危惧されています。今、気を付けなければいけないのは、実際に地上に降り注いでいる紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)の2種類です。

それぞれどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう!

紫外線B波

紫外線B波は、太陽光線の約1割を占める紫外線です。
地上に届く紫外線量は少ないですが、人体に及ぼす影響は紫外線A波よりも圧倒的に強く、有害性は紫外線A波の100~1000倍強いとされています。

紫外線B波は紫外線A波よりも波長が短いので、エネルギーが強く、肌へのダメージも大きくなります。肌の奥の真皮層まで達することはありませんが、肌表面で吸収され細胞にダメージを与えます。

紫外線A波

紫外線A波は、太陽光線の約9割を占める紫外線です。紫外線A波は天候や季節に関係なく、一年を通して地上に降り注いでいます。

紫外線B波に比べると強力な紫外線ではないため、人体への影響が少ないと言われています。
しかし、紫外線の中では波長が長いので、肌の表面だけではなく真皮にまで影響を及ぼしてしまいます。

紫外線が肌に与える悪影響は?

紫外線の影響でシミやシワが増える様子

地上に届く紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)は、肌への悪影響が懸念されています。
では、肌にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

紫外線B波の肌への影響は?

紫外線B波は、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけ、表皮に炎症や火傷といった皮膚トラブルを引き起こします。日焼けで肌が真っ赤になったり、水膨れや痛みが生じるのは紫外線B波によるものです。

また、肌表面に発生した活性酸素は、メラニン色素を大量に生成し、やがて色素沈着となりシミやそばかす、乾燥肌の原因となります。

それだけでなく、健康面では免疫の低下や皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも分かっています。

紫外線A波の肌への影響は?

紫外線A波を長時間浴び続けると、真皮にあるコラーゲンを変性させたり、エラスチンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞に損傷を与えます。

急激な日焼けは引き起こしませんが、蓄積されることでハリや弾力が失われ、シワたるみなど肌の老化を招きます。紫外線A波がもたらす光老化は、硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴です。

さらに、年齢を重ねる肌ほど抵抗力が弱くなるため、紫外線A波によって肌細胞の老化が起きやすくなるのです。

また、紫外線A波は活性酸素を発生させます。
この活性酸素はメラニンの原料となり、メラノサイトがメラニン色素を合成するため、シミが増える原因になるのです。

本当に効果のある紫外線対策!

紫外線対策アイテム

紫外線は日差しの強い夏に多いという印象がありますが、季節や時間帯、天候に関わらず降り注いでいます。

一般的に、紫外線量は夏が一番多く、冬はその半分~3分の1程度とされています。
特に紫外線A波に関して言えば、窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内にいる場合でも紫外線の影響を受けているのです。

そのため、年間を通してしっかり紫外線対策を行うことが大切です。紫外線対策をする上で、日焼け止めは欠かせません。日焼け止めは、使う場面に合わせてSPFPAの数値を選びましょう。

SPF値は紫外線B波(UVB)を防ぐ力の大きさ、PA値は紫外線A波(UVA)を防ぐ力の大きさを表し、数値が高いほど紫外線の影響を受けにくくすると言われています。日焼け止めは使用する時間帯や場所、使い心地などを考慮して、自分に合ったものを選んでください!

そして、紫外線から肌を守るためには、日焼け止めの塗り直しが必要です。肌を擦ったり、汗をかいて流れてしまうこともあるため、2、3時間毎に塗り直し、ウォータープルーフのものでも1日1~2回は塗り直すと良いでしょう。

また、UV効果のある化粧下地やファンデーションを使用するのも効果的です。
UV効果のあるファンデーションをしっかりと選ぶだけでもかなり肌の老化は変わってきます。
マキアレイベル クリアエステヴェールを徹底調査!
その他に、紫外線対策として美白化粧品を使うことをおすすめします。

普段のスキンケアに取り入れることで、日焼けによるシミそばかすなどを防ぎ、肌を整えることが期待できます。

また、紫外線対策にはUV加工アイテムを積極的に活用しましょう!
UVカット効果のある衣類やアームカバー、日傘、帽子、サングラスなどを取り入れて、日常生活の中で極力直射日光に当たらないよう心掛けるだけで、紫外線を防止することができます。

まとめ

太陽光には様々な種類が存在し、その中でも肌に大きな影響を及ぼす紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)をしっかり防ぐことが、肌を健康に保つ上で重要です。

紫外線の影響を最小限に食い止めるために、正しい知識を持って、上手に紫外線対策をしていきましょう。

[スポンサードリンク]