ニキビは潰した方がいい?潰すと早く治るの?

[スポンサードリンク]



鏡を見ると大きなニキビ
メイクでカバーしにくいニキビは、女性にとって大敵ですよね?

顔にあることから、ついつい気になって触ってしまうという方も多いでしょう。
また「ニキビは潰したほうが早く治る。」という噂を聞いたことはありませんか?

その噂を信用して、爪や指で潰した!という経験がある方もいるかもしれません。

果たしてその噂の真相とは?

そこで今回は、『ニキビを潰す』ということに焦点を当て、噂の真相や、ニキビを治すためのスキンケア方法についてご紹介します。

あなたの認識、もしかしたら間違っているかもしれませんよ?

「潰すと早く治る」はウソ!

ニキビができた肌

結論から申し上げますと、『ニキビは潰したほうが早く治る。』
…これは『ウソ』です!

ニキビは潰しても早く治りません。その逆で、『ニキビは潰してはいけません』!

自分でニキビを潰す方法といえば…

  • ピンセット

で押し出す方法がありますよね?

これらはどれもニキビだけでなく、周囲の皮膚まで傷つけてしまいます。
また、爪や指には雑菌が潜んでいて、傷ついた皮膚に入り込み、炎症を広げてしまうのです。

ニキビを潰すと跡になる可能性も…

ニキビ跡

先ほどもご説明したとおり、雑菌が入り込むことで、炎症は肌の奥へ奥へと進行していきます。

肌の構造は、表面に近いほうから、『表皮真皮』となっていますが、真皮まで到達した炎症はなかなか治りません。

また、深い傷となってしまった場合、クレーター状になることで、肌の表面には跡が残り、凸凹肌の原因となってしまいます。

なぜ『真皮』の傷が治りにくいかというと、傷を修復させるための良質な細胞は『表皮』で生まれるからです。

ターンオーバーという肌の生まれ変わりは、この『表皮』で行われているため、真皮まで到達した傷には効果がありません。

その結果、傷跡として残ってしまうのです!

ニキビを治すための正しい方法は?

顔を洗う女性

洗顔のポイントは?

ニキビ=脂質肌』というイメージはありませんか?
「皮脂が多いからニキビができるんだ!」とついつい洗顔する手にも力を込めてしまいますよね。

しかし、その強い摩擦は逆効果

ニキビの傷跡に刺激を与えているばかりでなく、肌に必要な油分まで落としてしまうことで、さらに皮脂を分泌する結果となってしまうんです。

洗顔するときは、しっかり泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。

また、ぬるま湯がベスト!冷たすぎたり、熱すぎたりすると、肌には刺激になってしまうので、ぬるま湯ですすぎ残しのないように洗いましょう。

顔を拭くタオルにも注意が必要

何日も使用したタオルには雑菌がたくさん潜んでいます!清潔で柔らかいタオルで、強い刺激を与えないよう、擦らず拭くようにしましょう。

早めの保湿ケアが大事!

肌は乾燥すると、バリア機能が低下し、外からの刺激や肌の内側にある水分の蒸発を防ぐことができません。

そのため無防備な状態になることで、ニキビができても守られなくなってしまいます。

ニキビが初期段階の時には、保湿ケアで対処は可能です!
バリア機能を高めることで、それ以上の悪化を防ぐこともできます

洗顔後はタップリの化粧水で肌を潤し、乳液や美容液で、水分が蒸発しないよう蓋をするように心掛けましょう。

生活習慣にも配慮をしよう!

ニキビケアは外側からのアプローチの他に、内側からのアプローチも効果的です。
生活習慣を見直すだけで、ニキビが改善されるケースもあります。

▲食事
食事は栄養素のバランスが大切です。特にニキビに効果的な成分をご紹介します。

ビタミンA
肌のターンオーバーを促す作用や毛穴詰まりを解消する作用があります。
人参、かぼちゃ、レバーなどに多く含まれます。

ビタミンB2
皮脂の分泌を抑制する作用があります。
卵や乳製品に多く含まれます。

ミネラル
肌のターンオーバーを促す作用やホルモンバランスを整える作用があります。
キャベツや海藻類に多く含まれます。

▲睡眠
ターンオーバーに不可欠なのが『成長ホルモン』!成長ホルモンは、眠ってから2~3時間後に活発化します。

成長ホルモンの分泌量が低下すると、ターンオーバーの周期が乱れ、ニキビが治りにくい肌環境になってしまうということです。

1日7~8時間の良質な睡眠を心掛けましょう

まとめ

ニキビは潰すことで早く治るどころか、悪化したり、跡に残ってしまう可能性があります。
しかし普段のスキンケアや、身近なことから始められる生活改善で対処が可能です。

ニキビは潰しても早く治らない。』
これを忘れず、ニキビのない美肌作りを目指してみてはいかがでしょうか?

[スポンサードリンク]