酵素洗顔は危険?効果と正しい使い方は?

[スポンサードリンク]



酵素洗顔の使い方を間違えると、肌がボロボロになる?

美肌効果が高いと人気の酵素洗顔とは一体どういうものなのかを探るとともに、酵素洗顔の効果と正しい使い方についてご紹介します。

酵素洗顔を知って、理想の肌を手に入れたいですね!

酵素洗顔とは?

疑問を持つ女性

酵素洗顔は、酵素のタンパク質や脂肪を分解する働きによって、古くなった角質や余分な皮脂などを取り除く洗顔方法です。酵素洗顔料に含まれる酵素には、「タンパク質分解酵素」と「皮脂分解酵素」の2種類があり、それぞれ違う働きを持っています。

タンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素は、タンパク質を分解し、古い角質や毛穴に詰まった角栓などを分解して取り除く働きがあります。毛穴に詰まった皮脂や角栓は、主にタンパク質からできていますが、通常の洗顔料に含まれる界面活性剤などはタンパク質による汚れを落とすことはできません。

そこで注目されるのが酵素洗顔であり、不要な角質や皮脂を取り除くことに高い効果を発揮します。タンパク質分解酵素には、主にパパイン酵素パイン酵素などが使われています。

皮脂分解酵素

皮脂分解酵素は、不要になった皮脂を分解して除去する働きをしています。
微粒子の酵素を使用することで、毛穴の中に入り込んで皮脂を吸着し、毛穴の奥深くに詰まった汚れや酸化した角栓などを除去します。

そのため、毛穴トラブルの解消に役立ちます。皮脂分解酵素として使われている酵素には、サンゴ酵素などがあります。

酵素洗顔の効果

肌断面図、角質が剥がれる様子

酵素洗顔は2種類の酵素の力で古い角質と余分な皮脂に直接働きかけ、取り除くことができるのが最大の魅力です。この2種類の酵素の性質を踏まえ、酵素洗顔の効果を詳しく見ていきましょう。

不要な角質を除去

酵素洗顔によってメラニンごと古い角質を取り除くことができるため、肌のくすみやゴワつきを解消させ、透明感のある肌に近づけてくれます。

また、古い角質を落とすことで肌が柔らかくなり、スキンケア成分の浸透率が高まります。
その結果、肌の角質層まで美容成分がしっかり浸透し、美肌効果が高まるのです!

毛穴に詰まった角栓や黒ずみを除去

毛穴の角栓黒ずみは、毛穴に溜まった皮脂と古くなった角質によってできていています。
そのため、定期的に酵素洗顔を行うことで、毛穴詰まりを解消していくと同時に、角栓そのものの生成を予防することもできます。

また、鼻の毛穴の黒ずみを解消したり、毛穴を目立ちにくくするだけでなく、ニキビを予防する効果も期待できます。

肌のターンオーバーを整える

酵素洗顔で古い角質や皮脂を分解して除去することで、肌のターンオーバーが活性化し、肌を健康な状態に保つことができます。

肌のターンオーバーが正常に整うと、肌の乾燥やくすみ、ゴワつき、しみ、シワ、ニキビなど、あらゆる肌トラブルの解消に繋がります。その上、肌にハリやツヤが出て、化粧ノリも良くなります。

酵素洗顔の危険な使い方

注意する女医

酵素洗顔は美容に高い効果が期待できる反面、間違った使い方をすると様々な肌トラブルが起こる危険性があります。

酵素洗顔は一般の洗顔料に比べると洗浄力が高いため、使いすぎるとターンオーバーが早まり、古い角質だけでなく必要な角質も落としてしまいます。その結果、バリア機能が低下して、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌、肌荒れを引き起こすなど、肌トラブルを悪化させてしまうのです…

酵素洗顔を行うタイミングは夜がおすすめです。
週1回からスタートし、肌の状態に合わせて使用回数を調整していきましょう。

酵素洗顔料はぬるま湯でしっかり泡立ててください。冷たい水ではなくぬるま湯にすることで、酵素の働きが一層活性化します。

また、酵素洗顔料の多くはパウダータイプなので、泡立てにくい場合は泡立てネットを使用するとモコモコの泡を簡単に作ることができますよ。

肌の上で泡を転がすように優しく丁寧に洗顔し、洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。
酵素洗顔は肌に乗せただけでも効果を発揮するものなので、泡パックとして取り入れるのもおすすめです。肌に30秒~1分程度乗せて洗い流すだけでも十分な効果を得ることができます。

酵素洗顔後は皮脂や角質が除去されてデリケートな肌状態になっているので、しっかり保湿ケアを行うことが大切です。化粧水で肌にたっぷり水分を与えたら、乳液などでしっかり保湿して潤いを与えましょう。

また、紫外線の影響を受けやすい肌状態でもあるので、日焼け止めや化粧下地などで紫外線対策することも忘れずに行って下さい!

■こんなときは使用を中止

酵素洗顔をして痒みやピリピリと刺激を感じるなど、肌に異常を感じた場合は使用を中止してください。また、ニキビの炎症や肌荒れを起こしていたり、生理前などで肌が敏感になっている時は、症状を悪化させてしまう可能性があるので使用は控え、肌状態が改善してから行うようにしましょう。

敏感肌や乾燥肌、インナードライ肌、アトピー肌の人も、酵素洗顔そのものが刺激となる場合があるため、使用を控えるのが無難です。

まとめ

酵素洗顔は、肌トラブルの改善や美肌効果が期待できます。
しかし、使い方を間違えると肌トラブルを引き起こしかねません。

自分の肌質や肌の状態を見極めた上で、上手に取り入れると良いでしょう。正しく酵素洗顔を行って、つるつるのお肌を目指したいですね!

日常的に使う洗顔をしっかり選ぶことも大事なので、こちらの記事も合わせてご参考くださいね。
毛穴をスッキリさせるにはまず正しい洗顔から!

[スポンサードリンク]