乾燥肌は朝洗顔不要って本当なの?疑わしいので調べてみた

[スポンサードリンク]



乾燥肌の人は『朝洗顔はしなくてもよい』という話を聞いたことがありますか?
確かに、洗うと水分が飛ぶので、余計に乾燥がひどくなる気がしますが、それは本当なんでしょうか?

洗顔をしないほうがいいのか、それとも洗顔料を朝の洗顔では使わないほうがいいのか、はたまた水やぬるま湯だったら洗ってもいいのか?
と、乾燥肌の洗顔についての議論が交わされているので、調べてみました。

乾燥肌に朝洗顔必要?

肌から水分が蒸発する様子

乾燥肌には朝洗顔は必要ないのか、それとも必要なのか?疑問ですよね。

そもそも、朝起きたら、「顔を洗って歯を磨きなさい
これは幼いころからずーっと言われ、習慣化してきたものですよね。
そのため、朝の洗顔は朝起きた時のルーチンになっている人が多いのではないでしょうか。

確かに、朝、顔を洗うのはルーチンですが、大人になってからはスキンケアを考えて、朝から洗顔料を使って洗顔している人も多いはず。

果たして、乾燥肌の人は朝洗顔は必要がないのでしょうか?

乾燥肌の人の中にも
1.朝の洗顔は乾燥肌対策の一環としてきっちり洗顔料まで使って洗う
2.意識的に、朝の洗顔で洗顔料は使わないようにして水かぬるま湯だけで洗う

と2つの意見があるようです。
どちらもスキンケアの点でいえば、正解であり、決して間違ってはいないのです。

朝起きた時に、顔の皮膚の表面には眠っている間にかいた汗や分泌された皮脂などで意外と汚れています。
そのため、洗顔料を使い、これらのものを洗い流すことは間違いではありません。

しかし、分泌された皮脂を落とし過ぎてしまえば、乾燥肌が悪化することもあります。

この2点から、どちらも正しくもあるのです。

乾燥肌になってしまった原因は人それぞれです。
朝、洗顔料を使って洗顔をするのか、水やぬるま湯だけで洗うのかも、その人の肌の状況によって異なってきます。
一概に、朝洗顔に洗顔料を使うのがNGとも言えませんし、水やぬるま湯だけで洗うのがNGともいえないのです。

朝洗顔のメリット&デメリット

メリット・デメリットを表す女医

それでは、乾燥肌の方に対して、朝洗顔をすることのメリットとデメリットをみていきましょう。

朝洗顔のメリット

・眠っている間に浮き出た皮脂を洗顔料で取り除ける
・前日のメイク汚れなどを洗い落とすことができる

眠っている間に浮き出た皮脂が酸化すれば変性皮脂となり、肌に悪影響を与えてしまいます。

また、前日、きれいに洗い落とせたと思っていたメイクが残っていることもありますから、朝の洗顔は絶対的にNGというわけではありません。

肌の汚れを綺麗に洗い落とせばその後のケアやメイク乗りもよくなります。

また、乾燥肌以前に、朝起きて、顔を洗えば、目がぱっちりと覚めますよね。
目覚めのために朝、顔を洗うという人は男女問わず多いことでしょう。

変性皮脂とは
人は一晩にコップ一杯の汗をかくのは、皆さんご存知でしょう。
その汗に皮脂が混ざり合うことで、顔の表皮に皮脂膜ができあがります。

皮脂膜の役割は肌を守るバリア機能
朝起きて、洗顔料で洗顔をすると、この皮脂膜を落としすぎてしまうため乾燥肌は朝洗顔料はNGと言われているのです。

しかし、古くなった皮脂は汚れているので、いつまでも残っていれば、肌に決して良い影響は与えません。
そのため、朝洗顔にも洗顔料を使うべきである、という説があるのです。

ちなみに、「皮脂」というだけあって、「脂(あぶら)」なんですよね。
脂は酸化すると、変性皮脂となり、皮膚に悪い影響を与えてしまいます。

変性皮脂によって、バリア機能をしていた皮脂が変性。
そのバリア機能を低下させてしまいます。
さらに、水分の保持力が低下ターンオーバーの低下毛穴の開きなどが起こります。

要するに・・・

ついつい面倒できちんと洗顔を夜しないでいたら、毛穴が開いてしまったりニキビができてしまった。
という肌トラブルの原因は、この変性皮脂にあったというわけです。

眠っている間は新陳代謝がピークを迎えるため、変性皮脂の生成は続いています。
一部では、朝起きたときには肌の表皮には変性皮脂がたくさんある、とも言われています。
そのため、朝洗顔は洗顔料が必要!ということになるわけです。

しかし、朝起きた時点ですでに肌が乾燥している場合には、無理に洗顔料で洗顔する必要はないでしょう。

朝洗顔のデメリット

・乾燥肌の人は乾燥が進んでしまうことがある
・洗顔料を使うことで、肌に刺激を感じることがある

乾燥肌の人は、朝起きた時点で肌が乾燥していることはよくあります。
前日、しっかりとスキンケアをしていれば、起床後も肌は本来ならば、モチっとしていたり、皮脂が分泌されているはず…が、乾燥肌の場合には、起床時に肌が乾燥している、ということがありますよね。

すでに乾燥している肌に対して、洗顔料を使って洗顔を行えば、皮脂を必要以上に洗い落としてしまったり、肌に刺激を与え、ますます肌の乾燥が悪化する可能性もあるのです。

部分的に汚れが気になる鼻やあご、おでこなどは洗顔料を使って洗ったり、工夫を凝らしてみましょう。
ぬるま湯やお水で洗ったら、その後は必ず保湿ケアをしましょう。

乾燥肌との付き合い方

ポイントを抑える女性

乾燥肌と上手に付き合い、乾燥を改善するためには、洗顔料の有無や、水だけで洗う、ぬるま湯で洗うということよりも、肌の症状を見ながら対策を行うことが重要です。

乾燥肌だから、皮脂を落としたくない
と、眠っている間に分泌された皮脂を洗い流し過ぎないように、水やぬるま湯で洗うのも決して、間違い、とはあながち言えません。

肌の質や生活習慣は人それぞれなので、自分の乾燥肌の具合を見極めながら、自分に合う朝の洗顔方法を見つけることのほうが大切なのです。

例えば

  • 乾燥肌だけど朝きちんと洗顔したい⇒超敏感肌用の石けんを使う
  • おでこや鼻の頭だけ皮脂が気になる⇒気になる部分だけ洗顔料を使う
  • 生理前は肌がアンバランスになって皮脂が増える⇒敏感肌用の洗顔料で洗う

など、自分なりの工夫が大切です。

乾燥肌だから朝洗顔料を使って絶対に洗顔しちゃいけないんだ

と、決めずに、その時その時、肌の状態や健康状態を振り返りながら、対応していきましょう。

乾燥肌が気になるならば、洗顔方法を深刻に考えるよりも大切なのが、「保湿」を行うことです。洗顔後にはきっちりと、セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている美容液を使うこと。
肌の内部の水分を抱えて離さない保水力のある成分を配合した美容液を使うことのほうが重要です。

まとめ

乾燥肌の方の朝の洗顔方法として、あえて洗顔料は使わないほうがいいのか?朝洗顔は不要なのか?ということで調べてきた結果、洗顔料の有無や水やぬるま湯を使って洗う、両者ともに間違ってはいない、ということがわかりました。

肌の乾燥度合いや乾燥している場所、皮脂の分泌が盛んな場所など部位ごとに洗顔を変えてみることも必要です。

乾燥肌の場合には、洗顔も大切ですが、洗顔後の保湿はより大切です。
洗顔方法にこだわるよりも、その後のケアのための美容液などにこだわったほうが、乾燥肌の改善には近道ですよ。

自分に合った洗顔の方法を見つけ、工夫してみてくださいね!

乾燥肌の方におすすめの化粧水をお探しの場合は、こちらの記事をご覧くださいね。
高保湿成分でしっかり保湿!乾燥肌におすすめの化粧水&美容液ランキング!

[スポンサードリンク]